俳優、大滝秀治さん死去  訃報


<訃報>大滝秀治さん87歳=俳優、舞台や映画で幅広く活躍

重厚な主役から個性的な脇役まで、舞台や映画に幅広く活躍した俳優で文化功労者の

大滝秀治(おおたき・ひでじ)さんが2日午後3時17分、肺扁平(へんぺい)上皮

がんのため東京都内の自宅で亡くなった。87歳。


通夜・葬儀は近親者で営んだ。喪主は妻純子(じゅんこ)さん。「大滝秀治 お別れの会」は

22日午後2時、東京都港区南青山の青山葬儀所。東京都生まれ。中学卒業後、陸軍に入り、

国外で終戦を迎えた。復員後、丸の内の連合国軍総司令部(GHQ)電話部勤務のかたわら、

帝国劇場で演劇の魅力にはまり1948年、民衆芸術劇場(第1次民芸)付属養成所に入所。

50年の滝沢修ら率いる劇団民芸創立に研究生として参加し、同年「風の吹く一幕」で初舞台

を踏んだ。70年、東京裁判を描いた木下順二作品の舞台「審判」で注目され、

以降、劇団の中心俳優となった。

 
あくの強い人物造形の一方で、ひょうひょうとしたユーモラスをたたえた演技で存在感を発揮、

幅広い役柄をこなした。民芸の舞台は、「巨匠」の老人役、「審判」の首席弁護人役(いずれも

木下順二作品)、「坐漁荘の人びと」の西園寺公望役、「浅草物語」の鈴木市之進役(いずれも

小幡欣治作品)など多数。その個性と存在感は、テレビドラマや映画、CMでも発揮された。

ドラマ「うちのホンカン」(75年、主演)や「特捜最前線」、映画「不毛地帯」

「あにいもうと」「お葬式」など代表作は多い。

 
80歳を過ぎてからもほぼ毎年、「どろんどろん」「らくだ」など民芸の舞台の主演を務め、円熟

の芸境を見せていた。「らくだ」の演技で文化庁芸術祭大賞など受賞多数。88年紫綬褒章、20

11年文化功労者。奈良岡朋子さんとともに劇団民芸代表。

 
12年4月20日、種田山頭火役で主演予定だった6月の民芸舞台「うしろ姿のしぐれてゆくか」

(宮本研作)を体調不良のため降板、病気療養中だった。11年の「帰還」(坂手洋二作)が最後

の舞台となった。また、現在公開中の高倉健さん主演「あなたへ」(降旗康男監督)

が映画では最後となった。【濱田元子】



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングへ 

毎日新聞 10月5日(金)13時17分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121005-00000052-mai-soci


年齢が年齢とは言え残念だ!下手なコメントは止めておこう!
0
タグ: 大滝秀治

サンデー毎日と安倍自民党総裁  ニュース


安倍総裁がFBでマスコミ攻勢 「サンデー毎日は捏造記事」と断じる

安倍総裁のフェイスブック利用が加速している自民党の安倍晋三総裁が、フェイスブックの活用を加速

している。日常の活動報告が頻繁に更新されるのはもちろん、マスコミ報道への反論も多い。いわゆる

「カツカレー問題」にも反論したほか、安倍内閣時代の原発対応を批判した記事を「まったくのデタラメ

捏造記事」とまで断じている。


カツカレーは「会場費込みの値段で参加した議員皆でワリカン」と説明

安倍事務所では、フェイスブックに公式ページを開設する以前から、週刊誌報道などについて厳しい批判

を展開してきたという経緯がある。この指摘の場がフェイスブックに移行した形だ。


2012年9月30日には、「3500円の豪華カレーを食べていた」とネット上で話題になっていた件について、

「会場費込みの値段で参加した議員皆でワリカンしたものです」

と事実関係を説明。この時は、騒動を報じた報道も踏まえた上で、


「今や、インターネットでマスコミの発言も精査され、このカツカレー論争等 ジョークの対象となります。

何れにせよ、カツカレーがゲンが良かったのも事実ですね」と受け流す余裕すらあった。

サンデー毎日を「まったくのデタラメ捏造記事」と非難だが、10月2日の書き込みは、

「ねつ造や間違った事実に基づく誹謗中傷には、黙っているわけにはいきません」と、調子が強くなった。

批判されているのは、「サンデー毎日」12年10月14日号に「『津波は大丈夫』の消せない大罪」と題して

掲載された記事。記事では、日本共産党の吉井英勝衆院議員が、安倍氏の首相在任中の06年12月13日に提出

した質問主意書を紹介。記事によると、主意書では、

「地震や津波で送電設備が倒壊すると外部電源が得られなくなり、非常用のディーゼル発電機やバッテリー

も動かなければ、原発の冷却機能が失われる恐れを指摘」したが、答弁書には「素っ気ない回答が並んだ」

結果、「津波に襲われた福島第1原発を『予言』するような指摘を、十分な調査をせずに『大丈夫だ』と受

け流したのだ」と、当時の政権を批判した。それに対して、安倍事務所のフェイスブックでは、

「吉井議員の質問主意書には『津波で外部電源が得られなくなる』との指摘はなく、さらにサンデー毎日が

吉井議員の質問に回答として引用した政府答弁書の回答部分は別の質問に対する回答部分であって、まった

くのデタラメ捏造記事という他ありません」などと記事を猛烈に批判した。


確かに当時の吉井議員の主意書では、地震で鉄塔が倒壊した結果外部電源が得られなくなるリスクが指摘さ

れているものの、「津波で外部電源が得られなくなる」との指摘はなく、津波については、「引き波」で海

からの取水ができなくなる可能性を指摘しているに過ぎない。確かに、主意書の紹介の仕方としては不適切

だと言えそうだ。


サンデー毎日は「正しい報道であったと認識しております」

また、安倍事務所は、「政府答弁書の回答部分は別の質問に対する回答部分」とも主張している。記事で

引用された回答部分は

「お尋ねの評価は行っておらず、原子炉の冷却ができない事態が生じないように安全確保に万全を期して

いる」というもの。これに対する主意書の質問部分は、

「焼損が発生した場合に、放射能汚染の規模がどのようなものになるのかをどう評価しているか」

となっており、記事では「核燃料棒が焼損した場合など想定される原発事故の詳細を説明するように求め

た」と書いている。主意書の「焼損」は、「核燃料の焼損」を意味しているため、この点については、

「全くのデタラメ」という批判は当たらなそうだ。なお、潟永秀一郎・サンデー毎日編集長は

「正しい報道であったと認識しております」とコメントしている。



人気ブログランキングへ 

元ソース:http://news.livedoor.com/article/detail/7012138/
http://gogono.net/archives/52012795.html


現在はネットの御蔭で本当に良い時代になったと思う!どんどん闇が明らかになる。
0

自業自得?  ニュース


韓国に空母を送り「海洋科学基地の撤去」を要求か―中国

韓国が実効支配している暗礁を取り戻す姿勢を中国が明確にした。9月23日、中国政府は無人航空機を利用

した遠隔海洋観視システムのデモンストレーションを実施。韓国各紙によると、中国はこの場で「蘇岩礁

(韓国名・離於島)を監視対象に含める」と明らかにした。


蘇岩礁は黄海の入り口の、中韓両国のEEZが重なる海域にある。韓国は、自国の方が近いという理由を

あげて2003年に一方的にこの暗礁の上に「海洋科学基地」を建設、実効支配に乗り出している。


これに反発する中国は「今後、中国が管轄する海域を海洋観視船と航空機で定期的に監視する」と宣言。

9月23日のデモンストレーションにより韓国人は「中国がいよいよ奪り返しに来る」との恐怖を抱いた。


2日後の9月25日には中国初の空母「遼寧」が就役、黄海ににらみを利かせ始めた。


韓国人の空母恐怖症は根深く、昨年この空母が試験公開した際には「韓国は軍事的にも米国・

中国と等距離であるべきだ」などという弱気の主張が新聞紙面を飾った。

朝鮮日報のユ・ヨンウォン軍事専門記者は9月25日付の記事「尖閣の次は離於島、中国が地域紛争化

の動き」で「中国は海洋科学基地の撤去を韓国に要求してくる」との専門家の意見を紹介している。


中国人がこれを読んだら「韓国人は竹島では『日本に苛められそうだから助けてくれ』と中国に泣きつ

いたくせに、釣魚島(尖閣諸島)では日本に味方して中国を非難し、反中連帯の音頭をとるのか」と怒

りだすに違いない。


しかし、日本の“良心派”も、もう韓国を助けられない。韓国の誤算は、9月26日の安倍晋三氏の自民党

総裁就任である。安倍氏は産経新聞のインタビューで「過去に自民党政権がやってきたことも含め、周辺

国への過度の配慮は結局、真の友好につながらなかった」と語っている。



人気ブログランキングへ 

元ソース 2012/10/2:http://business.nikkeibp.co.jp/article/report/20121002/237541/?P=3
http://gogono.net/archives/52012890.html


韓国の現在の立場としては今更日本には擦り寄れないだろうし、ましてはこのような事案で在れば更に

難しい!日本としても「昨日の今日」みたいな感覚なので御互いの国民感情が許すまい!自業自得か?
0




AutoPage最新お知らせ