雪之丞変化  コラム



社会・経済 ブログランキングへ



「雪之丞変化」と聞いて即座に理解が出来る人は、それなりの御歳の方だとは思うが、巷ではテレビも

時代劇が壊滅状態であり、更に認知度が低いのでは難易度も上がるだろう。それが寂しい。何処かで

勧善懲悪の話が、現在消滅傾向にある理由を順序立てて論じようとは思うのだが、それにはそれなり

の論理構築をする必要があるので後に改めて取り上げよう。 だが思えば末期のテレビ時代劇の醜態

振りも酷いものだった。「晩節を汚す」とは佳く言ったものである。 此処で話を戻そう。「雪之丞変化」と

言えば、戦前では「林長二郎」時代の長谷川一夫が当てた復讐劇なのだが、これは昭和9年から翌年

までに朝日新聞で連載されていた時代小説である。 それで改めて原作を読み返してみると、何となく

聞いたような話に感じた。それで調べてみると原作者の三上於菟吉はジョンストン・マッカレー原作の

「双生児の復讐」を基盤に歌舞伎で御馴染みの白浪物を引っ掻けて構想を練ったらしい。それが解る

のは、中村雪之丞と闇太郎の対比とかだが、時には弁天小僧さえも連想をさせて、エンターテイメント

の極意を極めた内容になっている。それが良かったと思う。それで戦後では、東映京都全盛期に活躍

をした「東千代之介」のデビュー作でもあったし、異質では女形ではない「美空ひばり」が、映画冒頭で

口上を述べる大袈裟な演出には驚いたが御愛嬌だった。そして本家の「長谷川一夫」は、自身のリメイ

クで市川崑監督と組んだ傑作もある。 私としては埋もれ勝ちの「大川橋蔵」が、マキノ雅弘監督で撮っ

た作品が良いと思うが、後年では雪之丞を「丸山明宏」が演じているので、改めて観たいものである。


それと近年では「滝沢秀明」がなかなか良くやっていた。その一方、雪之丞に翻弄される浪路を演じる

女優陣も魅力的だ。 私としては「大川恵子」さんが断トツである。慎ましく健気な感じが良く、高貴でも

あった。彼女は元々「お姫様女優」でもあった為か、そのような素質があるのだろう。 ちなみに滝沢版

での浪路は「戸田恵梨香」だった。仇役の長崎奉行、土部三齋も個性的な名優ばかりだが割愛する。


前途に挙げた雪之丞変化は「長崎の仇を江戸で討つ」話だが、それを裁くのは法律である。安倍首相

は先月27日午前の衆院予算委員会で、川崎市の中1男子生徒殺害事件について、「大変ショックを受

けている。 学校や教育委員会、警察等の連携が十分だったのかどうかも含めて検証しながら、再発防

止策を考えないといけない」と述べた。文部科学省は同日、省内に再発防止策検討の作業チームを設

け初会合を開催おり、全国の小中高校と特別支援学校を対象に7日以上連続不登校で、尚且つ連絡

が取れず、生命や身体に被害が生じる恐れがある児童・生徒が居ないか緊急調査する事を決定した。

そこで更に必要なのは法案改正だろう。しかしながら稲田政調会長の苦言から即座に動きがあるのは

良い事だと思う。政治にはレスポンスの早さも必要だ。今後の対応を期待する。人権屋が厄介だが?



【川崎・中1殺害】安倍首相、少年事件再発防止策を検討
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2015022701002106.html
民主党、先の衆院選を敗北と結論 「具体的な対案に乏しい批判ばかりだった」などと総括し反省
http://www.sankei.com/politics/news/150225/plt1502250034-n1.html
防衛省・沖縄防衛局、与那国島の駐屯地施設建築を87億100万円で発注
http://www.y-mainichi.co.jp/news/26915/



クリックすると元のサイズで表示します



これも今更だが、民主党は先月25日に国会内で両院議員懇談会を開き、昨年12月の衆院選の総括案

として、73議席と低迷した選挙結果についてだが、「目標とした三桁の議席獲得も達成する事が出来ず

実質的な『敗北』となった」と結論づけた。 その原因としては、「準備が全く立ち遅れた」とか「具体的な

対案に乏しい批判ばかり」としたが、この反省も「絵に描いた餅」だ。 現在の国会では何をしている?


それとこれぞ民意の結果だが、与那国島での陸上自衛隊沿岸監視部隊の配備計画で、南牧場で敷地

造成工事を行ってる防衛省沖縄防衛局は、先月25日までに庁舎や隊舎など駐屯地に掛かる総額87億

100万円の建築工事3件を発注した。 一部は既に着工しており、現在行われてる敷地造成工事の終了

後に工事を本格化させる。それにより駐屯地の外観が明らかとなるが、同省は2016年3月末を目処には

までに施設を完成させる予定だ。尚部隊は150人規模とするらしい。今後は久部良地区でレーダー基地

の建設もある。 そのレーダー基地については、電磁波による健康被害があるとして、反対派グループ

が工事差し止め訴訟を提起する恐れもあるが、住民投票による結果を蔑ろにする反対派グループには

逆に問題がある。国防に対して否定をするような団体なら尚更だ。これは島民の方が現実的である。

0




AutoPage最新お知らせ