南部米国人から見た捕鯨  ニュース



テキサス親父船団寄金・灯火
http://staff.texas-daddy.com/?eid=25


インターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」で

反捕鯨団体シーシェパード(SS)を批判、

〈テキサス親父(おやじ)〉として知られる米国人

トニー・マラーノさん(62)が、和歌山県太地町を訪れ、

三軒一高町長と面談し、捕鯨に理解を示した。




役場を訪れたマラーノさんは、三軒町長から捕鯨とともに

歩んできた町の歴史を聞き、「町民が生活を守るために

クジラを捕ることに問題はない」と述べた。

昼食に初めてクジラ料理を食べたといい、「とてもおいしかった。

牛を食べるのも、クジラを食べるのも全く同じ」と話した。

東日本大震災については「日本には略奪という文字はなかった。

他国では考えられないことだ」と日本人の行動を称賛した。




マラーノさんは大手電話会社を退職後、様々な問題について

ユーチューブで意見を発信している。「海に囲まれた日本が

なぜ捕鯨をしてはいけないのか」と疑問に思ったのが、

SS批判のきっかけという。


日本でも著書があり、ファンも多く、三軒町長は

「町にとってありがたい応援団。これからも太地の情報を

発信してもらいたい」と話していた。


20日まで日本に滞在、東京や大阪で講演するほか、

広島の原爆記念館や東京の靖国神社を訪れる。



元ソース:読売新聞ネット版
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110515-OYT1T00065.htm
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110515-OYT1T00065.htm
http://blog.livedoor.jp/jyoushiki43/archives/51751598.html

人気ブログランキングへ 


各国の食の文化は深い!
0

石原節  ブログ


■官僚も使いよう




−震災と原発自己への政府の対応に批判が出ている

「複合的、重層的に事を進め、いろいろな要因を束ねて

有機的に動かす見識のあるリーダーがいない」


−どこに問題があるのか

「日本をダメにしたのは国家官僚とその言いなりに

なってきた自民党だ。国の官僚は発想力がない。継続性と

一貫性にこだわり、この時代の変化についていけない。

諫早湾の干拓に固執するとか、バカなことをやる」


−「3・11」の以前と以後、日本は変わると思うか。

「変わらなかったら困るね。我欲を捨てて、

意識が変わっていかないと」


−どう変わるべきか。

「まず皆が節約し、自分を抑制するようになること」


−いくらでも電気を供給してもらえ、それが当たり前、

という意識は変わるのか。


「とてもそうはいかない、と悟ったらいい。膨大な電力を

くいながら、街に自動販売機が林立している国なんか世界中に

どこにもない。街から自販機が消える、パチンコ屋は夜しか

開かないとなれば、皆の意識は少しは変わる。いらない電気は

使わないで、町の風景から変えることだ」



読売新聞 5月14日朝刊15面(解説面)
http://i52.tinypic.com/63rszq.jpg



人気ブログランキングへ 


そもそもの根源ですね!是は正論!

官僚の使い方については、麻生さんと同意見だな!



0

中越典子と武井咲を見分けるのは不可能?  タレント


クリックすると元のサイズで表示します


何気なくネットで検索していたら


中越典子と武井咲を見分けるのは不可能と言う記事を発見した。

クリックすると元のサイズで表示します


これって私が始めて武井咲を見た時から気になっていたのだが、


最初に思ったのが、「この娘、誰かに似てる?」てな事だった!


確かに以前にも見た顔だったので、ずっと気にしていたのだが、




ある時に中越典子が出演している映画の予告編を見た時に


「あっ!」と気がついた訳である。




人間って、こう言うつまらない事こそ、


いつでも頭に引っ掛かるものなんだよねぇ〜!



人気ブログランキングへ 


どうでしょう?似てませんかね?




見分けが、つかない程でも無いけど




タイプは、似てるね!
4




AutoPage最新お知らせ