朝日新聞とテロリズム  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



昨日から思い出したように「ゲゲゲの女房」を見直してるのだが、放送当時は、自身の諸事情と重なり

感銘深いものがある。「思えば、思えば」である。今更ながらの論評だが、この朝ドラには昭和が詰ま

っている。それに視聴者には「水木しげる」氏自身のサクセス・ストーリーを充分知っているファンも観

ているので、その相乗効果も相当なものだ。私は苦境の中でも諦めない水木氏に共感をしたが、人間

諦めたら終わりだ。だから何でも反対する赤旗は嫌いだ。人生は何事も前向きに行かねばならない。

妙な話の振り方だが、これで本物の左翼が日本に存在したら、まだ見識に違いがあるかも知れない。


私が日本の左翼を嫌うのは簡単だ。それは「反日」だからだ。然も国家を転覆させる程のテロリズムを

感じてしまう。だが元来は派党を問わず国家、国体を尊重するものである。 しかし日本の国民が民主

党政権に懲りたように左派政党がアレではどうしようもない。 更にその失態で、日本の左翼が「反日」

なのもバレてしまった。民主党と言えば米国とてもそうなのだが米国のそれは「反米」なのだろうか?

少なくとも国益に沿った政策は実行はしているとは思うのだが如何なものか?現にTPPで一悶着ある

ではないか?何とも今更の事ばかりだが、日本には保守たる保守の政党が存在しないのは残念だ。


話を変えよう。「朝日新聞」の一連の反日報道で大いに日本は国益を損ねたが何の公的な謝罪すらも

せずに逆に開き直る始末だ。それと不思議なのは、毎日新聞等の他の新聞社もだんまりを続けて系列

のテレビ局でさえも無視を決め込む。そこに日本の「ジャーナリズム」の崩壊も実感するのだが、やはり

糾弾の声も聞こえる状態だ。 現に単なる誤報の域も越えており、事実上の「外患誘致罪」にも値する。


解りやすいのが、何故か韓国の政府関係者が朝日新聞を擁護してる点だ。此処で「朝鮮日報」の社説

を紹介する。そこでは、「日本語を学ぶ韓国人学生にとって、朝日新聞は貴重な教材だ。誤字が少なく

文法が正確だという理由だけではない。朝日新聞からは民族主義という名の嫌なにおいが漂ってこな

い。その良い例が在日韓国人犯罪を扱った記事だ。他紙とは違い、朝日新聞は容疑者の韓国名を書

かない。代わりに在日韓国人が日本で使用している日本名「通名」を記載する。言葉一つとっても在日

韓国人に対する偏見を助長したくないということだ。」としているのだが、外国人犯罪者を特別扱いする

のは良心的なジャーナリズムなのだろうか?これこそ「報道をしない自由」ではないのか?いずれにし

ても現在のこの状況に於ては関係者の処分を含めた対応が必要だ。現与党の自民党は、身内からし

ないと何にもならない。この対処によっては確実に安倍内閣の信用と政治基盤を失うだろう。国会召

致の上、証人喚問が必要だ。望むべくは政治犯としての処分だが、そこまでやってようやく解決だろう。


だが現在の日韓関係のみならず、中国の関係もそうだが、その悪化の原因は全て日本の極左マスコミ

にあるとされている。しかし本当の根元は旧連合国のヤルタ会談にあり「極東軍事裁判」に全ての原因

がある事を忘れてはならない。それで作り上げた東洋版のホロコーストが「毎日新聞」に飛び火をして

中国政府に余地を与えた経緯がある。それを参考にしたのが朝日新聞のそれだが、なれば産経新聞

以外が歴史問題に無視をするのも理由が解ろうと言うものだ。無用な飛び火を避けたいのも当然だ。

その一連の流れを追うと強者によって歴史が作られた事実を知る。全ての鍵を握るのは米国である。



【産経新聞】 朝日新聞は、記者会見で企業の過ちを問い質す資格はない
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140816/plc14081618000002-n1.htm
櫻井よしこ氏「朝日は廃刊にすべきだ」 慰安婦誤報で謝罪要求
http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140816/dms1408161528008-n1.htm
朝鮮日報「朝日新聞が日本で孤立している。朝日は韓国に大事な新聞。韓国政府は知恵を持って助けよ」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/08/09/2014080900729.html
【韓国】「法王、まだ10人が海の底にいます」 セウォル号遺族が法王に訴え [8/16]
http://news.nate.com/view/20140814n21679?mid=n1006

0




AutoPage最新お知らせ