末期政権  ニュース


「内閣支持23%=民主9%、最低に―時事世論調査」

時事通信社が10〜13日実施した5月の世論調査によると、野田内閣の支持率は発足後最低だった

前月から1.6ポイント増加し、23.3%となった。不支持率は同0.7ポイント減の55.0%。

一方、民主党の支持率は同0.5ポイント減の9.0%に落ち込み、2009年の政権交代後、最低を記録した。

小沢一郎元代表の党員資格停止処分解除を控訴前に決定したことなどが響いたとみられる。

政権への支持が広がらない状況に変わりはなく、野田佳彦首相が政治生命を懸ける消費増税関連法案の

行方や、衆院解散時期をめぐる首相の判断に影響を与えそうだ。

 
調査は全国の成人男女2000人を対象に、個別面接方式で実施。有効回収率は65.8%。 



時事通信 5月17日(木)15時6分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120517-00000083-jij-pol
参考記事:http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-3951.html


その一方!


民主党議員「民主党という“破れ傘”で選挙を戦うよりも、新党で戦った方が戦いやすい。」

地域政党・大阪維新の会代表の大阪市長・橋下徹が衆院選間近になってこの手をフルに使ったら、
既成政党、とりわけ民主党から離党者が続出するのではないか。
橋下は4月11日の定例記者会見でこう語った。

「(政党を)辞めた国会議員をどうするかは、政治判断だ。(維新が)有権者に愛想を尽かされる
こともあるが、ちゃんとした人物や経歴であれば、賛同を得られる場合もある」

既成政党と一線を画す、これまでの姿勢を一転させ、人によっては受け入れるというのである。これに
よって、維新の弱点とされてきた法律上の政党要件(所属国会議員5人以上など)を満たす可能性が生
まれるほか、候補者不足を一気に補うことができるようになるかもしれない。

新自由クラブが1976年6月に、日本新党が92年5月に、それぞれ結党した直後の国政選挙でブーム
となりながらも、当時の第1党だった自民党には遠く及ばなかった。これは、全国にくまなく候補者を
擁立することができなかったのも一因だった。

ブームになっても、その受け皿となる候補者がそろわなければ議席には結びつかない。全国で有力な候補者
を立てる選挙態勢があるのは民主、自民両党だけだ。

だから、今年2月「次期衆院選に300人擁立、獲得目標は200議席」という報道があっても、それは
無理だろうと思われた。また、維新政治塾に約400人の定数枠を大幅に上回る3326人の応募があって
も、民主、自民両党の選挙関係者は「公募でそんなに優れた人材は集まらない。公募には『1割の法則』と
いうのがあって、応募者の1割しか使いものにならない」と、高をくくっていた。

しかし、既成政党からの離党者も受け入れるとなると、局面は大きく変わる。とりわけ、五月雨的に離党者
が出ている民主党では「離党予備軍」はまだまだいる。それは、小沢系議員だけではない。

「民主党という“破れ傘”で選挙を戦うよりも、新党で戦った方がはるかに戦いやすい。別に、民主党への
愛着はありませんから」こう割り切る民主党議員は少なくない。

民主、自民両党の体質の違いは、自民党が地域に根を生やした保守勢力に下支えされているのに対して、
民主党には組合ぐらいしかないことだ。かつ、議員同士が助け合う、先輩議員が後輩の面倒を見るという
政党内の人間関係が、民主党は自民党より希薄だ。だから、逆風にさらされると、脱出して新天地を探そう
という動きが起きやすい。

もちろん、自民党でも従来に比べ地域、議員同士の結びつきは弱まり、特に関西の候補者には維新が巻き
起こした風に動かされる人もいる。しかし、維新の影響を受けやすいという点では、民主党の方が切実だ。
関西ブロックの小選挙区選出で、選挙運動もまじめに行っている民主党若手はこう言う。

「今年初め、自分で世論調査を実施した。維新の候補者が決まっていないのに、維新の候補者が出馬
したら、という条件で調査したら圧倒的に負けていた。私の選挙対策は維新の候補者が出ないように
する、その一点だ」

また、ベテラン議員でも「もし、維新が出馬したら吹き飛ばされてしまう」と嘆く。維新候補出馬による
落選への恐怖心が衆院選を先送りしたいという心理となっている。だが、先送りしたら、状況が改善する
のだろうか?ある選対関係者はこう言う。

「維新への期待感は坂道を転げ落ちる雪だるまのように膨れあがっていくのではないか。橋下はいろいろ
問題があっても、実に良いタイミング、たとえば原発の再稼働、消費増税などで強いメッセージを発信し
て耳目を集めている。これが続いて、来年になったらどうなるのか。今なら50議席でも、100議席を
超えるかもしれない」

維新への期待感が膨らむ原因をつくっているのは自分たち自身であることに、民主党議員の多くは気付い
ていない。気付いていても、行動を起こさない。

この段になっても、首相・野田佳彦や党執行部は参院で問責決議を受けた防衛相・田中直紀、国土交通相
・前田武志のクビを切らずに済ませ、元代表・小沢一郎の処分は控訴前に解く。その結果、野党の強い反

発を招き、消費増税法案の成立は難しくなるばかりだ。

こんなことを続けていたら、いざ、選挙となった時、維新に逃げ出す議員が続出するのではないか。




人気ブログランキングへ 

http://gendai.ismedia.jp/articles/-/32537
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-3921.html
引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1336950474/


政治に於けるブームは、色々と在ったと思うが、私見ではマドンナ旋風の悪影響が現在の政治に根付いて

いると思う!現に与党は名前の変わった社会党である。しかしながら与党である民主党が退廃している現状

に至っているのに前与党だった自民党の治癒が然程進んでいない様に思えるのは気のせいか?それに変わる

政党として期待されている「大阪維新の会」も実は信用出来ない!公言しているマニフェストの内容も気に

なる。だから程度問題で経験の在る自民党に御鉢が回ってくるのだが有権者としては難しい処である。
0

石原慎太郎都知事と中国の国内事情  ニュース


【衆院選】 石原知事 「小沢と手を組むなんて死んでもいや」

東京都の石原慎太郎知事は16日夜のBSフジの番組で、新党構想で民主党の小沢一郎元代表と連携

する可能性について、「小沢と手を組むなんて私は死んでもいやだな」と述べて否定した。


新党結成の道筋については「既存の国会議員を集めても第3極にはなり得ない。まっさらな人材を発掘

して育てたい」と述べた。


地域政党・大阪維新の会が開講した「維新政治塾」を念頭に置いた発言と見られる。




元ソース:http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120517-OYT1T00198.htm
引用元:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1337215535/
参考記事:http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-3948.html#more


その一方


「石原都知事の尖閣諸島購入宣言にも中国の反日ムードが高まらない理由」

石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島購入計画を打ち出したのが4月14日。現在、中国ではネットを中心に
抗議の声が広がっている。反日ムードは、これからどんどん加熱していくのだろうか。中国情勢に詳し
いジャーナリスト、富坂聰氏はそれを否定する。

「今後、中国をさらに刺激するような事態が何度も発生すれば別ですが、現時点で『反日』がフレーム
アップする可能性は高くないと考えられます。今回の件に対して、中国国内での報道のトーンは、過去
に反日デモが発生した2005年や2010年と比較すればずっと抑制的。中国当局による外交ベースでの抗議
はあれど、民間が大規模な抗議行動を起こすとは考えにくいと感じます」

その理由とは何か。実は、今の中国には尖閣問題に構っていられないほど難題が溢れているのだ。

富坂氏が続ける。

「例えば内政面では、当局は今年秋に開催される中共十八大(第18回中国共産党全国代表大会の略。
同国を統治している中国共産党の最重要会議)を無事に成功させることで手いっぱい。この会議で習近平
(しゅう・きんぺい)が新しい国家主席に選出される予定ですから、失敗は絶対に許されません。加えて、
今月初めには党内の有力政治家だった薄熙来(はく・きらい)が失脚しました。その後処理にも追われて
います」中国きっての有力政治家と見られていた薄熙来。失脚した直接の原因は、元側近の王立軍(おう
・りつぐん)が2月初めに四川省成都にあるアメリカ総領事館に亡命未遂事件を起こしたこと。加えて、
薄熙来の夫人である谷開來(こく・かいらい)が金銭トラブルを理由に英国人ビジネスマンを殺害した
疑いで逮捕されたこと。さらに、その後の捜査を通じて、薄夫妻が不正に蓄財した数十億ドルを海外に
送金していた疑惑までも明るみに出た。ひとりの政治家が、中国政界を大きく揺るがすスキャンダルを
立て続けに起こしたのだ。

 それだけに、中国国内は揺れに揺れている。東アジア情勢に精通するジャーナリストの福島香織氏は語る。

「薄熙来の失脚は、単に彼ひとりの問題にとどまるものではありません。中国共産党の高官たちは、さま
ざまな金脈や人脈によってつながっているのです。今回、薄の失脚で党高官のさまざまな悪事や利権が明
るみに出た上、その情報の一部が王立軍の亡命未遂事件によりアメリカにまで知られてしまいました。
中国当局の有力政治家たちは誰もがスネにきずを持つ身ですから、自分自身もスキャンダルに巻き込まれ
ないかと戦々恐々としているはずです」

また、政治混乱だけではない。日本ではあまり報じられていないが、現在、中国は尖閣とは別の重大な
領有権問題にも直面している。

4月10日、中国・フィリピン両国が領有権を主張する南シナ海のスカボロー礁(中国名「黄岩島」)
付近で、フィリピン海軍による中国漁船の拿捕未遂事件が発生。中国側が救援のために艦船を出動
させる騒ぎが起きたのだ。

「現地では、両国艦船のにらみ合いが続いています。中国にとっての南シナ海海域は、尖閣諸島周辺海域
以上に、資源・経済面での重要性が高い場所。中国は尖閣問題だけにかまけている余裕はありません」
(前出・富坂氏)

内に政治スキャンダル、外には領有権問題と、今の中国はまさに“内憂外患”。尖閣諸島にばかり
構っていられないのが本音だろう。




人気ブログランキングへ 

元ソース:http://wpb.shueisha.co.jp/2012/05/07/11306/
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1336621994/
参考記事:http://gogotorimaru.blog19.fc2.com/blog-entry-5816.html


石原慎太郎都知事の小沢一郎嫌いは今に始まった事では無いが、親米と反米の両者が噛み合わないのは

当然なので、それを私がどうのこうのと言う事も無いが、尖閣購入発言後の中国は成る程ネットユーザー

からの批判は在るにせよ中国国内での反日運動が報じられる事は無い!是は中国国民も日本の有権者同様

に政府を見限ったとしか思えない!実際に反日運動に格好付けて中共批判をしていた事例が在るので尚更

かも知れない!中国共産党が抱えた火種は余りにも多過ぎた。大火事に成らない事を願おう!
0

吉本興業の見解  タレント


ファンのみなさま 関係者各位  株式会社よしもとクリエイティブ・エージェンシー

河本準一に関する一部報道について

現在、弊社所属タレントの「河本準一」に関し、河本の親族が生活保護費の不正受給を受けているか

のような週刊誌の記事やインターネット上の風説が流布されており、これについて、世耕弘成、片山

さつき両参議院議員が問題視しているなどの報道がございます。


弊社としては、河本の親族が生活保護費の受給を受けているという重大なプライバシー情報が報道

されていること自体、重大な人権侵害であると考えており、河本の親族の生活状況や河本の収入の状況、

親族への扶養の内容等の詳細な事情についての説明は、ご容赦いただきたいものと考えております。


しかしながら、河本本人の収入については一説に述べられているような高額なものではなく、時期に

よって大きく上下しております。また、様々な事情から生活の援助を行わなければならない親族が複数

いるなかで、浮き沈みの激しい業界に身を置きつつ、親族全員に対して将来にわたっても安定的な援助

を行えるかどうか、見通しが非常に難しかったという事情もございます。

生活保護費の支給については、河本が無名の時代に開始されたものでありますが、河本本人は、なるべく

親族に負担をかけることがないよう、そして、いつかは生活保護に頼ることなく自分の力だけで養ってい

ける状況にできるよう、担当の福祉事務所などとも相談しながら、懸命に努力してまいりました。

現在は、生活保護費を受給しておりません。


このような中、一連の報道が始まりました。多くの報道機関はプライバシーに配慮して実名を伏せていた

ようですが、一部の心ないネット媒体で実名が報じられるに至り、二名の国会議員は、当該ネット記事を

前提に河本を名指しで非難し、本件を大きく取り上げるようになりました。


国会議員の先生方が、本件を政策論として議論することについて弊社及び河本が申し上げることはござい

ませんが、河本の親族側の事情も十分に確認しないままに実名をもって個人に対するる批判的な発言をな

さったことについては、非常に悲しいことであると感じております。




人気ブログランキングへ 

元ソース:http://www.yoshimoto.co.jp/cmslight/resources/1/108/120516.pdf
参考記事:http://gogono.net/archives/51972767.html


ようやく吉本興業からの見解を示したのだが、まだその事案に対する記者会見は行っていない!

これからの会社側の対応が待たれる訳だが、河野本人に取っても難しい状態となるだろう!
0




AutoPage最新お知らせ