反日漫画と労働者  ブログ



人気ブログランキングへ 



漫画「美味しんぼ」の原作者が、東北復興名目の作品の取材で福島に行ったおりの苦言を今頃になって

呈している。「この感覚って、なんだろう?」確かに今までも何の検証もしてしないで、自身の想いだけで

苦言ばかりを言う人なので、実は風評被害の根源みたいな人なのだが、今回も「嗚呼、またか?」てな

状態となった。これは自身の仕事を否定するもので、余り誉められた事ではない。だが福島の現実は、

議事録さえ書かせなかった民主党の菅内閣のおかげで真相は誰も解らない。此処でも民主党である。


 さて「美味しんぼ」なのだが、いつの間にか気がつくと「反日漫画」のレッテルを貼られてしたりする。

だが団塊世代の原作者には有りがちな思想の反映だろう。斯く言う私も、この漫画の初期は注目して

愛読さえしていた。それもドラマ化やアニメ化される前の段階である。確かにその時代までは素直に

グルメ漫画として楽しめた。しかしながら、その時期を境に何かしら胡散臭いと言おうか違和感を感

じるようになった。初期の「美味しんぼ」は主人公が毅然として権力に立ち向かう姿勢が、とても痛快

だった。私もそれが面白くて読んでいたが、何故途中から違和感を覚えるようになったのだろうか?

これは推察だが原作者の思想が漫画とは関係のない処にあり、暴走した結果、作品にも波及したもの

と思われるのだが如何がなものか?つまりグルメ漫画には関係のないイデオロギーを反映させたのが

全ての元区である。とは言え中途半端な取材と思い込みから間違いも多々在るとも指摘もされている

漫画である。思えば何でも「日本人が悪いんですよ。」と話を締める傾向に在るのもこの漫画である。


話題を変えよう。安倍内閣こと自民党政権下の厚生労働省は、正社員を既存権益として優遇をしない

方針のようだが、労働者の立場から見れば「国を潰す気か?」と疑問と共に怒りさえ覚える。それでは

国民の労働体系は何も改善しない。安倍内閣は何かと言うと「経済、経済」と念仏のように唱えている

のだが、国民の生活レベルが上昇しない状態では、年金も少子化対策も全て「絵に描いた餅」になって

しまう事だろう。それらの案件が解決しない理由は、実は解りきった事なのに「何故惚けるのか?」と

首相や厚生労働大臣に問い只したい。だから本当に「国民の事が大事なのか?」と真意を疑ってしまう。

現在では「終身雇用」と言う言葉は既に死語である。私も最初に就職した会社では、終身雇用に関

する誓約書を書かされたりもしたものだが、現実は現在の有り様である。私が常々反対している法案に

「男女雇用機会均等法」が在るのだが、本当に均等なのだろうか?これには失業中の就活で散々懲り

てしまった。あの法案は就活をする者にとっては神経衰弱みたいなものである。法の元で平等と唱って

おきながら、企業は別に性別を問わず、能力を重視する訳ではないのだ。その疑問点は此方のブログ

でも散々指摘をしてきた。あの法案は企業や労働者にとっても悪法なのだ。だが労組の後ろ楯である

筈の日本共産党や社民党は何の意見もしない。何故ならこれらの政党が押した法案だからだ。社会の

仕組みは、とても矛盾している。女性労働者を立てて国民生活を阻害する事は、とても愚かなのだ。



クリックすると元のサイズで表示します



自民党「正社員は既得権益の塊。正社員ぶっ潰して派遣を拡大させる」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-18/2014011802_01_1.html
雁屋哲「福島取材で鼻血が止まらなくなった」「福島の食べ物を食べて応援することも疑問」
http://www.j-cast.com/2014/01/15194236.html?p=all

0




AutoPage最新お知らせ