北海道の冬と巷の事。  ブログ



人気ブログランキングへ 



どうも冬になると所用で外出するのも面倒だ。だから休日位は家に居たいので、趣味関連のものなら

ネット・オークションでも充分である。それだけ世の中は多様化しているのだ。昨年は在ろう事か1円

オークションなるものを初めて体験した。信じられない事だが、良品が1円で入手出来る案件は本当

に在るのだ。しかし本音は不安だ。それにしても北海道の冬は寒くて雪も面倒だ。この底冷えをする

感覚なんて、地元の人しか解らないと思う。とにかく何処に居ても寒い。これが北海道の冬なのだ。

昨日の帰りのバスも寒かった。だから何となく、身体が冷えている感覚が続く。然も道路も滑るので

とても神経を使って疲れる。それでも年を越えたので後は数ヶ月の辛抱である。そう考えれば楽だ。


さてメジャーリーグから帰って来た松井秀喜氏が、近い将来に読売巨人軍の監督になる話が具体的に

なって来た。だがそれは以前から囁かれていた事?実際になった時に「そうだったか。」と思えば良い。

日本テレビのドラマに対し、児童養護施設関係者からクレームが入っている。最近は何でも「人権」で

騒ぐのだが、それも場合によるだろう。しかし「人権」と騒ぐ割にはと感じる事も多々ある。問題は常識

の範囲を越えない事だ。「後は何か在ったかな?」なんて感じで文章も進まない。それ程、北海道の

冬にはウンザリする。「北の国から」の現実は厳しい。こんな時は、何か楽しい事でも探すのが一番だ。

0




AutoPage最新お知らせ