日教組の思惑  ブログ


「がんばれ! ゆとり世代」

ちょっと楽しみな仕事がある。週に1、2回、学生たちが編集局にやってくる。産経新聞の僚紙

「SANKEI EXPRESS」(通称EX)で毎週火曜日付に掲載している


「キャンパス新聞」の打ち合わせだ。「君たちに2ページあげます」と銘打ち、学生記者たちに

自由に記事を書いてもらうという紙面である。

 
どうやって取材すればいいのか、どんなふうに原稿を書けばいいのか。あれやこれやと相談に乗り、

アドバイスする。普段、女子大生なんかと話す機会などまったくない編集局のオジサンたちに大い

にうらやましがられている。

 
そんな学生たちが、言い訳のようによく口にする言葉がある。「ぼくたちはゆとり世代ですから…」

「円周率は『3』ですよ」「1等賞のない運動会で、手をつないでゴールしたんです」

 
平成14、15年度から導入された「ゆとり教育」を受けた彼らは、自分たちを“落ちこぼれ世代”

だと思い込んでいるのだ。同情を禁じ得ないところもある。ゆとり教育で学生の学力が低下したとの

声が上がり、国は20年度に学習指導要領を改定、「脱ゆとり」にかじを切った。

「ゆとり教育は失敗だった」と認めたわけだ。

 
「僕たちは大人の実験台にされた」。彼らが怒るのも無理はない。でも、言い訳にはしてほしくない

し、君たちは落ちこぼれ世代なんかじゃない。

かくいう私は、浮かれた“バブル世代”である。当時の自分に比べ、君たちははるかに優秀だ。

 
ある学生が、自民党総裁選への出馬が取り沙汰されていた元首相の安倍晋三氏にかけ合い、学生との

「居酒屋座談会」を開くことになったので掲載してほしいと言ってきた。

教育基本法改正を実現し、ゆとり教育の誤りを正した安倍氏に、彼らは大いに期待しているのだという。

出馬表明前の9月上旬に行われた座談会で彼らは鋭く切り込み、

「命懸けでやる」と、出馬宣言を引き出した。

 
「自分たちゆとり世代が、これからの日本を担っていかないといけない」。座談会に参加した学生は、

記事にこう書いた。彼らのバイタリティーと自覚に脱帽した。



人気ブログランキングへ 

産経新聞:http://sankei.jp.msn.com/life/news/121011/edc12101107300000-n2.htm
http://gogono.net/archives/52014912.html


結局、日教組がやってきた事ってこれなんだよね?結果は想像してみてね!

その世代が気が付いてくれただけマシかな?
0
タグ: 日教組

そろそろ終焉?  ニュース


【政治】民主党、すべてに逃げまくり 解散は絶対イヤ、復興予算審議も国会開催もパス

民主・自民のダブル党首選から約2週間が経っても、いまだに党首会談すら開かれず、秋の臨時国会開会の

メドがたたない状況が続いている。野党は早期解散の確約と引き換えに、12年度予算の財源となる赤字国債

の発行に必要な公債発行特例法案の審議に応じる方針だ。だが、一度国会を開けば解散に追い込まれかねな

いことから、民主党は開会を引き伸ばしたい姿勢を隠していない。


自民党と公明党は、予算編成の時期などを根拠に、 「近いうち解散、これは常識的に考えれば年内。

(投開票日)12月9日がデッドライン」(自民・石破茂幹事長)「それまでに(投開票を)やってしまわな

いと、来年の予算や税制やそのほかどんどんどんどん遅れをとって、結局迷惑は国民にかけるということに

なる」(公明・山口那津男代表)と、「12月9日投開票」で足並みを揃えている。


憲法の規定では、衆院解散から40日以内に総選挙を行うことになっている。逆算すると、10月末には解散し

なければならないことになる。解散の確約と引き換えに、臨時国会で公債発行特例法案の審議に応じる考え

だ。逆の見方をすれば、臨時国会が開かれなければ、法案の審議は13年の通常国会に先送りされ、

予算執行が遅れるということになる。


民主党がこれを逆手に取る形で打ち出したのが、政党交付金の申請見送りだ。具体的には、年4回支給され

る政党交付金のうち、10月支給分の申請を当面見送る。予算執行のメドが立たないなか、少しでも節約を

アピールしたい考えだ。安住淳幹事長代行は、2012年10月9日、

「あとは、それぞれ野党の皆さんにお考えいただければと思うが、やはり国会で特例公債法案が成立して

いない状況を勘案して、ぜひ賢明な判断をしていただければと思っている」と野党に揺さぶりをかけた。

これに対して、自民党の石破幹事長は、「特例公債法案などというものはきちんと条件を整えれば通るも

のであって、通らなかった場合にどうなのか、という前提をおいて物事を決するべきだとは思っていない」

と、法案が通過しないことを野党に責任転嫁したことに不快感を示している。


「被災地と関係ない用途に使用されている」として問題視されている復興予算の審議にも、民主党は消極

的だ。自民党は10月9日、衆院決算行政監視委員会の小委員会の幹事会を開き、民主党に復興予算について

の審議を提案しようとしたが、民主党は欠席。新藤義孝小委員長(自民)が、小委員会を10月11日に開くこ

とを職権で決めたが、民主党が小委員会を欠席すれば定数を満たさないため、

開会できるかどうか微妙な情勢だ。


輿石東幹事長は、「まだ委員会理事を決めていない」「政権与党としての責任もあるので、小委員会を何

のために開くのか、テーマは何なのか、ということもきちんと精査しなければいけない」などと釈明した。


10月11日に「あいさつ」として初めて民主・自民の首脳同士が初めて顔合わせをするが、

臨時国会開催の地ならしに必要な党首会談の日程は未定のままだ。 (おしまい)



人気ブログランキングへ 

ソース ジェイキャストニュース
http://www.j-cast.com/2012/10/10149653.html?p=all
過去スレ ★1 2012/10/11(木) 00:30:20.09
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1349883020/


これでよく政府に対するクーデターやテロが起こらないのが不思議だが、今まで民主党がやって来た政治

そのものが正しく政治テロみたいなものだから土壇場に来て頭々追い詰められた感じだろうか?党として

の結末も既に警戒している雰囲気も満開だが、野党である自民党の存在も安倍新総裁に代わってからは、

当然、前総裁の谷垣氏のようには行かないので尚更か?経団連の姿勢の変化を見ても敗北は明らかだろう!

自民党も体制を変えて公明党と手を切ってくれれば最高なのだが?自民党も問題だらけだけどね?

素人には懲りた。今の国民感情は、そんな感じかな?それで維新?国民も学びましょう!
0

論理破綻?  トピックス


改正著作権法で違法になった「リッピング」とは?〈週刊朝日〉
dot. 10月9日(火)16時31分配信
 
インターネットで動画や音楽をダウンロードしただけで、2年以下の懲役や200万円以下の罰金を科される

恐れがある改正著作権法が、10月1日に施行された。どのような行為が罪に問われるのだろうか。

著作権法に詳しい金井重彦弁護士が解説する。

「無償で放映されたテレビ番組や楽曲を録画・録音するだけなら大丈夫ですが、すでにCDやDVDとして販売

されていたり、有料でインターネット配信されたりしている楽曲や映画、テレビドラマをダウンロードした

場合は罰則の対象となります。動画などが、違法にアップロードされたものだと知っていたことに加え、

被害を受けた側が被害を訴え出ることも条件となります」
 
今回の改正には、もう一つ大きな柱がある。「リッピング」と呼ばれる行為の違法化だ。

 
リッピングとは、DVDや一部のCDに付けられている「コピーガード」という複製を防ぐ機能を解除して、

動画や楽曲のデジタルデータをパソコンに取り込む行為のことだ。

これまで著作権法では、個人的に楽しむ場合であればこうした行為は認められており、ネット上ではコピー

ガードを解除するための無償ソフトも提供されている。
 

それが今回の改正では私的複製の範囲外とされ、罰則こそ科されないものの、違法な行為とされた。
 
なぜこうした行為まで規制されたのだろう。

「リッピングによってDVDなどから取り出されたデジタルデータは、動画サイトにアップロードする際にも

使われます。違法アップロードにつながるリッピングを違法化することで、違法アップロードを防止する

ことができるのです」(文化庁著作権課)

 
現実の世界だけではなく、自由な空間とされたネットも、徐々に息苦しさを増しているようだ。



※週刊朝日 2012年10月19日号
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20121009-00000013-sasahi-ent
http://gogono.net/archives/52014839.html


その一方、こんな新製品が!


「サンコー、アナログレコードやカセットテープをMP3に変換できるプレーヤーを発売」


クリックすると元のサイズで表示します


サンコーは、アナログレコードやカセットテープをデジタルデータにできる「スタンドアローン版

アナログレコードとカセットテープをMP3に変換するプレーヤー」を発売する。

同社直販サイトの価格は7980円。


PCや編集ソフトを使わずにアナログレコードやカセットテープの音源をMP3に変換し、USBメモリや

32GバイトまでのSDHCカードに保存できるというもの。レコードやテープの再生はもちろん、

変換・保存したメディアからの音源再生も可能だ。



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングへ 

元ソース:http://www.itmedia.co.jp/lifestyle/articles/1210/09/news142.html
参考ソース:http://gogono.net/archives/52014865.html


改正著作権法は、もしや論理破綻では?と既に指摘をされているが、その一方、ネットからのダウンロード

では無いもののアナログ・レコードやカセット・テープからのデジタルデータ化する為の周辺機器って健在

何だよね?まあこれは私的な使用目的が在るんだけど結局ネットからのダウンロードも私用目的なのは同様

だから「ん?」って事に成らないのかな?大体変な法案は殆どがメディアに無縁な素人で或る程度の年齢の

政治家が碌に調べもせずに決めるので所謂老害法案と言っても過言でも無いだろうが、知識の在る若手や中

堅議員さんも居る筈なのに、その事案に対して意見すら述べられないのが現状だろうか?素人が専門分野に

論理破綻を起こすのは当たり前の現象だが、逆に知っててやっているとしたら「別の思惑も在るのかな?」

と疑ってみる必要も在るかも?結局、自身のブログでは動画を掲載するのを自粛しているが、正直それで

「you-tube」とか「ニコニコ動画」みたいな動画サイトすら見なくなったユーザーも居そう?これではCD

やDVDの売り上げに貢献する処か文化の衰退を招く危険性の方を心配した方が良いのかも知れない!嘗て

旧ソ連時代にメロディアを言う国策会社が存在したが文化を国が統制するようになったら終わりだ!文化大

革命が全盛の頃の中華人民共和国は、どんな感じだったか回想してみたら見えるものは無いだろうか?その

中国からは日本が右翼化しているとの指摘も在るが、こんな法案が罷り通る日本は寧ろ完全な社会主義化に

舵を進めているようでもある。元々どちらかと言えば全体主義の傾向が在る日本には危険が一杯である。
0




AutoPage最新お知らせ