東南アジア外交と日本企業  ニュース


ジャーナリストの櫻井よしこ氏は、「東南アジア諸国は、次の時代を左右する重要なプレーヤーです」

と指摘する。 そして彼らもまた日本同様、中国の脅威に晒されている。日本は彼らとどう手を携え、

どのように繁栄の道を進むべきなのか。櫻井氏が提言する。


日本は戦後自ら外国に出て行って貢献することを憚ってきましたが、もっともっと積極的に前に出るの

がよいと思います。例えば昨年12月に野田政権が緩和した武器輸出三原則はアジアの国々に本当に感謝

されています。 海賊対処のための巡視艇や、US-2型飛行艇、それに対潜水艦技術などは、緊張の海と

なった南シナ海周辺諸国、 インド洋で中国の脅威を日々感じているインドなどにとって、切実に必要な

技術であり、中にインドを対象国として含むことが大事です。


インドをはじめベトナムなどのアジア諸国は原子力の平和利用に関する技術協力も切望しています。

日本の優れた技術を伝え、安全な原子力利用の基盤作りを助けることが日本の国益にもなります。


経済協力にせよ外交にせよ国家として継続して関わっていくシステムをわが国は構築し、

人材を育てる努力を続けたいものです。外務省の担当者などは、2〜3年で交代してしまう。


短期間でクルクル代われば専門家は育ちません。長年同一人物に同じ分野で働いてもらい、

それぞれの分野や地域におけるエキスパートになってもらうこと、加えて国際社会で日本の立場を広報

し続ける努力が必要です。東南アジアの経済成長率はヨーロッパや米国、日本をはるかに抜いて、これ

からも成長し続けます。日本企業もその将来性を見て、生産拠点を中国から東南アジア諸国に移しつつ

あります。 東南アジアの高い経済成長率に加えて、人件費は中国よりもかなり割安です。

おまけに、前述したように、日本に大変な親しみを抱いています。


そうしたことから、中国から東南アジアへのシフトはもっと加速されてもよいと思います。

日本に友好的で信頼関係が結べる東南アジアの国々との経済関係を強化し、

それらの国々に技術移転していくほうが、長期的に見て企業の利益にも、日本の国益にもかなうはずです。




人気ブログランキングへ 

元ソース:http://www.news-postseven.com/archives/20120928_144678.html
http://gogono.net/archives/52011821.html


これは正論だが正直、米国からの圧力も半端じゃないと思う!田中角栄が米国から潰された理由を考えても

どんな事か解るだろう!しかしながら中国とは国交正常化して40年経った結果が現在なのだから依存する

理由も無かろう!既に有事と言っても良い位の状態なのに今までと同じと言う訳には行くまい!
0

朝日新聞社説  ニュース


「安倍新総裁の自民党―不安ぬぐう外交論を」

自民党総裁選は、40年ぶりの決選投票をへて、安倍晋三元首相が当選を決めた。

5年前の参院選で惨敗後、首相だった安倍氏は突然、政権を投げ出した。

その引き金となった腸の難病は新薬で克服したというが、政権放り出しに対する批判は安倍氏の

重い足かせだった。それが一転、結党以来の総裁再登板を果たしたのはなぜなのか。


■「強い日本」を前面に

もともと安倍氏は本命視されていなかった。

ところが、谷垣禎一前総裁を立候補断念に追いやる形になった石原伸晃幹事長がまず失速。決選投票では

派閥会長や古参議員に嫌われている石破茂前政調会長に競り勝った。いわば消去法的な選択といっていい。

さらに領土問題で中韓との関係がきしんでいなければ、再登板はなかったかもしれない。

「強い日本」を唱える安倍氏の姿勢が、中韓の行き過ぎたふるまいにいらだつ空気と響きあったのは確かだ。

「尖閣諸島は国家意思として断固守る」として、避難港を造るなど管理の強化を訴える。

慰安婦問題で旧日本軍の関与を認めた河野官房長官談話や、「植民地支配と侵略への反省とおわび」を表明

した村山首相談話を見直すと主張している。 首相になった場合の靖国神社参拝にも意欲を示す。

ナショナリズムにアクセルを踏み込むような主張は、一部の保守層に根強い考え方だ。だが、総選挙後に

もし安倍政権ができて、これらを実行に移すとなればどうなるか。 大きな不安を禁じえない。

隣国との緊張がより高まるのはもちろんだが、それだけではない。

前回の首相在任中を思い出してほしい。5年前、慰安婦に対する強制性を否定した安倍氏の発言は、米下院

や欧州議会による日本政府への謝罪要求決議につながった。

靖国参拝をふくめ、「歴史」に真正面から向き合わず、戦前の反省がない。政治指導者の言動が国際社会

からそう見られれば、日本の信用を傷つける。

だからこそ安倍首相は河野談話の踏襲を表明し、靖国参拝を控えたのではなかったか。

首相就任直後に中韓両国を訪問し、小泉政権で冷え切った中韓との関係を改善したのは安倍政権の功績

だった。その経験を生かすべきだ。 それにしても、あまりにも内向きな総裁選だった。


■人材も活力も乏しく

安倍氏をはじめ5候補は、民主党政権の3年間を「国難」と断じ、自民党が政権に復帰しさえすれば震災

復興も、領土外交も、日米同盟も、景気も、雇用もうまくいくと胸を張った。

そんな甘い夢を信じる人がどれほどいようか。

国民の政治不信は民主党だけでなく、自民党にも向けられている。その自覚と反省がまったく感じられない。

それどころか、3年前、国民に拒絶されるように下野した自民党のやせ細った姿をくっきりと映し出した。

その象徴は、5候補の政策がほとんど同じだったことだ。

党是の憲法改正を実現し、集団的自衛権の行使をめざす。

原発・エネルギー政策では全員が「原発ゼロ」に反対。環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉参加には

慎重。代わりに熱を入れるのは「国土強靱(きょうじん)化」という名の公共事業拡充だ。

財界や電力業界、農協、土木・建設業界など支持団体の歓心を買いたい。そんな思惑がみえみえではないか。

かつての自民党にはタカからハト、改憲から護憲、保守からリベラルまで抱える懐の深さがあった。

それが、今回は5候補がそろってタカ派色と支持団体への配慮を競い合った。しかも5人とも世襲議員である。


■3党で国会ルールを

二大政党時代の野党の最大の仕事は、人材を鍛え、次に政権に就いたときに実行すべき政策を練ることだ。

その作業を、自民党は怠っていたと言われても仕方がない。

遠からず行われる解散・総選挙に向けて、安倍氏に三つのことを求めたい。

第一に、社会保障と税の一体改革の実行を野田首相と再確認する。早期解散を求めて対決するだけではなく、

社会保障をめぐる国民会議の設置など、譲るべきは譲ることも必要だ。

第二に、外交・安全保障をはじめ、公約を現実味のあるものに練り直すことだ。

総選挙で投票権をもつのは自民党員だけではない。前回の首相在任中に靖国参拝を控えたように、君子豹変

(ひょうへん)の勇気をもつことが肝要である。

第三に、民主、公明との3党で、衆参の多数派がねじれても国会を動かせるルールづくりで合意することだ。

政権奪還をめざす自民党にとっても、そのメリットは大きいはずだ。




人気ブログランキングへ 

2012年9月27日(木)付:http://www.asahi.com/paper/editorial20120927.html
※前(★1:9/27(木) 04:45:14):http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1348902154
http://gogono.net/archives/52011571.html


社説を読み終えて感じたことは、一体どこの国の新聞社の社説かと言う事だが、これが戦後レジュームなの

だとも思う!しかしながら安倍総裁は、まだ内閣総理大臣になっていないばかりか自民党自体も野党のまま

である。まして現内閣とて解散もせず総選挙もまだなのに是程までの叩き方には違和感を覚える。だが斜め

に見れば、左翼系の新聞社が是程批判するなら余程左派には都合の悪い自民党総裁だと言えるだろう!
0

睡魔  ブログ


昨日もパソコンに電源を入れて立ち上がるのを待っていたら何時の間にか寝てし

まった。何だかこの頃そうである。特に昨日は精神的に楽になる事例が職場で在

ったので尚更だが、安心が疲れを癒したのかも知れない!結局はその後に立ち上

げて少し作業をしたのだが、また寝るのが早くなった。秋の夜長も充分堪能して

いない!早く趣味を充実させて、のんびりとしてみたいものである。



クリックすると元のサイズで表示します


映画も好きなのでビデオプロジェクターも廉価な物が在れば欲しい!自宅ではフィルムも健在なので

映写設備の充実もさせたいものである。趣味は尽きないものである。
0




AutoPage最新お知らせ