オリジナルとは....  ブログ



人気ブログランキングへ 



昨日は休日だったのだが、意外に所用でバタバタしており、落ち着いたのは午後も4時を過ぎてから

だった。それでも自室の趣味関連の環境は以前から気になっていたので改善したのだが、それ以上

の事は出来なかった。北海道は寒い。だから所用で外出するのも面倒である。しかしながら幸いな

事に私の趣味はインドアだ。つまり逆説だが好都合なのだ。唐突だが、久々に「タイタンの戦い」の

オリジナルを観た。そこで感じた事は以前にも述べているのでやめておくが、元を知っている人には

リメイクは余程の事がないと評価の対象には、ならないだろう。基準とは、そう言うものなのだ。

その点では「スター・ウォーズ」旧3部作の特別篇が、何故評判が悪いかが理解出来るだろう。



クリックすると元のサイズで表示します



それだけ最初に観た印象は刷り込みになるものである。「未知との遭遇」もそうだ。そんな感じなの

でオリジナル尊重主義は、どの分野にも存在する訳である。私の好きなレコードにもオリジナル盤

尊重主義の人も居る。しかしオリジナル全ての品質が良い訳でもない。これはコレクターの自己満

足である。だが本当に素晴らしいものには降参をするしかないのも事実で、正直そこが難しい。

これは技術面からの評価である。とは言え本当に良い物に出会うと癖になるのも事実だ。


だからオリジナル尊重主義なるものが出来上がる。だが、これとて所詮感覚の問題なのだ。

早い話が本人が納得すれば良いだけだ。まだまだ欲しい物は在る。誠に趣味は尽きない。

0




AutoPage最新お知らせ