PIC AVR 工作室 ブログ

「PIC AVR 工作室」サイトの日記的なブログです。
サイトに挙げなかった他愛ないことを日記的に書き残してます。

 
クリックで「PIC AVR 工作室」topに戻ります。
クリックで「PIC AVR 工作室 arduino別館」topに戻ります。

 

PIC AVR 工作室 掲示板

 

カレンダー

2018年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

 

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:nekosan
syohoさん、こんにちは。
SR-05、作られたんですね。わたしは当時、部品代、加工の技術、そしてなによりプリント基板自体を作ったことがなく、ハードルが多くて作らず仕舞いでした。

その後、98シリーズを使い始めてからは、Z80アセンブラもすっかり忘れてしまいました。

今のマイコンは、CPU、メモリ、ペリフェラルが1個に入ってしまって、内蔵ペリフェラルだけであれこれ出来てしまうので、この辺の中身については構造も流れる信号も、ブラックボックスになってしまった感じですね。
投稿者:syoho
昔、SR-05を製作しました。プリント基板だけは外注しました。
「初歩のラジオ」の記事の「潜水艦ゲーム(MC14000シリーズ ロジックICを使用)」を移植したこともあります。
父が勝手に処分してしまい残っていません。
今もこういうのが作れると初心者にもわかりやすくていいですね。
子供にも是非体験させてやりたいのですが残念です。
投稿者:nekosan
simさんこんにちは。
古い地図で眺めてみると、あの界隈も結構変化があるものですね。中央通沿いもあの当時から大きく変わりました。

地図を見てたらあの当時の景色がふと目に浮かんできて、懐かしくなってしまいました。

@きよしさん、こんにちは。
リンク先ありがとうございます。堪能してしまいました!

もはや、SR-05(初ラ+半人前が語源だったかと)どころではなく、PC+周辺機になってますね。VDPやカセットI/Fまで!拡張するとPCレベルになるんですね。

それ以外にも様々なアーカイブ、スバラシイです。

自動でアルペジオ演奏…いいですね。私もこういうアルペジオで演奏する機械を妄想していたんですが、たくさんのキー入力とか考えるとなかなか手が…と躊躇してました。実際に音が出ているのを見るとグッと来ます。
投稿者:@きよし(Akiyoshi)
懐かしいですねこれ!
僕も当時作りました。
その後拡張してMSXくらいのスペックに成長させました(URL参照)
現在では分解して手放してしまったのでもうないですが...。


http://www.yk.rim.or.jp/~kamide/network/cpw-1/
投稿者:Sim
これは、貴重な地図ですね。楽しませていただきました。秋月って、そんなところにあったんですね。鈴商や若松も別の場所ですね。ザコンすらない時代。やっぱり大陸移動って本当にあったんですね(違
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ