終焉の始まり  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



今月は休みが変則的なので、休日は何だか眠たい。それもあるのかレコードを余り掛けない。それは

煩く感じるからだが、好きな音楽が、そう感じるのは不幸なものだ。 なので映画のDVDばかりを観て

いた。そんな時位は寝ていれば良いのだが、どうもそれも勿体無い。しかし寝るのは、こんな時こそが

一番だろう。また古い映画ばかり観ていた。それは昭和37年に作られた「雲の上団五郎一座」と言う

宝塚映画だが、配役は座長役の榎本健一を筆頭に三木のり平やら八波むと志、それと森川信も居れ

ばフランキー堺も居る豪華キャストだ。その上、花菱アチャコやら枚挙に暇がない程たくさんの当時の

喜劇人が出ている。話の内容は残念ながら大した事はないのだが、芸人達の余芸も処々垣間見れる

ので興味深い。思えば演芸も廃れたものだ。それはテレビに出ている雛壇芸人を見ていても納得する。

「笑っていいとも」の後番組が終わるそうだ。もうフジテレビに限って言えば、局自体も終わっているの

だから仕方がないだろう。「産経新聞」は今だからこそ存在価値が目立って来てるのにと思ってしまう。


さてその産経新聞は、事もあろうか「韓国政府」と「朝日新聞」から糾弾される勢いである。そんな時の

朝日新聞は解りやすい。「嗚呼、やっぱりそうだったの?」と。自分の事を棚に上げてとは正にこの事

だ。その朝日新聞の「天声人語」が受験に出るなんて事は俄によく言われてるが本当なのだろうか?

此処の社説すら読んでて呆れるのに不思議だ。だがそれが1つの砦だとすれば最後の良心なのか?

安倍内閣の支持率が下がっている。これはNNNがこの週末に行った世論調査だが、何と44%との

事だ。だがマスコミの数字程宛てにならないのも今更なので、正直何処まで信じて良いか解らない。

しかしながら安倍内閣の対外政策は支持出来る。難点と言えば国内政策に些か見当外れがある点だ。


話題を変えよう。それは時折取り上げる「AKB48」の事だ。「大人のAKB」は活動が今一つ解らな

いままの印象もあるが、次回はアルバイト・メンバーの募集がある。そろそろ末期企画かと思われる

のだが如何なものだろう?因みに時給は、1000円との事だ。これぞ日本の芸能界の末期みたいな

感じもするのだが、本当に駄目になった。だけど民主党政権以前はまだマシだった。それも失われた

年に入れても良いのではないか?あの政権交代は日本にとって1つの区切りだったと言えるだろう。



【韓国検察、産経新聞ソウル支局長に出頭要請】
http://www.asahi.com/articles/ASG892PLJG89UHBI004.html
大学受験に必ず出る「天声人語」を毎日書き写そう 専用書き写しノートは3冊630円でASAで販売中だよ!
http://japan.cnet.com/news/service/35051212/
【ショック!】安倍内閣、発足以来史上最低支持率更新!夏休み中の安倍首相、大ショックへ
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20140810-00000062-nnn-pol
【AKB48・動画】時給1000円!AKB公式メンバーをバイトで募集 グループ史上初
http://mantan-web.jp/2014/08/10/20140810dog00m200015000c.html





0




AutoPage最新お知らせ