ぺテロの独白  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



TBS日曜の朝は、昔は「皇室アルバム」からが定例だったが、現在では「サンデー・モーニング」から

始まる印象がある。だがこの番組の評価も其々である。傾向としては、巷で話題になってるニュース

を序章に外交問題から政治に移るのがパターンである。昨日は、例のリサイクル・ショップ経営者の

事件から始まったが、何故か「河野談話検証」は、河野氏が番組レギュラーである事を配慮したのか

殆どスルーだった感じがする。なので寧ろ前記の事件で被害者の人骨が発見された場所宅に掲げら

れていた三色旗が目についた。何故その旗を狙って撮ったのだろう?途もあれその後の「風をよむ」

ではW杯での日本人サポーターのゴミ拾いから突然「集団的自衛権」に繋げて、とても無理があった。

しかしながら、このテレビ局も御家芸が既に崩壊しており、「ドラマのTBS」も昔日の思い出になってし

まった。それは他局も似たようなものだ。これぞ外国資本の影響力だろうか?此処までが前書きだ。


 さて話題の河野氏だが、自身の講演に於て、「『昔はどこの国でも(慰安婦は)居たんだよ』と発言を

するのは卑怯です。スピード違反で捕まった人が、『ほかの人もやっているじゃないか』と自分の罪を

認めず、開き直る態度に似ている」として「私が日本を貶める訳がないじゃないですか。当時官房長官

ですよ。日韓関係を 将来にわたって尊敬し合える間柄にする。考えてもみてください。河野談話以降

の日韓関係は非常に良好だったじゃないですか」と開き直っていた。これは本人が現状をスルーする

事で「談話」に対する影響力を無力化しているようにしか思えない。なのでこれからは証人喚問も示唆

されるが、関係者各所の処分も現実的な事態と化したので尚更だろうか?確かに駒は進んだようだ。


次は産経新聞の記事である。そこでは「日本軍慰安婦被害者、ペ・チュンヒさんが8日死去」した事を報

じていたのだが、これで韓国政府に登録された237人の元慰安婦の生存者は残り54人になったとの事。

しかしながら登録元慰安婦の生存者には疑問が多く、中には、現在80歳で終戦時には10歳か11歳だっ

た計算になる女性まで居る。だが韓国ではそれが受け入れられているのだから不思議だ。さて故人は

元慰安婦女性が共同生活を送る「ナヌムの家」で晩年を過ごしたのだが、戦後、自ら韓国から日本に渡

って、約30年間、日本で暮らしており、日本の演歌や軍歌が上手だったとの事だ。然も日本贔屓なので

ナヌムの家では少し 浮いていた存在だったらしい。それに故人は朝鮮人女性を強制的に連れて行った

なんて見てないとも言っていた。これぞ矛盾である。韓国政府やメディアは、そんな人を無視するのだが

確かに国策に沿わないので当然か?これから色々なものが出て来そうだ。余談だが、東京都議会での

野次を特定する為に「みんなの党」では声紋分析を専門機関へ依頼をするそうだ。しかし此処まで来る

と本質から外れた事に夢中になっている野党の体質も解り、疑問も沸くが、これこそ野党の限界か?

日本に二大政党制が確立出来ない理由も解るような気がする。「肝心の仕事は?」と流石に下らない。



【国内】河野洋平氏「私が日本を貶めるわけないじゃないですか。河野談話以降の日韓関係は非常に良好だったじゃないですか」[6/22]
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140621/plc14062121480030-n4.htm
【政治】河野氏の国会招致を検討すべき…自民・萩生田総裁特別補佐[06/22]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1403407284/
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140622/k10015410811000.html
【韓国】 『強制連行見てない』 〜「日本びいき」ある元慰安婦の死、記事では「反日」でひとくくり。一面トップに[06/22]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140622/kor14062212040003-n1.htm
河野談話検証「重大な挑発」=韓国団体
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014062100275
みんなの党、やじ音声の声紋鑑定を準備
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140622/k10015415331000.html
【民主党】 「海江田代表では、次の選挙に勝てない」
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140622/stt14062210090002-n1.htm

0




AutoPage最新お知らせ