沖縄知事への不信感  ニュース


「多額の交付金流入が判明…仲井真知事に公開質問状」

オスプレイ配備や基地問題、尖閣問題などで揺れる沖縄で、中国や韓国とタイアップした芸能イベント

が立て続けに開催されている。これらのイベントには、今年度から始まった制度による多額の交付金が

流れていることが判明。 不明瞭でしかも“親韓・親中”の交付金選定をめぐって、県民が仲井真弘多

知事(73)に公開質問状を突きつける事態に発展している。


「民間主催のイベントに国から交付金が割り振られ、笑いの止まらないビジネスになっている。しかも

緊張関係にある中国や韓国が主催かと思うようなイベントに、なぜ国民の血税が使われるのか?と疑問

が湧くほど交付基準がめちゃくちゃ」と憤るのは放送関係者だ。

 
長年、基地負担を強いられている沖縄には、今年度から沖縄振興特別交付金制度が導入された。この制

度は、県の裁量で用途が自由に決められ、沖縄の自立的発展を促すもの。今年度は803億円が予算化

されている。 「観光リゾート地の形成」名目で新制度の恩恵にあずかっているのが、沖縄で開催される

芸能イベントだ。「ミス・インターナショナル世界大会in沖縄」(1〜21日)、「ユニバーサルミュ

ージック SIGMA FES」(8日)、「K―POPパラダイス」(17〜18日)、「琉球アジア

コレクションwith東京ガールズコレクション」(11月24日)など。県によると各1000万〜

3000万円が交付された。

 
気になるのは、中国や韓国との関係だ。「ミス・インターナショナル」は日中共催、「ユニバーサル――」

は韓国のKARAが出演し、「K―POP――」は、韓国大手テレビ局SBSの主催。「琉球アジア――」

も「K―POP――」とコラボしている。


「日本のテレビ局やAKB関連のイベントには交付金申請が受理されなかったのに、韓国や中国とのイベン

トは受理された。 『K―POP――』は仲井真知事との関係が深い沖縄コンベンションビューロー会長の

関連会社との共催。入札ではなく随意契約で、基準が明確ではない。一部の人間に利用されている疑いがあ

る」県観光振興課は「(交付金の審査には)県外と県内の有識者を集め、審査委員会を設け誘客効果がある

ものを採択した。(韓国、中国とのイベントを)優先したことはありません。審査委員会が採択したのは

(日中、日韓関係が緊迫する)前でした」と説明する。


「『ユニバーサル――』のイベントはチケットが売れておらず、県内の携帯電話会社が6000人招待の

加入者キャンペーンをやっている。しかもキャンペーンのバックは韓国のサムスンといわれている」

(現地事情通)

 
このため、県民有志は、仲井真知事や内閣府などに公開質問状を出したが、期限までに回答は得られなか

ったという。県側は本紙に交付金額の明示はしたものの、審査委員会のメンバーについては非公表とし、

疑念は残ったままだ。(終わり)



人気ブログランキングへ 

ソース:http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/46100/
http://blog.livedoor.jp/gotagotashita/archives/50372748.html


実は以前から沖縄の仲井真知事には不信感を持っていた。もしやこの人は反米思想なのかと?だからそれは

沖縄の民意なのかとも思ったが、最近の沖縄を見ていると特に変な状態が続き、こんな事態になっても自衛

隊さえ否定しているのも実は親中、親韓の知事なのだろう!なんか今までの疑問が解決したような記事だ!

仲井真知事も実は危ない!中国に沖縄を受け渡す気満々である。沖縄県民は不運だ!やはり沖縄の民意は、

左翼団体によって本当の真意が隠されていた。いつも報道に違和感を感じるのもそれが理由か?
0

秋の夜長  ブログ


最近は、すっかり涼しくなり秋らしくなったが秋の夜長は私のような音楽好きは、やはりレコードである。

聴くのは殆どクラシックだが季節柄、ブラ―ムスやワ―グナーがよく似合う!それに古いモダンジャズも

良い!しかしながら実情は余り聴いていない!それだけじっくりと聴く時間が取れないのだが、その理由

は単に 起きていられないだけである。それでもCD位は聴くのだがCDの場合はどうも、ながら族的な

聴き方となるのでBGMとして流している感覚で音楽を聴いている感じかしない!音楽を聴くのは何故か

レコードの方がしっくりとくる。音楽ファンが全部そうだとは言わないが違いはやはりある。思えば質感

なのかな?早いものでぼやぼやしてたら年末も近い!日本の年末と言えば「紅白」と「第九」だろうか?

少し前なら「忠臣蔵」なのだろうが、たまに今でもやるものは全く観る気がしない!だから過去の作品が

良いのだが、それも現代に敢えて作るのなら講談調演出等、いい加減にやめて実録風の検証を交えた踏み

込んだ作品を制作してほしい!それなら役者でもない大手芸能事務所のタレントでも我慢が出来る。まあ

それでも限度は在るが?やはり本物の役者が必要かな?テレビ局が制作に関わった映画も碌なものが無い!

「忠臣蔵」で目下の処推薦出来るのは、もし完全版が在ればの条件付きで日活の1938年作品が素晴らしい!



人気ブログランキングへ 


さて音楽の方はワ―グナーの「ニ―ベルングの指環」でもぼちぼち聴いてみよう!


クリックすると元のサイズで表示します
0




AutoPage最新お知らせ