隣の芝生  ブログ


最近、石平さんと言う作家であり、批評家の御仁を知ったのですが、

この人の著書には、確かに読むべき点が在りますな!




読んでいると隣の芝生である中国の真実の姿を知る事が出来ます。

実は、この先生は、文化大革命および天安門事件における

中国共産党の党利党略ぶりへの憤怒と絶望感から




「もはや用がない、何の愛着も義理も無い」と祖国との決別に至り、

一方で留学中の日本文化に孔子や論語の思想が生きていた事に

感激した事から、中国の真実を伝えようと活動している人である。




実際にお話を聞いていると戦後の日本の在り方さえ悲しく感じますが、

だからこそ日本人は、国民としての自覚が大切だと思います。



人気ブログランキングへ 


現在の国力が低下している時期だからこそ

政治が、強豪な姿勢を貫かなければ成らないのだが?

天安門事件の頃は、日本は、バブル期で舞い上がっていたな!

反省すべきは、やはりあの時代か?
0
タグ: 中国 石平 真実

4度目の映画化  映画


1970年代に一世を風靡(ふうび)した漫画家、梶原一騎さん原作の

純愛コミック「愛と誠」が、俳優、妻夫木聡(30)と

女優、武井咲(17)で映画化されることが30日、分かった。

「愛と誠 201X」(来年公開)と題し、三池崇史監督(50)がメガホンを執る。

幼いころの出来事をきっかけに思いがすれ違ってしまった不良高校生・太賀誠

(妻夫木)と、純真な女子高生・早乙女愛(武井)の熱烈な愛を描く青春映画。


クリックすると元のサイズで表示します


原作は累計800万部を誇り、74年にはテレビドラマ化、

同年から76年にかけて3度も映画化された人気作。

クリックすると元のサイズで表示します


昨年7月に亡くなった元女優、早乙女愛さん(享年51)が

74年公開の第1作でヒロインの役名で女優デビューを果たしたことでも知られる。

クリックすると元のサイズで表示します


同作は愛や友情といった絆がテーマ。東日本大震災を受けて、製作側が

「この作品には今の日本に必要な要素が詰まっている」と4度目の映画化を企画。

主演・誠役には現代の映画界を牽引(けんいん)する妻夫木、

ヒロイン・愛役にはCM、ドラマで人気上昇中の武井を起用した。



 
バイオレンス作品に定評がある三池監督らしく

CGを取り入れたアクションシーンが多く、

人気絶頂の2人の純愛はもちろん、

リーゼントに学ラン姿で暴れまくる妻夫木の演技にも注目だ。




ソース:SANSPO.COM(サンスポ・コム)
http://www.sanspo.com/geino/news/110701/gnj1107010505015-n1.htm
http://nya-su.doorblog.jp/archives/65583354.html

人気ブログランキングへ 


なんか期待出来そうだが、時代に合わないかも?

組み合わせには、賛否在る処だが、

妻夫木聡の高校生役は、既に無理も在るかな?

武井咲が、早乙女愛と言うのは賛成だけど

アクションシーンにCG多様は、余り賛成出来ないな?

三池監督の近年の作品では、「ヤッターマン」の

実写版も面白かったね!



0

コマーシャルに見る現在?  ブログ


九州新幹線が、実は、東日本大震災の翌日に全線開通してるんだけど

このテレビ・コマーシャルが、海外で、日本人の団結力を示すものだと

評価も高いけど御存知ですか?




実は、このCMは、お蔵入りされていたんだけど、

インターネットでは、公開してるんだよね!

私も始めて観た時は、思わず「じ〜ん」ときたんだけど、

何か見た事の在る流れだったので、ゆっくりと思い出してみたら




「これって、バドワイザーとクリソツじゃないの?」と思ってしまった!

規模は、確かに違うけどアイディアは、同じだね!

これってカンヌでも絶賛されたんだけど元ネタに気がついた

審査員は、居なかったのだろうか?

だけど、そんな疑問が、在りながらも観てると何か勇気が沸くな!




それで、日本の景気も良くて正に勢いの在った頃の

CMを続けて観たんだけど




この時に在って今は無いのは、何もお金だけじゃないのは、

観る人には、解るかも?




寧ろこの時代に無くしたものと言った方が正しいかな?




嘗て日本人が、働いてた場所が、海外に移転している現実をね!





人気ブログランキングへ 


技術もそうかな?

政府も見方を変えると

今、日本に足りないものは、見えてこないかな?

2番じゃいけないんですよ!
0




AutoPage最新お知らせ