えぐい感情

2013/4/2 | 投稿者: kyouki

心を許せる友人や、それに値する存在を持つことは大切ですね。
ここ2ヵ月はずっと安定していました。

私は気付いたのです。

私は一人のときに狂っている、と


誰にもその姿は表しませんが、それは確かなのです。


人格の、根本が入れ替わるような感覚になるのです。



そして、私は感情に非常に乏しいらしいのです。
悲しみも、喜びも、作為体験のように、自分のものとは感じられないように(共感もしないのでしょうか…)、感じられない。

無感情
ただの上っ面だけの生活


わたしはそれを、「演技」することで生きてきたようです。






…唯一感じるものは、愚者に対する怒りでしょうか……?
最近は感じていない(誰か他人のことのように)ので、わかりませんが
0



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ