拈華微笑(ねんげみしょう)

拈華微笑とは言葉にしなくとも以心伝心で伝わることを言います。
多くの弟子を前に釈迦が説法をした時、
黙って蓮の花を拈って見せたところ
迦葉という弟子だけが言わんとするところを
理解しにっこりと微笑んだ故事によります。
市議会議員としての松本紀史の日々の報告のページです。

 
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/23 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ