祟りと醜態  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



訪韓を終えたローマ法王だが、その間に親族が事故死をしたそうだ。この一致は気味悪い。オカルト

みたいなものだろうが、そんな心理が働くのも訪韓時の行動が疑問視されているからだ。だが一連の

報道も半島メディアの記事なら尚更何処までが本当か解らない。まさか法王自ら「正教分離の原則」

を破るとは思えないからだ。それがもし本当ならば信者はヴァチカンにクレームを入れるべきだろう。

法王とて、そんな行動は許されまい。権威が軽視されてしまう。だが真実も疑問があるので様子を見

よう。親族の不幸についてはお気の毒である。誠にあの韓国に関わるとロクな事はない。嫌な国だ。


さて安倍内閣で実行しようとしている「移民政策」だが、各国でも懲りている政策を推進するとは正気

の沙汰ではない。だが日本と言う経済圏が衰退すると困る組織もある訳だ。これこそ経団連の思惑

だろう。しかしながら少子化対策を移民で補うのは、あまりにも短絡的過ぎる。これでは問題の原因

に蓋をするようで、とても的外れである。 解決の鍵は何度も述べるが、現在の労基法では、GDPも

下がろうと言うものだ。本来なれば日本人が安心出来る雇用環境があってこそ経済の安定も図れる。

それは何度も述べるが、真の「メイド・イン・ジャパン」の復活があればこそなのだ。政府は何故その

復活を模索しないのか?これこそ問題視するべき案件だ。国民による国民の為の「日本再生」こそが

最大の課題だ。「経団連」は本当に日本の組織なのか?時に「反日」かとも思うが、それも図星だろう。


さて反日と言えば、米国紙ワシントン・ポスト電子版の社説で現在、南部バージニア州で、日本海の

名称として韓国が主張する「東海」を州の教科書に併記を義務づけをしたり、旧日本軍の従軍慰安

婦に関する石碑を地方庁舎の庭園に設置する動きが相次いだ事で、地元の政治家の韓国系有権

者に対する「過剰な迎合」だと戒めたのだが当然で、今までそんな批判がないのが可笑しいのだ。


これは特に韓国系の住民の多い同州北部から秋の中間選挙の連邦下院議員選に出馬する候補の

殆どが教科書への「東海」併記義務づけを連邦レベルで目指すと公約している事を問題視している

のだが、敢えて米国とは関係のない案件に首を突っ込むのも変な話だ。 ワシントン・ポストが指弾

するのも無理はない。ようやく米国メディアも気がついたと言う訳だ。 その疑問の声が全米マスコミ

に拡がれば良いのだが、如何なものか? 既に「ベトナム戦争」時の元慰安婦が、米国政府を提訴し

てる案件もあるではないか?これこそ明日は我が身である。とにかくこの国は関わるべきではない。


次は俳優の津川雅彦氏が投稿した「朝日新聞」に対する皮肉だが、そこで氏は「良くやったぞ、朝日

の諸君!しかも謝罪しないのは、左翼らしくてよろしい!」と痛快だ。更に「訂正には謝罪がつきもの

だと、ガキでも知っている。」と宣っている。此処には「反面教師」の意味合いも取れるが、日本には

本当の「左翼」が居ない事も諭している訳だ。即ち「朝日新聞」の醜態は「民主党」同様、日本の左翼

の信用を落としている。それに気がつかないのは、もう存在としての価値も否定しているようなものだ。



ローマ法王の親類事故死 アルゼンチン
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140820/amr14082000160001-n1.htm
米南部の政治家「韓国系に迎合」 米紙が批判
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014082001001042.html
【朝日の大罪】俳優・津川雅彦が緊急寄稿 慰安婦“大誤報”「どうか見苦しく逃げ回ってほしい」
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140819/dms1408191140004-n2.htm

0

特権と名誉  ブログ



社会・経済 ブログランキングへ



昨日は目覚めてから、鋭気を養い充分な休養を取る事に徹底したが、結果としては体の疲れも取れて

本当に楽になった。「Windows」の更新プログラムの不備も余計なものを削除してみたら不思議と動作

が軽くなった。と言う事は自身のパソコンの不備は、それも原因だったと言う事だ。今日は早番なので

早く帰れる。夜勤が続いたので尚更だが、幸い現在の仕事も以前勤めていた職場のようなストレスも

ないのだ。やはりストレスは堪える。だからと言って現在の職場が「安住の地」何て思ってはいない。


いつの間にか仕事以外でも写真を撮るような事もなくなった。しかし現時点でもフリーカメラマンであ

るのは事実で素人ではない。気分転換に作品でも撮ってみようか?何かテーマでも決めてみるか?

そろそろカメラでも新調しよう。だが私自身は完全なアナログ人間で現在のシステムには疎いのだ。

たがシャッター音を聴くと安心するのは、写真での職業病みたいなものだ。処が業界はすっかり斜陽

なのは変わらない。残念だが現実だ。嘗ての旺盛が懐かしいが、いい意味で興味の沸く時代だった。


話を変えよう。「次世代の党」では秋の臨時国会に生活保護法の改正案を提出するが、給付対象から

外国人を除くと明記をするとの事。現行法は「生活に困窮する国民」を対象に必要な保護をすると定め

てはいるが、だからと言って外国人まで適応する必要はない。本来は各国大使館や領事館の仕事だ。

「次世代の党」の意見は極当たり前の事を呈示している。それが今まで疑問視されないのが可笑しい。

問題なのは、それが特権化する事だ。 北海道には先住民族の「アイヌ」が居るのだが、明治時代の

同化政策で、現在では訳が解らなくなってるともされる。つまり「これは違うんじゃない?」と思われる

案件もあると言う事だ。それが外国人特権だが、それを良い事にアイヌと偽る在日朝鮮人も居るらしい。

たぶん役所の区別も大雑把なのだろう。行政は正しく活用されて意味がある。「役所は仕事をせよ。」


その点では東京都知事の桝添氏も似たようなものか?先の訪韓の際に勝手に色々な約束事を交わ

したようだ。都内に韓国学校の増設もそれだが、これでは都民からリコールされても仕方がなかろう。


 ノルウェーの「ノーベル委員会」のトールビョルン・ヤグランド委員長は19日に声明を表したのだが

現在のオバマ米国大統領は過去に表彰した「ノーベル平和賞」に値しないとして、直ちに返上すべき

と見識を語った。これは前代未聞だが「未だにグアンタナモは稼動」しており、アフガニスタンやリビア

の爆撃も存在するのにそれはなかろうと言う事だ。ノーベル委員会の権威はまだ健在なようである。



【次世代の党、生活保護から外国人除外 改正案提出へ】
http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS17H01_X10C14A8PE8000/
【東京】舛添知事、朴大統領に韓国学校増設を約束→都担当者「土地が無い。23区内は無理」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140820-00000118-san-soci
【アイヌ利権】「アイヌ利権で山菜取りに行くと補助金出る」自民党議員がメスを入れる模様
http://hosyusokuhou.jp/archives/39741177.html
【国際】ノーベル委員会、オバマ氏に平和賞返上を要請 [H26/8/19]
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1408457715/

0

真相とプロパガンダ  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



やっと夜勤が終わったが通勤前は酷い天気だった。その上明日も悪い予報なのでうんざりだ。結局は

昨日帰宅後に寝てから起床はお昼位だった。それから映画のメイキング等を観ていたのだが、こんな

日はあまり神経に障らないものを観るのが一番である。 ジャンルによってはレコードでも良いのだが

疲れを多少でも感じる時は、不思議と視覚も伴ったものの方が気が楽なのだ。さて夜勤の翌日である

本日は休みだ。なのでゆっくり寝れるのはありがたいのだ。だが次の日は早番なのでやはり疲れる。

そんな感じなので気楽にやるつもりだが、これで天気が良ければ言う事もない。今日の帰宅後は体調

が良ければ何か聴こう。頼んだレコードも届く予定だ。帰りの息抜きは、バスターミナルの待合室で飲

む発泡酒である。それが良い。お腹も減るので何かの惣菜と合わせよう。自身の定番はいくつかある。



クリックすると元のサイズで表示します



シリアで拘束された日本人とされる人は、東京都江東区にある民間軍事会社(PMC=Private Mili

tary Company)の代表を務めていた人物ではないかとネットで指摘されてる。 だが真相は不明だ。

一部情報では「朝日新聞」の下請けジャーナリストだのカメラマンだのと言われてた。共通してるのは

テレビ・ニュースでは報道カメラマンとしている事だ。 しかしながら現在は何処にでも日本人は居る

ものだと感心する。だが何故そんなに情報が錯綜するのだろうか?その理由も是非とも知りたい。


メディアを利用した印象操作は「プロパガンダ」として思想統制の道具としても使えるが、半島メディア

とても本当に抜け目がない。それに実に色々と姑息な手を使う。今回訪韓をしたローマ法王はやはり

プロパガンダとして韓国政府が、「政治利用」をしようとしている。失礼なのはソウルで行われたミサに

於ては最前列に元慰安婦を座らせ、法王の教義が終わった後に厚かましくも、その元慰安婦は自身

の写真と共に日本への恨み辛みを書いた名刺を渡す言語道断な事をしている。そこにはあろう事か

天皇も「謝罪」しなさい。と書かれていたそうだ。ローマ法王がすっかり玩具にされている。これは侮辱

としか言いようがない。因みに韓国メディアではローマ法王が元慰安婦を擁護したような解釈で報道

をしている。思った通りだが、これはあまり調子に乗り過ぎると「ヴァチカン」から事実認否についての

クレームが入りそうだ。「朝日新聞」が韓国政府を巻き込み「産経新聞」と綱引きをしている。互いに守

るものがあるのは解るが、朝日新聞の非は既に明白なだけに展開は気掛かりだ。どちらも正念場だ。



【シリア】拘束された日本人は民間軍事会社代表
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140818/mds14081801440004-n1.htm
【慰安婦問題】イ・ヨンス「教皇様と握手して私の写真と'日本天皇も謝罪しなさい'と書かれた名刺を差し上げた」[08/17]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1408370151/
<法王訪韓>女性の差別・暴力からの解放に共感した法王…慰安婦被害女性ら慰める
http://japanese.joins.com/article/997/188997.html
産経記事巡り朝日新聞社が抗議書 「吉田調書」報道
http://news.goo.ne.jp/article/asahi/nation/trial/ASG8L5S9DG8LUUPI006.html
【韓国】産経支局長の虚偽報道疑惑、韓国検察は結論急ぐ方針[08/19]
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/19/2014081900547.html



クリックすると元のサイズで表示します



此処からは編集後記みたいなものだが、このブログの運営会社はサーバーには限界があるのか頻繁

にメンテナンスばかりをしていて「リアルタイム」で更新が出来ないと全く意味のない案件があった場合

は本当に残念な思いがする。帰宅後は連日の夜勤の疲れが出たのか起きたのは昼も大分廻った時間

で、やはり勿体無い。今は「ベニー・グッドマン」のレコードでも聴いて軽い気持ちで再更新をしているが

天気もどうやら持ち直したようで、前記の内容とは違ったものになっている。「リアルタイム」とはそう言

うものだ。これから「サラ・ヴォーン」でガーシュインでも聴いてみようか?とっておきのアルバムがある。


余った時間は全部休養に廻そう。明日は普通に仕事がある。然も早番である。 それとウィンドウズの

更新プログラムで、マイクロソフト社がポカをやったようで、余計なプログラムを削除する作業が必要に

なった。それでなくともユーザーは、OSの対応に振り廻されてばかりなので本当に迷惑な話である。

0




AutoPage最新お知らせ