執着  ブログ


29日の野田首相の所信表明演説は如何にも未練たらしいものだった。既に国民に対する配慮等は無く、

只政権に執着している事を表明しただけだった。あの政権交代選挙は民意を利用して権力を得る為の

手段でマニフェストは理想論に過ぎなかったが国民も実現に関しては半信半疑だったと思う!


輿石幹事長が民主党が政権を維持しなければ日本は良くならないと発言していた。安住幹事長代行も

三年間の成果を唱えているが少なくとも日本の国民は成果処か減退を実感しただろう!寧ろ民主党が

政権を得た事で成果を感じたのは隣国である中国や南北朝鮮なのは明白だろう!あの大震災後も自国

を蔑ろにしているので尚更だが政策も日本国民に向けたものではない!法案も然りで日本人を束縛

するものばかりである。当初に注目を浴びた事業仕分けも結局は悪い結果しか残さなかった。


その要因としてはリサーチの不足による無計画な実行であると言えるが実際此処まで考えてやって

いたかも不明だ。それはその後の無駄遣いを見ても明らかだろう!


これからの日本はどうなるだろう!民主党政府は内政も外交も破壊した。成果が在ると

すれば民主党側で政府の実積でもある。国民の為ではない!悲しいものだ!

隣国は日本が右翼化していると批判しているが、ちゃんちゃら可笑しい!




人気ブログランキングへ
0




AutoPage最新お知らせ