劣化  ブログ



人気ブログランキングへ 



早朝から昭和歌謡の番組が流れていたので観てるが良いものである。それは歌のテンポはどうであれ

時間がゆったり流れて行く感じが良い。よく古い曲は鈍臭いと思われる印象も在るが、実は呼吸の深

さに違いが在る。そんな事を感じた。正月恒例の演芸番組を今年は観ていない。その業界も劣化を感

じてしまう。やっぱり何処を見ても吉本芸人ばかりでは騒がしい。だけど他の事務所の芸人とて面白

くないのは致命的だ。話を変えよう。新聞の見出しに中国軍が戦闘体制完了と在った。この国も切羽

詰まっているようだ。それは韓国同様、国内経済に陰りが見られるからだ。最早反日デモ処ではない。

そんな事をしたら反政府デモになってしまう。だから両国とて昨年の安倍総理の靖国参拝関連デモは

規模が小さかった。寧ろ反政府デモが肥大化したのは韓国だ。韓国国民も何かに気がついたようだ。


さて米国国務省が安倍総理に対する「失望した」とするコメントを発表したことについては、靖国参拝

そのものではなくて、近隣諸国と関係悪化に懸念を表明したと何だか言い訳みたいな事を述べていた。

更に「失望」と言う表現については、米国の一部の有識者から「戦没者の追悼方法を他の国がとやかく

言うべきではない」という指摘が上がっていた。そこで改めて同盟国としての日本との友好関係には

変わりがないと強調していた。だがこれとて後の祭りだ。やはり米国も劣化しているとしか言いよう

がない。日米同盟も米国主導とは言え、当事国が否定的では話が始まらないのだ。そんな処だろうか?

大島優子さんがAKB48を卒業する。役者としての含蓄は子役時代の経験が在るので期待したい。



クリックすると元のサイズで表示します

http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1388465786/
http://military38.com/archives/35322895.html

0

賀正  ブログ



人気ブログランキングへ 



結局、大晦日は「第九」は聴かず、同じくベートーヴェンの劇音楽である「エグモント」を聴いていた。

エグモントとは、オランダ独立運動の英雄なのだが、何だか久しぶりに感動した。さて話は変わるが、

本日は初仕事である。何も正月からとも思うが、それとて現実なのだ。因みに休みは1週間後である。

昨年の紅白は当たらず障らずで無難な印象だった。だがそれも良い。どうせ酒の肴で観る番組なのだ。

そこで意外だったのは、壇蜜さんが日舞の師範なのが解った事。それと私が推するMIWAちゃんが

出てた事だろうか?だが飲みながら見てても今回はつまらなかった。ももクロは相変わらずだったが

AKB48関連の劣化は今年ばかりは流石に「もう終わったな?」と感じた事である。これは限界だ。

昨年末に残念だったのは、元はっぴいえんどの大瀧詠一さんが逝去された事だ。享年は65歳である。

それを知ったのは、トニー谷さんが逝去した時に自身のラジオ番組で組んだセレクションを聴いてる

時だった。それは嘗てFMで放送していたものを録音したものだった。古い話だ。大瀧さんならでは

の含蓄に満ちた語りは興味深く、なかなかの聴きものだった。元旦早々もロクなニュースがない。

今年一年は、どんな歳になるのだろうか?

0
タグ: 第九 壇蜜 大瀧詠一




AutoPage最新お知らせ