自業自得?  ニュース


韓国に空母を送り「海洋科学基地の撤去」を要求か―中国

韓国が実効支配している暗礁を取り戻す姿勢を中国が明確にした。9月23日、中国政府は無人航空機を利用

した遠隔海洋観視システムのデモンストレーションを実施。韓国各紙によると、中国はこの場で「蘇岩礁

(韓国名・離於島)を監視対象に含める」と明らかにした。


蘇岩礁は黄海の入り口の、中韓両国のEEZが重なる海域にある。韓国は、自国の方が近いという理由を

あげて2003年に一方的にこの暗礁の上に「海洋科学基地」を建設、実効支配に乗り出している。


これに反発する中国は「今後、中国が管轄する海域を海洋観視船と航空機で定期的に監視する」と宣言。

9月23日のデモンストレーションにより韓国人は「中国がいよいよ奪り返しに来る」との恐怖を抱いた。


2日後の9月25日には中国初の空母「遼寧」が就役、黄海ににらみを利かせ始めた。


韓国人の空母恐怖症は根深く、昨年この空母が試験公開した際には「韓国は軍事的にも米国・

中国と等距離であるべきだ」などという弱気の主張が新聞紙面を飾った。

朝鮮日報のユ・ヨンウォン軍事専門記者は9月25日付の記事「尖閣の次は離於島、中国が地域紛争化

の動き」で「中国は海洋科学基地の撤去を韓国に要求してくる」との専門家の意見を紹介している。


中国人がこれを読んだら「韓国人は竹島では『日本に苛められそうだから助けてくれ』と中国に泣きつ

いたくせに、釣魚島(尖閣諸島)では日本に味方して中国を非難し、反中連帯の音頭をとるのか」と怒

りだすに違いない。


しかし、日本の“良心派”も、もう韓国を助けられない。韓国の誤算は、9月26日の安倍晋三氏の自民党

総裁就任である。安倍氏は産経新聞のインタビューで「過去に自民党政権がやってきたことも含め、周辺

国への過度の配慮は結局、真の友好につながらなかった」と語っている。



人気ブログランキングへ 

元ソース 2012/10/2:http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121002/237541/?P=3
http://gogono.net/archives/52012890.html


韓国の現在の立場としては今更日本には擦り寄れないだろうし、ましてはこのような事案で在れば更に

難しい!日本としても「昨日の今日」みたいな感覚なので御互いの国民感情が許すまい!自業自得か?
0



この記事へのトラックバックURLはありません
トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ




AutoPage最新お知らせ