ジャッキー・チェンと中国共産党  俳優


ジャッキー・チェン 「尖閣は中国」発言の裏にある深刻な理由

香港出身のハリウッドスター、ジャッキー・チェンさん(58)が、日中で領土問題になっている尖閣諸島

について「中国の領土である」と発言したことで、日本から「親日派と思っていたのに裏切られた」など

とジャッキーさんへのバッシングが起こっている。


ただし併せて、「北方領土4島は日本のもの」と語っているため、今や中国を代表するスターで、広告塔

でもあるジャッキーさんの苦しい胸の内を心配する人も出ている。 中国のニュースサイト「網易娯楽」

など複数のメディアが2012年10月2日に報じた記事によれば、ジャッキーさんは自身が監督し、出演100本

目となる新作映画「チャイニーズ・ゾディアック」のPRのため、ロケ地の1つとなった台湾を1日に訪れた。


ジャッキーさんの今回の役は、中国から奪われ流出したお宝を、世界各国を探し回り奪い返すというもの

だったため、記者から関連した質問として尖閣諸島についても聞かれ、


「歴史的にも釣魚島は中国のものであることは疑いようがありません。この問題を解決するためのイベント

を中国政府にお願いしたいですし、もし私がスーパーマンだとしたら、中国に釣魚島を引っぱってきます」

などと語った。 ただし、ジャッキーさんの発言はこれで終わらずに、ロシアの領土問題に触れ

「北方領土4島は日本のものであり、ウラジオストックは中国のものです。世界正義の下にロシアは返還

すべきなのです」と尖閣諸島問題に併せて語ったと報じられている。


日本ではこのジャッキーさんの発言に「裏切られた」などとネットが騒然となっている。

掲示板やブログには

「恩を仇で返すとはな。日本の興行がなかったら香港のスター止りだったくせにな」
「ジャッキーは完全に中共の宣伝屋になってんな。二度と日本に来るなゴミ野郎が」
「小学生のころ、マジで自分にとってのヒーローだったよ。さよならジャッキー」

などの書き込みが出ていて、掲示板「2ちゃんねる」でもスレッドが林立する「祭り」状態になっている。

なぜ親日派として知られていたジャッキーさんはこのような発言をしたのだろうか。12年10月4日付けの

「東京スポーツ」に解説が載っていて、日本人から大ブーイングが挙がる事は予想できたはずだが「深刻

な理由」があると書いている。それは、ジャッキーさんは中国の大物政治家の薄煕来氏の息子と親交があり、

薄氏は巨額の賄賂を受け取ったなどの罪に問われ12年4月に失脚した。そのためジャッキーさんもマーク

され、愛国の意思を示さなければ身の危険が迫る状況にある、と説明している。


もっとも、ジャッキーさんは10年の上海万博では、世界中に配信されたPRソングでメインを務めるなど、

中国の広告塔的な役割を果たしていて今や中国の顔の一人という存在だ。そんなジャッキーさんが「尖閣

諸島は日本のもの」と言うはずもなく、ネットで起こっているバッシングの嵐も「騒ぎすぎだ」と冷静な

人もいる。「釣魚島は中国のもの」と言った後に北方領土について触れたことがジャッキーさんの「誠意」

だとして 「北方領土に言及してるあたり自分の真意を察してくれっ、て感じだな」

「ジャッキーなりにかなり日本に気をつかったな」などといった意見もネットに出ている。



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングへ 

元ソース:http://www.j-cast.com/2012/10/03148798.html
http://gogono.net/archives/52012720.html


これって映画のPRの場なのに政治問題を聞く記者にも問題が在る。最近の芸能記者の低脳振りも解る

記事だが、ジャッキー・チェンの置かれた立場の難しさも垣間見れる。芸能人は、どのような場に於い

ても政治発言は避けるべきだ!実際、自身の見解を述べるにも場違いだろう!しかし相当、中国共産党

に気を使っている発言だとも言えるだろう!北方領土発言は勿論、日本のファンに対する配慮だと思う!
0

資本主義と個人主義  ニュース


「レアアースとチャイナリスク」

中国の“世論”が日本に対する経済制裁措置としてレアアース(希土類)の輸出規制に乗り出すよう政府

に迫っている。中国メディアは、2010年9月の中国漁船衝突事件後の輸出規制で日本の産業界が右往

左往した経緯を挙げ、あおっている。(フジサンケイビジネスアイ)

 
だが、ことレアアースに関して輸出規制に踏み出せるかどうか微妙な情勢だ。

状況が2年前とは一変しているからだ。

 
安価な中国産レアアースに頼り切っていた日本の産業界だったが、2年前のチャイナリスクへの反省から

足腰を鍛えた。対中依存度を引き下げようと日本企業は、レアアースを使わない製品やレアアースのリサ

イクル技術を続々と開発した。この結果、中国の対日レアアース輸出量は11年に前年比34%減となり、

今年も大幅な減少傾向にある。日本企業も「やればできる」ことを証明した。しかもオーストラリアなど

からの供給が本格化し、中国産の需要はますます減っている。

 
中国は今年のレアアース輸出枠を昨年比横ばいの3万966トンに設定したが、業界関係者は「輸出量は

枠に達しない可能性もある」とみる。欧州債務危機を背景に欧米への輸出が振るわず、中国の今年上期の

レアアース輸出総量は43%も減少した。中国のレアアース業界は軒並み大幅に減益している。輸出不振

に加え、国内での過剰生産と在庫増大による

レアアースの価格下落も、中国にとっては大きな“誤算”だった。

 
新華社電によると、レアアースの主要産地の一つである江西省では9月、省エネ車の高性能モーターなど

の製造に欠かせない酸化ジスプロシウムの価格が1トン当たり300万元(約3720万円)と、昨年の

ピーク時に比べて3分の1に急落。強力磁石の原料となる酸化ネオジムも今年3月につけた1トン=58

万元をピークに、9月は36万元まで38%近く下落している。

 
中国国内の業者は在庫を解消しようと、減産や生産停止に追い込まれている。山西省の大手ネオジム磁石

メーカーの場合、工場の稼働率はピーク時の6割減という。 業界関係者によると、中国の業者は「日本

企業にもっとレアアースを調達してもらいたい」などと取引拡大を懇願してきているという。



人気ブログランキングへ 

産経新聞:http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121005/biz12100507100003-n2.htm
http://gogono.net/archives/52013263.html


個人主義の総意が中国共産党の政治だと言うのが、よく解る記事だと思う!それと工業に関しても

生産調整からは無縁のたくさん在れば、どうにか成る程度のもので、とても時代感覚がズレている。

結局、文化大革命の頃と考えが変わらないのかな?政府のリサーチ不足が結局は衰退を招いている。

それとチャイナリスクには今回の暴動で更に懲りた日本企業も多いので益々衰退は止まらないだろう!
0

尖閣に於ける中国の矛盾と沖縄の民意  ニュース


【尖閣】日本政府、中国側の矛盾を追及へ

政府は、沖縄県・尖閣諸島の領有権問題で中国が、1970年代初めまで日本に一度も

抗議していなかったことを「中国側主張の最大の矛盾点」(政府筋)と位置付け、過去

の中国共産党機関紙「人民日報」の記事を論拠に追及していく方針を固めた。外務省

関係者が4日明らかにした。

 
中国側の「われわれは長期にわたり釣魚島(尖閣諸島の中国名)の主権を守るために断固

闘ってきた」(国務院新聞弁公室)との主張を崩し、国際社会の支持を広げる狙い。各国

の首脳や外相との会談で積極的に言及するほか、インターネットを通じた発信を強化する

など海外世論への浸透を急ぐ。



ソース(共同通信):http://www.47news.jp/CN/201210/CN2012100401001981.html
http://gogono.net/archives/52013091.html


その一方!


中国の学者 「沖縄の主権は中国に属する」と叫び始めている

漁船激突事故に端を発する尖閣諸島問題だが、危ないのは尖閣諸島だけではない。中国は

「沖縄も日本に不法占領されている」とまでいい出したのだ。


9月19日、中国大手紙『環球時報』が、「沖縄は日本の領土ではないのだから、日本は釣魚島

(尖閣諸島の中国名)について中国と対話する資格はない」、との論文を掲載した。

筆者は、在日中国大使館勤務経験がある商務省の研究者、唐淳風氏である。

いわく、「中華琉球王国」(沖縄のこと)は一貫して中国の属国だった。明治政府が不法に侵略・

占領したが、 現在の日本には沖縄の主権はなく、米国から行政管理権が認められているだけ。

しかも、「沖縄では住民の75%が日本からの独立を望んでいる」というのだ。


これについて、中国情勢に詳しい宮崎正弘氏は、「かつて琉球は中国だけでなく薩摩藩にも朝貢

していたし、現在の沖縄に独立派はほぼ皆無。完全なでっちあげ」と一蹴。その一方で、論文の

意図をこう分析した。

「中国は沖縄を独立させようとしているのです。そうして沖縄と安全保障条約を結び、自軍を駐屯

させると。今までもチベット人やウイグル人の土地を、そのやり方で奪ってきましたから」

声高に叫んで無理を通すのは中国の常套手段。昨年12月には歴史研究者らがシンポジウムの席で

「琉球処分にも沖縄返還にも国際法上の根拠はない」との主張を展開、中国社会科学院日本研究所

の学者・呉懐中氏は「沖縄の主権は中国に属する」とまで断言している(新華社8月20日付)。


まだ一部の意見とはいえ、中国においては、こうした学者の発言は、政府の意向を受けたものである

ことが多い。 彼らは、日本の反応を注意深く見ているのだ。



人気ブログランキングへ 

元ソース:2010.10.03 17:00:http://www.news-postseven.com/archives/20101003_2276.html
http://gogono.net/archives/52013126.html


此処で気をつけて貰いたいのは、朝貢国と属国の違いである。つまり属国でも無いのに「沖縄の主権は

中国に属する」とするのは幾らなんでも言い過ぎだろう!しかしながら一番知りたいのは沖縄の人の本

当の民意である。「沖縄では住民の75%が日本からの独立を望んでいる」と言うのは本当なのだろうか?

その沖縄自体にも疑問が在る。普天間にしてもそうだが、何故元々住民が住んでいない基地周辺に住居

が建ち発展したのか?その根源を地元民に説明してほしいものだ!しかしながら目の前の中国船を見な

がら米軍基地の撤退を願う住民は、本当にどれだけ居るのか?勿論それは市民団体に先導されない住民

の意見なのだが、沖縄の本当の民意を知りたい!このまま中国に占領されても良いのだろうか?
0




AutoPage最新お知らせ