米国に於けるAKB48への評価  アイドル


当惑した米国人記者が描写した『AKB48』--日経ビジネス [05/30]

2012年3月末、アイドルグループのAKB48がワシントンを訪れた。今年は日米友好の証として桜の
苗木が日本からワシントンに贈られてから100周年に当たる。それを記念して、AKBが「全米桜祭
り」でコンサートを開くことになったのだ。

米国のメディアにはほとんど取り上げられなかったが、唯一、地元でのイベントとあって有力紙
のワシントン・ポストが文化面の1面に“J-pop royalty”(J-pop界の王族)と題した記事を載せ
た。電子版では同じ記事に次のような見出しを付けている。

“Japanese girl group AKB48 breezes through D.C. in whirlwind of cuteness”
(「日本の少女グループAKB48、『可愛らしさ』のつむじ風がワシントンを駆け抜ける」
3月27日付電子版)

さて、この見出しを読んで、AKB48を「かわいい」と好意的に評価した記事だと思うだろうか? 
筆者が翻訳を学ぶモントレー国際大学院(MIIS)の英語ネイティブの教員や学生に聞いたところ、
どうもそうではないらしい。

■「旋風」はなく「あっという間に帰った」

同級生のシーナは「cuteは米国では必ずしも良い意味ではない。小さい女の子にcuteといえば褒め言葉
だが、本気で女性を褒めるときには使わない」と語った。たとえば beautiful, gorgeousといった正真
正銘の褒め言葉と比べると、cuteはかなり適当な印象を与えるようだ。

英仏通訳者のジュリー・ジョンソン教授は「少女の音楽グループであるにも関わらず、音楽については
触れずcutenessで済ませているので、記者が『外見以外に見るべきところがない』と判断している印象
を受ける」と語った。さらにbreeze through(吹き抜ける)という動詞句も、「airhead(頭が空っぽ)
でshallow(薄っぺら)な印象を与える」と指摘した人が多かった。

whirlwind(旋風、つむじ風、めまぐるしさ)という単語だけに注目し、この記事を「AKB48旋風が
ワシントンで巻き起こる」と訳した日本のメディアもあったが、かなりニュアンスが違うようだ。
記事の本文中にも“Sixteen of its members were in town for just 36 hours, a whirlwind cultural
exchange”(16人のメンバーの滞在時間はわずか36時間という、慌ただしい文化交流だった)とあるとおり、
記者は「さっと来て、慌ただしく帰って行った」という意味でwhirlwindを使っている。

記事の本文では辛口なトーンはもっと明白だ。たとえば地元の小学校を訪問した3人の
メンバーの服装についてはこう描写している。

“a navy plaid blazer over the smallest schoolgirl skirt, followed by yards of gangly
legs, then knee socks”
(濃紺のチェックのブレザーにとびきり短い女学生風スカート、その下にひょろっと
した長い足とニーソックスがつながっている)

的確な描写で文句のつけようはないのだが、たとえばスカートの下に露出した足を表現するのに
slender(ほっそりした)でもsexy(セクシー)でもなく、gangly legs という言葉を選んでいる。
英語ネイティブの学生に聞くと「小学生の男の子みたいな、棒切れのような足のイメージ」という。

極めつけは、AKB48とは一体何者なのかを説明する以下の文章だ。
少し長いが引用してみよう。

“It is as if Miley Cyrus, Taylor Swift and the entire cast of "Twilight" were placed
into a saucepan and simmered on a low boil until nothing remained but the sweet,
cloying essence of fame, and if that fame were then poured into pleated tartan
skirts and given pigtails.”
(まるでマイリー・サイラス、テイラー・スウィフト、それに『トワイライト』の全出演者を鍋に
入れ、有名人だという甘ったるさ以外には何も残らなくなるまで弱火で煮込み、それをタータン
チェックのプリーツスカートに注ぎ込んでお下げをくっつけたようなもの)

■「ただ有名なだけで特に取り柄のない存在」

ここに出てくるマイリー・サイラスやテイラー・スイフトなどは、いずれも現在米国の中高生に大人気の
アーティストだ。これを読んだ英語ネイティブはたいていクスっと笑い「要するに、これといった才能は
何もない、ただ『有名』なだけの存在ということ」と説明してくれた。

そして、記事の最後はこう結ばれている。

“The resulting applause seemed the slightest bit outsize for the girls' responses, but
they were very personable and lovely, and it is always possible that something was lost
in translation.”
(少女たちの受け答えの中身の割に拍手がやや大きすぎるようではあったが、彼女たちはとても感じがよく、
愛らしかったし、翻訳によって「大事な何か」が失われてしまうのはよくあることだ)

ここで記者は初めてpersonable(魅力的、人に好かれる)、lovely(愛らしい、可愛らしい、素敵な)と
いう正真正銘の褒め言葉を使っている。それまでの手厳しい書きっぷりを多少はフォローしようという意識
が働いたのかもしれないが、「(記者会見での)受け答えの割に拍手が大きすぎる」など、AKBに対する
「中身がない」という評価は変わっていない。「翻訳によって何か重要なメッセージが抜け落ちたのかも」
と表現してはいるが、「記者がそう思っていないことはミエミエ」というのが記事を読んだ英語ネイティブ
の 一致した意見だった。

MIISの学生7人に記事のトーンを尋ねたところ、4人が“bewildered(当惑)”と答えた。日本文化について
何も知らない記者が、「コ、コレは一体何なんだ?」と困惑しながら書いているという印象だ。残る3人は
“derogatory(軽蔑的)”“condescending(見下している)”と受け取った。「AKBだけでなく、記者会見
でAKBに大きすぎる拍手を送った人や、日本全体をバカにしている印象を受ける」と語った学生もいた。

■日本人ほど多様な趣味に寛容でない米国人

今回AKBが桜祭りに派遣されたのは、日本での人気ぶりに加えて、東日本大震災への米国からの支援に感謝
する役割を果たすのに、熱心に震災復興を支援してきたAKBがふさわしいと判断されたからだ。ただ、この
記事を見る限り、日本のポップカルチャーに免疫のない米国人にとって、AKBはやや刺激が強すぎたの
かもしれない。

「良くも悪くも、米国人は日本人ほど他人の趣味に寛容ではない」と同級生のリンは語った。
AKBのメンバーの年齢、露出度の高い衣装やコケティッシュなパフォーマンスを見て、
「こういうのが好きな人もいるよね」と流せる人が多い日本に対し、米国では“This is wrong!”
(これはおかしい!)と憤慨する人が珍しくないというわけだ。

人種の坩堝(るつぼ)の国である割に、もしくはそうだからこそ、米国人は自らと異なる嗜好・見解に
不寛容なところがある。「友人にAKBの動画を見せたら、『これ見るのって合法?』と驚かれた」という
MIISの学生もいた。AKBもアジアでは一定の人気を誇っているとはいえ、文化の輸出は一筋縄ではいかない。



◎執筆者/土方 奈美(ひじかた・なみ)
翻訳家。慶應義塾大学文学部卒業。1995年日本経済新聞社入社。記者として活躍、
日経BP社に出向して『日経ビジネス』の記者も務める。2008年日本経済新聞社を退社。
米国公認会計士、ファイナンシャルプランナーの資格を保有し、経済・金融分野を
中心に翻訳家として活躍。




人気ブログランキングへ 

http://business.nikkeibp.co.jp/article/skillup/20120529/232676/?P=1
【話題/コンテンツ】中国・上海で日本文化イベント『ジャパンウィーク』開幕、AKB48も出演へ [09/23]
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1316773447/
【コンテンツ】外務省が『クール・ジャパン』発信強化へ--礼儀正しさや忍耐強さといった「日本的価値」の発信も [05/06]
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1336271072/
参考記事:http://gogono.net/archives/51976848.html


「アイドル」とは愛玩するもの!それに尽きると思う!才能を彼女等に求めてはいけない!
0

再び夜勤  ブログ


今日も夜勤である。もちろん遅番からの継続なのだが今回は明けの後は休日

なので気も楽である。天気予報を見ても気温が高く夜中でも然程冷えない様だ!

ようやく暖かくなった印象だが北海道の春は相変わらず遅い感じがする。

それはいつもの事だが寒いものは寒い!だから天気予報が気になる。

本日の夜勤の仕上げは後処理が在るので少し面倒だ!

良い時間潰しにはなるが....



クリックすると元のサイズで表示します


映画監督の新藤兼人さんが100歳で逝去された。大往生である。

私は脚本家としての才能を最も評価しているだけに残念である。
0

吉本芸人  タレント


【ネット】カルビーがブラックマヨネーズのCMをサイトから削除 

お笑いコンビのブラックマヨネーズ吉田敬さんがTwitterにて不謹慎な発言を行いちょっとした

騒動となっている。騒動の発端は、ブラックマヨネーズ吉田さんに対して、「こういう人見ても

そういうこと言えるんか」と生活保護打ち切り後に餓死したという

報道の画像を送りつける者が現れた。それを送りつけられたブラックマヨネーズ吉田さんは、

「このての人って、なぜこんな物言いしかできひんのやろ。でもおかげで普通の人に感謝できる。

ありがとう、食物連鎖の一番下の人♪頑張れよ、食物連鎖の一番下の人!」と

不謹慎な発言を行い、それが瞬く間に大炎上。


暫くは強気で居たブラックマヨネーズ吉田さんだったが、炎上がヒートアップしていき本人も事の

重大さに気づいたのか「いきなりカス呼ばわりしてくる無礼な人間にいかつい一言で返す事は、俺

は悪いと思わない。同じ土俵でやり合うなと言われても、同じ人間だから。でも返しにしても強い

言葉すぎた。見た他の人にまで強い不快感を与えてしまう程…。気付けなかった。申し訳ありませ

んでした」と謝罪を行った。

これで一件落着かと思いきや、ブラックマヨネーズがコンビで出演しているカルビーのCM紹介サイト

に異変が起きている。カルビーのウェブサイトのCM紹介内にある『うま辛ポテト ヒ〜ハー!!

「続ワイハーでヒ〜ハー!!」篇』が削除されており、無かったことになっているのだ。

撮影エピソードサイトも閲覧出来なくなっており、全てデータが削除されている。

このCMはブラックマヨネーズ吉田さんの単体での仕事ではなく、コンビでの仕事。カルビーが

「食物連鎖の一番下の人」というキーワードに敏感になったのだろうか。




人気ブログランキングへ 

元ソース:http://getnews.jp/archives/222071
前:2012/05/30(水) 04:25:14.77
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1338329997/
参考記事:http://gogono.net/archives/51976772.html


最近の吉本芸人については其の質の低下を嘆く人が多いが、元々は伝統の松竹芸能に対抗して始めた

新喜劇でさえも現在は本当に面白くない!「どうしてこうなったか?」なんて気がするがようするに

本当の芸人が居なくなったとしか思えない!以前の芸人は笑わせて感心までさせる位だったので余計

にレベルの低下が目立つ!自分本位のギャグばかりやっていては素人と同様である。つまらない!
0




AutoPage最新お知らせ