2018/3/1  12:08

今月のもう一本  映画の話

 天神の街を歩くとスマホを見ながら前を歩く姉ちゃんがフラフラと左右に揺れながら歩くのでうっとおしい。マススタートの高木菜那ちゃんみたくシュパッツと内側をかっこよく抜けようと思ったらハイヒールで左にフラッとなった姉ちゃんに当たってしまいました。すみません。。。

 今年は月に一本は映画館で新作を見ようと思ってます。10年くらい前まではそんなペースだったのにね。今年からはまたいきますよ。だって私はシルバー料金。先週見たのは一月分、昨日のは二月分さ。

  クリックすると元のサイズで表示します

  「ロング、ロングバケーション」

 
 2017年 イタリア ★★★と半分
 監督 パオロ・ヴィルズイ
 主演 ヘレン・ミレン  ドナルド・サザーランド

 結婚生活は金婚式を超えたエラ(ヘレン・ミレン)とジョン(ドナルド・サザーランド)はキャンピングカーに乗ってボストンからフロリダはキーウェストに向かう。元教師のジョンは認知症が進みエラは末期がんの体を薬でだましながらの毎日であったが、ジョンの敬愛するヘミングウェイの家を目指すことになった。

 真面目に考えたら、認知症の年寄りに車の運転をさせたらいかんやろー、とか喧嘩して老人施設に連れてって押し込んでくるやらあり得んやろー、とかいう話なんやけどね。そこを生きる演技賞の二人が50年の道のりを追懐しつつ、昔に嫉妬もしてみたり喧嘩もしたり8ミリフィルムを眺めたりすると、やらしてあげてと思ってしまう。人生への心残りはたぶんいくつになってもあるのだろう。でも、しておかなくてはならないことはし尽くした時、人生の〆方は自分で決めていいのかも。

 終わり方は賛否両論だろなあ。こうあるべきというのは危険。これはいかんというのは安易。でもエラの選択はよーーーーと分かる金婚式まで11年の私です。

 福岡ではKBCで明日までです。全国回ってるみたいやから機会あったらどうぞ。私は不得意分野ですが流れる音楽は御機嫌ですよ。懐メロですね。キャロル・キングとかジャニス・ジョプリンとか。



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ