能動的な思考から生まれてくる思考は、常に新しく独創的である。  社会・政治



社会・政治blogランキング



「能動的な思考から生まれてくる思考は、常に新しく独創的である」。と言ったのは、ドイツの社会心理学で、精神分析、哲学者だったエーリヒ・ゼーリヒマン・フロム氏だが、この名言、続きがあり、「独創的と言う事は、必ずしも他の人間が以前に考えなかったと言う意味ではなく、考える人間が、自分の外の世界にしろ中の世界にしろ、そこに何か新しいものを発見する為に、その手段として思考を用いたと言う意味においてである」となる。確かに物事にはインスピレーションがものを言う事もある。発想の基本みたいな処もあるが、それはクリエイティブな仕事をする人には響く言葉ではないかな?とも思う。だからと言って、これは別にデザインとか、広告業界の話ではなく、全般に言える事。なので政治家も発想は大事にしてほしいものだ。その点では、野党は本来、クリエイティブな姿勢で政策に取り組み、国民に夢を語るべき存在であるべきなのだが、そこが欠けている。政局ばかりに感けている場合ではないのだ。それで支持もされなくなったのだが、有権者に見透かされるような事をしていれば、何をしても駄目だろう。枕にする話が長くなったが、やはり此処で、311の事を取り上げないと片手落ちだろう。札幌に住む者が何を言っても始まらないが、7年前を振り返ると札幌も長い時間揺れた。然も経験をした事もない気味悪い揺れかただった。それから東北の様子が解ったのだが、徐々に被害状況がテレビ報道で明かされている最中に大津波が起きたので、見ていられない程だった。それから福島では原発が爆発だ。その後の政府対応も遅く、反米の民主党政権だった事から折角、諸々の対応に来た米軍を断り、中国と韓国での対応を優先した為に悲惨な事になった。当時の菅首相の対応(パフォーマンス)にも疑問が持たれた。何せ被災地の仮設住宅(プレハブ等)の材料でさえも、中国の業者を優先したので、国内企業の足を引っ張った。要するに、とにかく中国韓国だったのだ。だから東日本大震災の事を思い出すと碌なものしかない。それこそトラウマだ。おまけに野党が現在、倒閣運動に使うネタも、元はと言えば「民主党政権時代」の産物だったりする。よくもまあ、此処まで国家をズタズタにしたものだ。その当時の小生は失業をしていたので、余計にそう思う。憲政史上とは、よく言ったものだ。


前書きで、結構語り尽くした感もあるのでアレだが巷の話題だ。各界では、やはりあの事件が響いている。その件で貴乃花親方が、日本相撲協会の対応を問題視し、内閣府の公益認定等委員会に告発状を提出したのだが、それには賛否もあろうが正解だろう。此方も解体の上、再編する必要がある。それと話は変わるが、日本は、8日にチリの首都サンティアゴで、日本や豪州等の11ヶ国、つまり米国を除く新しい環太平洋経済連携協定(TPP)に署名した。これは日本主導なだけに、今後の動きが気になるが、元来の日本式の農業は、農協主体の閉鎖的なものだっただけにグローバルな視点で、その在り方が見直されれば良いと思う。農業の企業化にも道が開ければ発展も期待が出来る。更にこれも関連性がないが、朝鮮日報の社説に「前政権関係者は全て刑務所行きになるのか」と言うものがあった。その文章の1部を引用すると、「「根拠はないが問題があったかもしれない」との理由で検察に捜査を依頼した。これではただの陰謀と全く違いがない。最近は毎日のように過去の政府関係者らに対する家宅捜索、逮捕、召喚、取り調べが続いている。政権が変わると何をされるか分からないので「政府職員は信念を持って仕事に取り組めない」とかなり前から言われている」とある。確かに不思議な国家だ。大統領もそうだが、過去の韓国の政権が失脚した理由も、正直よく解らない事ばかりなのだから、これは「御国柄どうしようもないのかな?」としか思えない。大統領制も韓国には早すぎた感もある。それだけ未熟なのだ。しかし「根拠はないが問題があったかもしれない」は酷い。



そんな未熟な国家だけに、その軍隊も駄目だ。ようやく浮上してきた問題にベトナム戦争時の韓国軍による民間人大虐殺があるのだが、昨年秋に韓国紙は文在寅大統領が、その「ベトナム大虐殺」を謝罪したと報じたものの、国家賠償には及ばず、文大統領の「韓国はベトナムに『心の負債(心の借り)』があります」との言葉では謝罪のうちには入らない。それ処か、ベトナム戦争時には、韓国軍によるベトナム人女性の強制連行も、実際にあったのだから、日韓で問題となった従軍慰安婦問題の元ネタは、実は此処にあるのではないか?と思う程だ。然もそれについては米軍の援軍がやらかした事なので記録にも残っている。だから日本のそれとは違い証拠もある。



貴乃花親方「粛々とやる」 協会対応を内閣府に告発
http://www.sankei.com/smp/sports/news/180310/spo1803100022-s1.html
新TPP、11か国が署名…19年にも発効
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180309-OYT1T50006.html
【社説】前政権関係者は全て刑務所行きになるのか
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/03/09/2018030901008.html
ベトナム人 過去を謝罪してもらわない限り、韓国を許せない
http://www.news-postseven.com/archives/20180311_656283.html?PAGE=2
米、北との首脳会談で前提条件 非核化への「具体的な行動」要求
https://www.cnn.co.jp/world/35115933.html



クリックすると元のサイズで表示します



さて半島情勢だが、CNNニュースによると、「トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との会談に応じる意向を示した件で、ホワイトハウスのサンダース報道官は9日、北朝鮮が非核化に向けた「具体的かつ検証可能な行動」を取るまで会談は行わないと述べた。サンダース氏はこの中で、北朝鮮が非核化や核・ミサイル実験の停止を約束したと主張。「北朝鮮のこうした言葉に具体的な行動が伴うまで会談は行わない」と述べた」との事。つまり条件ありきなのだ。日本の極左媒体では、その件について、トランプ大統領が上機嫌みたいな事を伝えていたが、それならば解る。やはり米国主導なのだ。だが簡単ではない。記事では「ティラーソン国務長官はトランプ氏の同意の数時間前、直接対話に応じるにはまだ長い道のりが残されていると述べていた」とある。取り敢えずは一歩の準備段階か?

0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ