破綻と崩壊  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



昨日は久々に土曜日の休みだったが、していた事は大した事はない。それは、今までしようと思って

いたのになかなか手をつけていない事ばかりで、調整作業ばかりしていた。その手のものは意外と

思いついた時にしないと出来ないものだ。レコードを掛ける時にはいつも何となく、音の濁りを感じて

いたのだが、小さいノギスを買って来たので、これを機会にと針先の位置を計り直したてみたら少し

ズレていた。因みに最初に取り付けた時は定規で計っている。やはり細かく測ると違うものだ。流石

に道具も違えば内容も違うものである。斯くしてそれを終えてから早速、レコードを聴き直してみた。

結果は当たり前だが違うものだ。ちょっとした手間だが、必要な事はしてみるものだ。細かい音も聞

こえるようになった。アナログは解りやすい。また色々と聴き直してみようか?アナログは奥深い。

それと後は、ビデオのエフェクターのケースをのんびり作っていた位である。次はペーパー掛けだ。


自民党の二階俊博総務会長は10日の記者会見で、尖閣諸島の領有権に関し、棚上げの主張をした

が、結局これは二階総務会長の願望だった。それに対して、安倍晋三首相がAPECに合わせた日中

首脳会談の開催を求めている事を念頭において「お互いやり合うばかりでなく、そろそろ冷え込んでい

る関係を改善させる解決策を考えなければならない」とは述べてはいるが、菅義偉官房長官は10日

の記者会見では「尖閣諸島で解決すべき領有権の問題は存在しないというのが我が国の立場。日中

間で棚上げすべき問題も存在しない」と述べている。つまり国としては戸口を開いているが、認識をし

ていない案件については認知をしないと言う事だ。日本としての立場ではそれで良い。何度も述べる

が棚上げの結果が現在である。それと中国共産党も創始者達が存命の時代とは事情も違っている。


さてその中国だが、韓国政府に対して韓国南西部の沖合で不法操業をしていた中国漁船の船長が、

取り締まりに当たった韓国海洋警察の発砲により、死亡をした事故を受けて強い不満を示したのだ

が、中国外務省の洪磊副報道局長は定例会見で「在韓中国領事館が既に韓国政府に抗議した」と

した上で、韓国政府に対し徹底的な調査と責任者の厳重な処罰を要求したと述べている。立場も違

えばだ。行き詰まった国家同士が何をしている? 両国ともそんな事をしている場合ではなかろう。


国際問題も簡単に引き起こす韓国だが、仁川で開催されたアジア大会で、審判の判定が韓国寄り

の結果となった事で、タイ人からの反韓感情が高まっているが、あの大会では充分に韓国は本性を

晒してくれた。だがこの手のニュースは日本の表媒体には話題にもならない。理由は今更だが....


 此処から日韓関係だが、安倍首相は16、17両日にイタリア・ミラノで開催をされるアジア欧州会議

(ASEM)首脳会議に合わせて韓国の朴槿恵大統領との個別会談を行わない方向となったが、それ

は、韓国検察当局による産経新聞の加藤達也前ソウル支局長の在宅起訴を受けた事が原因である。

日本政府高官の意見によると、「韓国は事の重大性に気付いてきた。そもそも会う必要がない」と言う

事だ。それについて石破茂地方創生担当相は「健全な民主主義国家で健全な言論が保障される事は

大原則だ。内政干渉めいたことを言うつもりはないが、民主主義で報道の自由はあくまで守られねば

ならないという事に尽きる」と韓国側の対応に不満を露わにしている。 しかしながら反日無罪の思想

が韓国政府にまで及んでいるとは、既に法治国家としては機能していない事を今更だが、世界に晒し

たようなものだ。これなら何とか国を救おうとして、日本政府に併合を嘆願した李氏朝鮮の方がまとも

に見える。だが現在は南の朝鮮とて、救済を申し出る国家はない。 セウォル号の沈没で少しは意識

が変わるかと思ったが、更にアジア大会で止めを指すとは愚かなものだ。 これでは国家破綻を待つ

しか方がない。それは国際競技で敵対する国の国歌を蔑ろにする中国とて同様で救いようがない。



【尖閣】菅義偉長官「日中間で棚上げすべき問題は存在しない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141010-00000561-san-pol
中国が”居丈高な傲慢姿勢”で『朴槿恵に土下座謝罪』を公式要求。違法漁船を取り締まった韓国を強く非難
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/10/10/2014101002942.html
韓国の『他国を侮辱するトンデモ道路』に”海外の嫌韓感情”大炎上。韓国の謝罪要求が全力ブーメランに変化
http://thai.news-agency.jp/articles/article/9080
日韓首脳会談行わず 来週のASEM 政府高官「必要ない」
http://www.sankei.com/politics/news/141011/plt1410110013-n1.html



クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ