「サンデーモーニング」が25周年  ニュース


【毎日新聞】TBS「サンデーモーニング」が25周年

その探偵(たんてい)ドラマは、僧侶(そうりょ)が寺の本堂に入ると国宝の仏像がなくなっているのに

気づく場面から始まるはずだった。ところが本番になったら小道具係のミスで仏像が置いてある。それで

も役者は意を決して台本通りセリフを言った。「ない!」−−

▲テレビ放送が開始された直後の半世紀以上前の話である。結局何がなくなったのか視聴者には分からぬ
まま盗難事件は進行し、めでたく「解決」して番組は終わったそうだ。当時はVTRがなく、ドラマも撮
り直しがきかない生放送だったから、こんな珍事が起きたとタレントの関口宏さんが著書「テレビ屋独白
(どくはく)」(文芸春秋)に書いている

▲歌番組でも時間が押して、お別れのスローなブルースがロックのようになってしまったことが
あったとか。だが、何が起こるか分からない「生(なま)」こそがテレビの本質だと関口さんはいう

▲最近はVTRのおかげでバラエティー番組も長時間録画し、テレビ局側が面白そうな場面を切り抜いて
つなぎ合わせる編集が可能になった。一方で視聴者の目も肥えて局側の演出を見抜き、ありがたがらなく
なったというのだ

▲関口さんが司会する日曜朝のTBS「サンデーモーニング」が今秋25周年を迎えた。無論、生放送。
流行にあらがうように「ジャーン」といった効果音を極力使わない淡々とした硬派の番組だが、高視聴率
を維持している

▲大した話でないのに「この後、衝撃的な事実が」とCM前に叫ぶような過剰(かじょう)演出はやめ、
「視聴者の想像力を活(い)かそう」が関口さんの提言だ。安易な演出は逆に支持されない時代。政治家
と有権者の関係も同じかもしれない。




人気ブログランキングへ 

毎日新聞:http://mainichi.jp/opinion/news/20121028k0000m070138000c.html
http://gogono.net/archives/52019374.html


たまに観る事の在るテレビ番組だが少なからず違和感を感じる番組でもある。コメンテーターの面々もそう

だが、全共闘運動の雰囲気と言おうか?あの時代の空気感をこの番組に感じる。つまり赤旗の目線から見た

番組で地味ながら主張は通しているのは別の意味で立派だろう!勿論皮肉だが、系列新聞社がそうで在るよ

うに海外報道でも常に中国側の目線なので、時にこれは何処の国の番組なのか?と思う事も屡である。

自虐史観満開の番組で、いつも花が咲いている。これは意外と危険な番組だと思うが如何なものか?

まるで左翼が井戸端会議をしているようだ。河野洋平氏が出ているだけでも解り易い番組だろう!
0

心意気  ブログ


コメディアンの北野武と石橋貴明が組んだテレビ番組が始まったようだが、その理由は

最近は何処のチャンネルを掛けても吉本芸人ばかりでウンザリするので此処で東京芸人

の心意気を見せようと言う事らしい!確かに指摘の通りバランスが悪い!是で質が高け

れば別に言うべき事も無いのだが残念な事にそれに及ばない!嘗て音楽家の近衛秀麿も

言っていたが、文化と言うのは地域性が在るので幾らコンセプトを再現しても思想迄は

完全に真似る事は出来ないので本質的には合わないらしい?だがこの意見には賛成だ!

何かしらの違和感は、それが原因だろう!だが現在は違和感以前に質の低下が著しい!

何でこんなにと思うが嘆かわしいものである。嘆かわしいと言えば日本の政治も然り!

「老兵は死なず。只消え去るのみ」と言ったのはマッカ―サ―だが、どうも是の意味は、

引退を意味するものではないらしい!マッカ―サ―は元帥だったが米軍の制度では元帥は

終身位であり引退が出来ない事を皮肉っている。その言葉が浮かんだのは他ならぬ石原

慎太郎氏が都知事を辞任し政界復帰への意気込を語った事によるが、その老兵でさえ動

かざるを得ない日本の政界は嘆かわしい!本当は石原氏のような政治家がより若い世代

にも欲しい処だが、保守層が見直されているのは喜ばしい事である。だが大阪の橋下氏

のような保守思想を単に利用している者も居るので注意が必要である。この人は風見鶏である。

しかしながら真っ当な方向に世論も動いている。それは自民党総裁に安倍氏が選ばれた

のも世論ならではであろう!逆説的だが民主党政権に於ける三年間は国民に国防意識を

目覚めさせ保守層への期待を増進させた。此処で日本の保守の心意気をしっかり見せて

欲しいものである。何故か日本のマスコミは保守層を右翼と危険視しているが都合の悪

い事でも在るのだろうか?そのようなマスコミこそ危険であると思うが?



クリックすると元のサイズで表示します
0

分断工作  ニュース


【国際】米国・アーミテージ元国務副長官「中国の狙いは日米関係の分断だ。」

アメリカのアーミテージ元国務副長官は、尖閣諸島の領有権問題で中国は

「日米関係にくさびを打ち込もうとしている」という考えを示しました。


アーミテージ元国務副長官:

「中国は、さまざまな理由から日米関係にくさびを打とうとしている。

そのようなことは米国のどの政権も許すはずがない」


来日中のアーミテージ氏は、アジア戦略をテーマにした討論会に出席し、有事の際には、

日米安全保障条約に基づいて日本を守ると強調しました。


また、一緒に出席したナイ元国防次官補は、尖閣諸島を巡る一連の問題で「アメリカは

中立的ではない」と日本を支持する考えを示しました。


公式な外交ルートではなく、ベテランの元政府高官を仲介役として派遣したことで、

オバマ政権はこれ以上の日中関係の悪化を防ぐ狙いがあるとみられます。




人気ブログランキングへ 

ANN News (10/27 11:49)
http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221027006.html
http://gogono.net/archives/52019264.html


だがイザとなると逃げるのもアメリカなのだが?実はこの問題で一番の鍵を握るのもアメリカである。

終戦後に占領していたのは全部日本の領土でしたよね!何故いつも此処で逃げる?どうして.......?

後だしジャンケンみたいな事ばかりしていないで、そろそろ公式見解でも述べて明確にしたらどう?
0




AutoPage最新お知らせ