今年の紅白  テレビ


NHK 「紅白の目玉アーティストが決まらないの(´;ω;`)」

年末に向けて、いよいよ音楽シーンが目まぐるしく動きだしてきた。とりわけ、大みそかのNHK

『紅白歌合戦』は、出場歌手の選考が大詰めを迎えつつある。

 
その中で1つの重要なポイントとして挙げられるのは、日韓関係の悪化により、昨年猛威を振るった

K-POP勢が今年は肩身の狭い思いをしていることだろう。

 
昨年はKARA、少女時代、東方神起の3組が出場したが、音楽関係者いわく「今年は絶望的。国民感情

に配慮して、韓国枠ゼロが濃厚だ」。これに、“お家騒動”渦中の演歌歌手・小林幸子がタナボタを

狙っているといわれているが「こちらのほうが、もっと絶望的。紅白の選考にも絶大な力を持つ芸能

界の重鎮が、小林の出場を許さない」(同)という。

 
となると、今年の目玉は誰になるのか? 一部では今年でデビュー40周年を迎えたロック歌手の矢沢

永吉の名前が挙がっている。これに同局関係者は「確かに矢沢さんにはオファーは出していると思います。

しかし、3年前にも出場しており、サプライズという点ではインパクトが足りない」。

 
そんななか急浮上しているのが、これまで何度も出演を固辞してきたシンガーソングライターの山下達郎

だ。山下は先月26日に、ソロデビュー35周年を記念した初のオールタイムベストアルバム『OPUS〜ALL 

TIME BEST 1975-2012〜』を発売。初週で27.6万枚を売り上げた。NHKとしては何がなんでも出てほしい

“大物”だが……。


「これまでも何度もオファーは出しているのですが、いい返事が返ってきたことはない。NHKと確執? 

いえいえ、そういうわけではなく、単に『大みそかは家でゆっくり休むもの』と決めているのだそうです。

妻の竹内まりやさんも、同様の理由でいつも断られています」(紅白関係者)

 
しかし目玉不在のなか、NHKも「今年こそ!」の思いが強い。中堅レコード会社幹部は「先日ラジオで

初共演した吉田拓郎さんと“セット出演”させて『いまこそ日本のフォークソングだ!』というノリに

したいそうです。その熱意が伝わればいいのですがね」。仮に山下と吉田の“W出演”が実現すれば、

これ以上の目玉はない。一度でいいから見てみたいものだが……。



人気ブログランキングへ 

http://www.cyzo.com/2012/10/post_11662.html
引用元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1350259114/
http://fxya.blog129.fc2.com/blog-entry-5532.html#more


無くても良いとは毎回思いながらも無いと寂しい番組かな?とは言え局自体の体制は最悪だ!
0
タグ: 紅白歌合戦

日々つれづれに...  ブログ


急に寒くなった感じが在るが、既に地方によっては初冠雪の便りも在るので当たり前か?

これは札幌の話だが、平野部もそろそろらしい!季節は秋どっぷりだが、もう冬も近い

雰囲気も漂う!中国の失業率が上がりそうだ!その原因は例の暴動だが中国政府も日本

人へのビザの規制やら初めているのだから尚更か?これは単に日本企業が人件費の問題

だけに中国へ進出した誤算なのだが当然そのツケとして中国経済にも影響してしまった。

ツケと言えば改正著作権法以来、すっかり動画サイトを観る事が無くなってしまった。

そんな訳で、こちらのブログにも動画を掲載する事さえ無いのだが案外そんなユーザー

も多いのでは無いだろうか?法改正による効果は、まだ表れてはいない!しかしながら

結果次第によっては誤算に気が付くのかも知れない!私の趣味は一応、音楽鑑賞と言う

事にしてるのだが聴くのは殆どアナログ・レコードなので関係ないのかも知れない!

買うCDもクラシックやジャズばかりである。つまりジャスラックへの貢献度も極めて

低いのだがアナログ・レコードばかり聴いている人は案外そんなものだと思う?それと

観るDVDは旧作の映画ばかりである。たまにこちらのブログでも紹介する事も在るが

フィルムを映写機に掛けて映画を観る事もある。そんな時はやっぱり映画はスクリーン

で観るべきだなと実感するが、そのフィルムもネット・オ―クションを注意深くチェック

してると割と入手出来る。最近は疎かなのだが機材の改善も 今更ながらする予定である。

再就職をしてから半年が過ぎた。経済的にも年内中には元に戻りそうなので早く

趣味も含め挽回したいものである。やはり心の潤いは必要である。



クリックすると元のサイズで表示します
人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ