放送法と情報統制  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



休みの日に旧友が、小生が引っ越しをする前に会いたいと言う事で訪ねて来たのだが、 同時に引き

取って欲しい物があると言う事で、 サラウンド・プロセッサー付のスピーカーを含めた音響システムを

持って来た。だが簡易的な物だったので、 然程の大きさでもなく利用価値もあるので、これからはどう

活用するかと考える楽しみもある。課題はビデオ・プロジェクターである。 実はフィルムでの映写機も

今更ながら新調もしたいのだ。現在使用している物は、レンズが与太物で発色が悪く、実際のW数に

値しない視覚上の問題もあるのだ。なので明るくて高解像度のレンズが付いた映写機が欲しいのだ。

今の御時世に逆行してるが、フィルムで観る映画は独特の深みがある。だから現在でも現役なのだ。

またしょうもない前書きから始まったのだが、日曜日のブログなんてものは、いつもそんな感じである。

さて巷の話題は、先週末までに一応の一段落をついた事ばかりなので、正直あまりネタもない。例の

アジアインフラ投資銀行の件についても米国との見解と一致をしたようで、「国際基準」からも当然だ。


日本政府が放送倫理・番組向上機構(BPO)の在り方を放送法に照らし合わせてメディアの真意を問

いたが、それについては自民党情報通信戦略調査会の川崎二郎会長が17日に記者団に語っている。

会長曰く、「(テレビ朝日の「報道ステーション」とNHKの「クローズアップ現代」では)放送法の(禁じる)

真実ではない放送がされていたのではないか。(自民党の放送局聴取を野党が批判している事に対し)

民主党も放送機関を(党会合に)呼んでいる。(籾井勝人NHK)会長に辞めろとまで(国会の)委員会で

言っている。それは介入ではないのか。 我々は放送法に照らしてやっている。 真実を曲げた放送がさ

れるならば、 それは法律に基づいて対応させてもらう。 独占的に電波を与えられて放送を流すテレビ

局に対して、例えば停波の権限まであるのが放送法だ。(報道ステーションの中で)名誉を傷つけられ

た菅義偉官房長官が、放送倫理・番組向上機構に訴える事になれば、それは正規の方法だ。 BPOが

「お手盛り」と言われるなら、少し変えなければいけないと言う思いはある。 テレビ局がお金を出し合っ

ている機関ではチェックが出来ないならば、独立した機関の方がいい。」 としているのだが如何なもの

だろう。しかし、これ程までに直球で明快な見解もなく、改めて政府与党が仕事をしている実感がある。


それに対し、寧ろ民主党に至っては、それらの媒体と共闘し、電波を「私物化」した経緯がある。 だから

保守的な思考のあるNHKの籾井会長が都合が悪かったと言う訳だ。事実昨年は籾井氏に対し退任を

求めている。なので自民党情報通信戦略調査会の川崎会長が指摘をする民主党の露骨な批判を介入

と解釈するのは正しい。それと現在も続く「報道をしない自由」も民主党政権時代は酷いものだった事を

思い出す。特に政府動静は殆ど解らず、民主党時代の首相が韓国や中国に行って、幾ら国益に影響を

与える重大時までも事後報告だった。国会中継でも民主党に不味い内容ならば放送を中断する事すら

屡々あった。それでいつも釈然としなかった事を思い出す。「情報統制」も酷かった。実際に当時の政府

機関には、民主党政権の批判を見張る部署もあり、まるで中国共産党政府を見習ったかのようだった。



麻生財務相、米・ルー財務長官とAIIB参加見送り姿勢を再確認
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150417-00000521-fnn-int
川崎自民調査会長の発言要旨
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2015041700879
【自民党】鬼木誠議員「NHKは反日、自虐放送垂れ流す」
http://hosyusokuhou.jp/archives/43673935.html
【社会】アシアナ機:機長ら韓国人スタッフは18日中に帰国へ
http://mainichi.jp/select/news/20150418k0000e040207000c.html
アシアナ機、30m低く進入…気象急激に悪化か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150415-00050147-yom-soci



クリックすると元のサイズで表示します



だが現在の自公連立政権も笑えない。それは今回の広島空港に於ける航空機不時着事故には公明党

の立ち位置も解る事案だったからだ。然もマスコミの見解と一致していたのだ。しかしながら天候のせい

にするのも無理があろう。国土交通省大臣とマスコミは何故か「アシアナ航空」の過失を無視している。

つまりこの事故を広島空港の立地条件による原因としたいのだ。なればパイロットの失踪も説明してほ

しい。CAも全く役に立たなかったとの乗客の証言もある。その上、広島空港も開港以来初の港内事故

だった。 更に事故後の誘導装置破損の状態でも離発着が出来る他の航空会社には、どんな言い訳

をするつもりか? 過失は認めるべきだ。何でも外に原因を求める体制は朝鮮特有だが通用はしない。

0




AutoPage最新お知らせ