武井咲  芸能界


テレビドラマ、多数のCM出演で注目されている女優武井咲(17)が、

来年のNHK大河ドラマ「平清盛」にヒロイン級の重要な役で

出演することが6日、分かった。関係者によると、松山ケンイチ(26)

が演じる主人公、清盛の側室役が有力だ。スター女優への階段を一気に

駆け上がっている武井の起用で、NHKも視聴率アップに勢いをつける

狙いのようだ。武井にとっては、初のNHKドラマ出演が、大河ドラマになる。



 
勢いのある旬な女優をNHKは放っておかなかった。

複数の関係者によると、武井が演じるのは、重要な女性キャストの1人で、

ヒロイン級。ストーリー展開の鍵を握る形で描かれるであろう

側室の常盤御前役が有力だ。常盤御前は、近衛天皇の中宮に仕える女性

だったとされる。採用の際、都の大勢の美女が集められ、最も美しい女性と

して選ばれたといわれている。その後、源義朝の側室となるが、平治の乱

(1159年)後に義朝は追われ、清盛に美貌を請われて側室にされた人物。

作品では清盛を中心とした男の世界だけでなく、待賢門院や美福門院のほか、

清盛の正室平時子、尼将軍と言われた頼朝の妻北条政子らも、

平安時代の最後を飾る女性として描かれる予定だ。

ー後略ー



http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20110507-771975.html
[日刊スポーツ 2011年5月7日8時0分 紙面から]




人気ブログランキングへ


その一方!


タレントの小倉優子(27)が、交際中のヘアメークアーティスト

菊地勲さん(40)と 今秋に結婚することが6日分かった。

挙式は米ハワイですることも決定。

具体的な日取りも決めている。小倉は現在ハワイ入りしているようで、

挙式場となるチャペルを下見しに行ったとみられる。




2人の交際は、昨年1月に発覚。小倉は同3月に都内で行われたイベントで

「今は全てが幸せです」と笑顔で交際宣言した。11月には都内での会見で

「結婚を考えながらお付き合いさせていただいている」とコメント。

プロポーズを受けたことを明らかにした。右手薬指には、

菊地さんからプレゼントされた指輪が輝き、レギュラー出演していた

テレビ番組でも「“きくりん”“ゆうゆ”と呼び合ってます」

とのろけるなど、オープンな交際を続けていた。

これまでたびたび「28歳で結婚したい」と発言してきた小倉。

11月1日の28歳の誕生日当日に挙式する可能性もありそうだ。



http://blog.livedoor.jp/uwasainfo/archives/1754626.html 元ソース
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2011/05/07/kiji/K20110507000770620.html


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110507-00000013-ykf-ent


話は、変わりますが官能小説で有名な団鬼六さんが癌の為

死去なさいました。6日午後2時6分、死因は、食道がんでした。

享年は、79歳でした。故人は、昨年1月に食道がんが発覚

しましたが手術は拒否し、放射線・投薬治療をしながらも、

精力的に遊びや執筆活動に取り組み、「快楽こそ人生」という

鬼六哲学を最後まで貫き通しました。

御冥福をお祈り致します。
0

シャラララ?  テレビ





急に聴きたくなってググッてみたら在りました!



つまり、これなんだけど

初めて聴いた時は、子供心ながらに酷いと思ったけど、

逆に此処まで酷いと味がありますな?




元歌は、もちろんこっち!

「巨人の星」って改めて見直してみると

突っ込み処も満載なんだけど面白いな!




長く続いたシリーズだったから破綻状態の話も中には在るんだけどね!




私は、野球には全く感心の無い人だけど

「巨人の星」は、別格で再放送を飽きずに何度も観たな!




これは、色々な意味での傑作だね!

テレビが、面白かった時代の代表作かな?






人気ブログランキングへ
0

才能  トピックス





Kスタ宮城で初のナイター開催となった6日の楽天‐西武戦の始球式に、


作家の乙武洋匡さんが登場。電動車いすから降り、10メートルの距離を


歩いてグラウンドへ向い「東北の皆さんに、心を込めて、投げさせて


いただきたいと思います」とマイクを使わずに叫び、ボールを投げ込んだ。


暖かい拍手に包まれた乙武さんは「小さい頃から野球が大好きで、


そして東北が大好きで、少しでも力になることができたら」と話した。



http://www.daily.co.jp/newsflash/2011/05/06/0004037601.shtml
http://news020.blog13.fc2.com/blog-entry-1504.html 元ソース

人気ブログランキングへ


その一方?


主演作が相次ぐ成海璃子が、「少女たちの羅針盤」(14日公開)で、

型破りな女子高生を好演している。先輩や顧問との確執から演劇部を飛び出し、

仲間と4人で路上の劇団「羅針盤」を立ち上げる少女の役だ。




ここ数年、様々な女子高生を演じてきた。「武士道シックスティーン」では

剣道一筋の硬派な10代に、「書道ガールズ!!」では辛抱強い書道部長に

「少女たちの羅針盤」では、沸き上がる情熱を抑えきれず、

周りと衝突を繰り返す主人公の楠田瑠美を演じている。

 
役作りについて「脚本読んで、現場に立って、感じたことをカメラの前で表現

しているだけ」と言う。「本番の何日も前に家で練習して考えたことより、

その時の感情が一番正解だと思っている」

 
劇団の路上公演は次第に人気を集め、伝説とまで言われるようになる。

常にみけんにしわを寄せ、早口でまくし立てる瑠美には、せっぱ詰まった迫力がある。

4人の少女が息つく間もなくセリフを交わす演劇シーンも見どころの一つだ。


試写を見て「恥ずかしかった」と話す。「全力でわあっとやったので、

ちょっと時間が経つとすごく恥ずかしくなった。でも、あんなにやんなきゃ

良かったっていうぐらいじゃないと、やっている意味が無い」

「行くのが嫌になる、緊張感のある現場が好き。ドキドキが大事。

安心なんて一生いらない、安定もいらない」とも。

 
今春、高校を卒業し、俳優業に専念することに。いつもドキドキするために、

さらに広くて厳しい世界に挑む。(西田健作)




http://yutori2ch.blog67.fc2.com/blog-entry-2596.html


なんだか流石ですな?
0




AutoPage最新お知らせ