見解と常識  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



先日、日本テレビで昼放送の「メレンゲの気持ち」を見ていたら関根麻里さんの旦那さんが出ていた。

それで「百聞は一見に如かず」の言葉通り「噂とは宛にならないものだな?」と改めて思ってしまった。

つまりとても好印象だった。然も関根家の様子もよく解り、それで安心さえしたのだが、そこまで酷評

を受ける理由としては、麻里さんの旦那さんは韓国人だったので、何かと風当たりも強かったと予想

が出来る。だが所詮は他人の家の事。正直どうでもいい。なので別に上手く行ってるのならばいいん

じゃない?と思ってしまう。だから人種がどうのなんて論議もくだらない。何事も偏見は良くないのだ。


それとしつこくて申し訳ないが、沖縄県知事である翁長雄志氏の話題だ。訪米している同氏は 29日に

ハワイ州ホノルル市で、 デービッド・イゲ州知事と会談して、米軍普天間飛行場 (宜野湾市)の名護市

辺野古への移設反対を訴えたが、イゲ州知事は「日米両政府が決める事」と諌めるに留まった。しかし

これとて正論だ。 しかし在日米軍再編計画に基づく在沖縄海兵隊約2700人の受け入れは「積極的に

受け入れたい」と述べている。これは知事同士の見解だ。つまりまた梯子を外された訳だが、当然だ。


それとまだ燻っている韓国政府が勝手に問題化している「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産

登録に関する件だが、韓国政府高官は日本記者団に対して、「(朝鮮半島出身者の強制労働があった)

7施設を外してほしいと言う基本的立場は変わりない」と強調をした上で「日本が誠意ある方策を示せば

幾らでも検討できる」 として妥協策の模索をする考えを示したのだが、結局 何も変わりなく進歩もない。

それに対して興味深い記事があった。これは5月29日の韓国・聯合ニュースによるものだが、安倍首相

の側近である 国際大学の北岡伸一学長が、「相手が納得するまで謝り続けろと言うのは、国際政治の

現実を知らない議論だ」 だと指摘をする。 尚それについての韓国のネットユーザーの苦言は「韓国は

何も間違っていない。 全世界がそう考えている。日本政府は言い訳ばかりしているから、日本の歴史

学者にまで批判されるんだよ。 国際政治を知らないのはそっちでしょ?」等とか 「謝罪を続けるドイツ

は国際政治の現実を知らないと言う事か? 国際社会を一人でも生きていけると考えているような態度

が気に入らない」としている。これは駄目だ。 だが感心した事もある。 それは戦後のドイツの有り方が

すっかりと韓国政府のプロパガンダになっている点だ。 だがそれも現実を無視している。遺憾である。



移設は政府が決めること…沖縄知事にハワイ知事
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150530-OYT1T50032.html
世界遺産登録を一方的に妨害している韓国「日本が誠意を見せれば妥協してやってもいい」
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2015053000208
安倍首相側近「謝り続けろと言うのは、国際政治の現実を知らない議論」=韓国ネット「韓国は間違っていない!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150530-00000008-rcdc-cn
【中国】共産党幹部 習近平と江沢民の国真っ二つの全面戦争指摘[5/28]
http://www.news-postseven.com/archives/20150528_324969.html
ゆれる新国立問題 舛添知事が文科省説明を拒否
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20150529-00000040-ann-soci
日本全国で揺れ、「異常震域」か…小笠原沖地震
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150530-00050107-yom-sci



クリックすると元のサイズで表示します



さて東京都知事も駄目だ。 新国立競技場に関する件で、文部科学省が詳細を明確化する為に中間報

告を出したのだが、それを舛添都知事が拒否をする事態に至った。舛添都知事曰く「私が今求めている

のは、中間報告とかなんとかではなく、 私が要求した事に対してきちんと 情報を持ってくる事に尽きる。

(中間報告は)私が求めている事ではないので『来る必要はありません』とお断りした」とはしているのだ

が、だからこそのの中間報告ではないか? だがこれは東京都の方で誘致した経緯を無視している事に

もなる。此処まで来ると流石に「都知事をお辞めになったら?」と言いたくなる。 つまり主催は国ではなく

東京都なのだ。あの猪瀬前都知事等が実施したレセプションは何だったのだろうか?これでも都知事だ。


それに最近の日本では天変地異が相次ぐ。昨夜の地震は小笠原諸島西方沖で起きたが、日本全国に

及ぶ極めて広範囲のものだった。気象庁によると震源は太平洋プレートと呼ばれる巨大な岩板の内部

であり、その震源は約200`bよりも深い、所謂「深発地震」と呼ばれるタイプの地震だった。 然も遠い

地域に強い揺れが伝わる「異常震域」と言う現象が起きた。この情報から判断すれば、正しく異常事態

なので、今後の注意が必要だが、火山の噴火も含めて何かの「予兆」かとも思えてならない。心配だ。

0

国防と歴史認識  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



朝からお腹が空いている。それは術後の食事制限が、まだあるからだが手術の場所が場所だけに仕方

もない。 だけど明日からは一部解除で、完全に解除されて肉も酒も解禁されるのは 一週間後なのだか

ら、もう一息の辛抱だ。他愛のない前書きだが、それは結果には異常もなかったのでこんな状態なのだ。

しかし国会での左派野党は異常だ。 然も空転させる原因さえ作っているのに自覚もないのだ。 それこそ

重症なのだ。 先日国会では民主党の辻本清美衆議員が、首相からヤジを浴びたのと宣っているのだが

当日の国会中継を見ていると 確かにヤジは飛んでいるが、辻本氏が名指しをしなければ解らない喧騒

振りだった。 その辺の反応は嘗ての小泉内閣時の答弁を彷彿とさせるが、今回の質疑では延々と自身

の主張だけを述べてなかなか質問に辿り着かないのだ。然もその間の経緯も何を言っているのかも解ら

ない始末だ。 だがそれは別に辻本氏に限らず民主党議員は自身の主張ばかりを通すのに必死で余裕

もなく、全てが結果ありきの答弁なので鬱陶しい。しかしテレビ報道では、そんなダラダラとした経緯を別

に説明をする訳でもなく、全てが安倍首相に非があるように報道をする。首相の周りは敵だらけである。


そうかと思えば、日本共産党の志位委員長は自ら発言をした質疑のトラップに填まるなんて愚行を晒す。

共産党の志位和夫委員長は27日に安全保障関連法案の審議が始まり、法案成立後に自衛隊員が現地

に派遣された場合は、隊員が戦闘に巻き込まれる可能性についての懸念を示し指摘した。それに対して

中谷元防衛相は 「武器を使って反撃する事はないので、戦闘行為になる事はない」 と主張し、安倍首相

も「後方支援をする上では、安全な場所を選んで行う。 非戦闘地域で行うのと基本的に同じ考えだ。武器

の使用は、任務遂行型ではなく自己保存型。 万、万が一、襲撃に遭っても応戦して任務を続けるのでは

なく、直ちにに退避する」と説明したのだが、それに対し志位氏は「自衛隊の後方支援活動が格好の攻撃

目標になるのは軍事の常識だ」と述べているのだ。しかしそれは正論だろう。つまり「木を見て森を見ず」

と批判をしているのだが、それでは日本共産党が固持する指針でもある「憲法第九条」を自ら否定をして

いるようなものだ。 ようやく現実に気がついたか?流石に安倍首相に対し「ポツダム宣言」の内容につい

て言及した政党だけの事はある。 これは実は日本共産党としての根底を揺るがす発言なのだが、志位

氏は、そのトラップには御気づきの上での事なのだろうか?物事の辻褄とは得てしてこう言うものである。


そうかと思えば、米ハワイ州を訪れた翁長沖縄県知事は、27日午後にホノルル市内に於て同州選出の

メイジー・ヒロノ上院議員、 トゥルシー・ガバード下院議員と相次いで会談をして、基地移転問題の良否

を説いたが、ヒロノ氏曰く 「ハワイにも基地はたくさんあるが、運用について 米政府は地元住民の声を

聞く。 日本政府は沖縄の人達ともっと話し合うべきだ」と日本政府の対応に疑問を示した。 ガバード氏

は、日本の国土面積0・6%の沖縄に在日米軍専用施設の74%が集中する現状を知って 「初めて聞く

話ばかりだ。議会で取り上げたい。次に会う機会があれば、もっと前に進めたい」と理解を示したとの事

だが、米国政府の見解として、米国務省のラスキー報道部長は27日の記者会見で、ヤング日本部長が

同県名護市辺野古への移設計画が「唯一の解決策だ」と述べて、改めて翁長知事の意向を否定した。


さて「赤い大地」と言えば沖縄と共に北海道も似たようなものだが、「北海道新聞」の社説も酷いものだ。

その全文を読んだ処で大した内容でもないので抜粋するが、その社説では「歴代内閣の憲法解釈を変

え、集団的自衛権の行使を容認した。海外での武力行使に道を開くものであり、 平和主義の放棄に等

しい。 中国の軍事的台頭など日本を取り巻く安保環境の変化に対応するためには、日米同盟を強化し

て抑止力を高める必要があるというのが政府の言い分だ。だが戦後日本が戦争に巻き込まれず、曲が

りなりにも平和を維持してきたのは、日米同盟の抑止力が あったからというより、憲法の歯止めがあっ

たからではないか。日本の非軍事分野での貢献は国際社会で評価され、それが外交上の発言力の裏

付けになっている。それを手放せば、日本や世界の平和にむしろ逆効果にならないか。」 としているの

だが、なんと言うお花畑か?つまり北海道新聞は、真顔で日本国憲法で平和が保たれ、それによって

国際的な地位を得たと主張をしている訳だ。なれば日米同盟による安保理には何の意味もないのか?

そもそも自衛隊の存在とて、GHQ政策の賜物である。要するに米国も憲法第九条の矛盾に気づいた

と言う訳だ。だから後に安保理に繋がるのだが、これとてミスリードされて「血のメーデー」なんて事も

あった。なれば日本も軍隊を持てと言う事だが、この辺も日本の左翼政党や団体は曲解をしている。


さて沖縄県知事もあれなら東京都知事も酷いものだ。2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場と

なる新国立競技場の整備費を巡り、舛添要一都知事が文部科学省の対応を散々批判してるが、それ

について到頭、下村博文文科相は舛添氏に苦言を呈す。文科相曰く「当事者意識をもってやってもら

いたい。開催都市の知事だとの自覚で、一緒にやろうという思いを持ってほしい」と意見をしたのだが

当然だろう。 それまでの経緯は割愛をするが、そもそも東京五輪は何処で 開催をするのだろうか?



「早く質問しろよ」 安倍首相、辻元清美氏に対してヤジ…民主の抗議受け陳謝
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000082-jij-pol
共産・志井委員長「自衛隊の後方支援活動が、格好の攻撃目標になるのは軍事の常識」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik15/2015-05-28/2015052803_01_1.html
翁長雄志沖縄知事、ハワイで2議員と会談
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000014-okinawat-oki
米国務省「辺野古が唯一」改めて伝達へ 訪米の沖縄知事に
http://mainichi.jp/select/news/20150529k0000e030223000c.html
【新安保法制 国会審議入り 国のあり方 議論尽くせ】
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0026479.html
文科相が都知事に反論 新国立競技場の整備費巡り
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG27H9M_X20C15A5CC1000/
日本政府「韓国への世界遺産登録『妥協提案』は事実無根」
http://japanese.joins.com/article/130/201130.html
首をかしげる台湾人!?「日本人として戦ったのだから敗けたのでは?」、政府当局の「中華民国は勝利」にいまだ抵抗感
http://news.searchina.net/id/1575517?page=1
【鹿児島】口永良部島、全域に避難指示 噴煙の高さ9000mに
http://www.asahi.com/articles/ASH5Y3DJPH5YUTIL006.html



クリックすると元のサイズで表示します



それとこれは「まだやってるのか?」と言う記事だが日本政府が朝鮮人強制労働施設が含まれた日本

の近代産業施設の世界遺産登録の動きに関連し、韓国政府に妥協案の協議を提案した事実はないと

した件だが、KBSの報道によると、菅官房長官は記者会見でも「そのような事実はない」と答えている。

更に「我々は引き続き日本の考えを確実に根気よく説明し、韓国の理解が得られるように努力したい」

と述べてはいるが、韓国政府も此処まで来ると流石に内政干渉だ。 然も関係のない事だ。 鬱陶しい。


さて台湾では、政府・国防部が1月に 「抗日戦勝利70周年を記念して、年内に複数の活動を行う」 と

発表をしたが「当時の台湾人は日本人として戦ったのだから、敗北したのでは?」との見解が殆どだそ

うである。 更にインターネットでは「台湾人は日本人として戦ったから敗戦したのだ」 との書き込みが

あり、清国は日清戦争の結果の下関条約の結果「日本に永久に割譲された」として、 それは1952年

4月28日に 締結をされたサンフランシスコ条約で日本は台湾と(台湾近くの)澎湖島の主権を放棄を

したので、日本が連合国に降伏した1945年には「台湾人は日本国籍だった。 従って敗戦国国民だ

った」としている。 それを証拠に戦後に中国で統治したが、その支配層は、台湾住民を「敗戦国国民」

として扱ったと指摘をしており、1947年2月28日にあった台湾住民の大量虐殺した事件(2.28事件)

も、台湾人を敗戦国民と見なした事から発生したと主張し「但し戦勝国が敗戦国の捕虜を虐殺する事

は重大な戦争法規違反」とも論じている。それに歴史教科書に於ては「我々は戦勝国と習った」として

台湾人自身の歴史を教えない事は「植民地主義による洗脳教育」と主張をする。その矛盾に気がつい

ている台湾人の見識には感心する。歴史を見つめ直すとは正にこの事だ。歴史とは蓄積であって恥で

はないのだ。それがあって今がある。大韓民国にも台湾の歴史認識を見習ってほしい。嘘はバレる。

0

覇権主義とノーベル平和賞  ニュース



人気ブログランキングへ 



今週も特亜関連のニュースばかりだが、まづは芸能。元AKB48の前田敦子さんが、7月放送開始の

松山ケンイチ主演ドラマ「ど根性ガエル」(日本テレビ系・ 土曜午後9時〜)で、29歳のヒロイン・京子ち

ゃんを演じる事になったが、原作の時代背景から、そのモデルは 吉沢京子さんが浮かぶので正直合

うかは観てみないと解らない。 それに対し、原作を知っていたと言う前田さんは「お母さんに話したら

とっても喜んでくれました。 ストーリーは、今の子供達が見ても、テレビの前で、くぎ付けになるような

すごく分かりやすくて明るいお話。 すごく前向きなお話で溌剌としている」と述べたのだが、なるほど

確かに前田さんには母親世代のアニメーションだ。そこで私見で申し訳ないが、この原作漫画もアニ

メ作品も所謂「江戸の粋」満開だったので、それが何処まで表現されるか気掛かりだ。 それにしても

前田敦子さんは、割と話題作には出演の機会が多く、太田プロも頑張っているなといつも感心する。


それとこれはどうか?と言う記事だが、女性平和外交フォーラムと韓国女性弁護士会は、今月30日に

生存しているイ・ヨンス氏など慰安婦被害者53人をノーベル平和賞候補に推薦する為の方案を正式に

提案する意向なのだが、それに伴い両団体はソウルの鍾路恩恵文化院で「女性と児童の安全の為の

平和の庭」と題した後援行事を行ったそうだ。それで「慰安婦関連活動に対するノーベル平和賞推薦

の為の対話の広場」を開く事にはしたが、今月27日に「日本の過去の歴史反省と責任を促し、日米韓

軍事協力に対する懸念を伝える」と言う題名の書簡を米国議会と米国大使館に送ったとの事だ。その

内容は「日本政府が過去の歴史を懺悔して慰安婦問題を解決出来るように米国議会が日本を圧迫し

てほしい」との要求が盛り込まれている。だがこの手の問題は既に米国政府は愚か、上下院議員に至

るまで、信憑性の問題で梯子を外されてはいなかったか?然もベトナム戦争時の事まで飛び火をして

いるので、 ようやく韓国の慰安婦問題の実態も解り、 米国政府も「韓国疲れ」なのだから、そこをけし

掛けては酷だろう。 しかしながら売春婦をノーベル平和賞に推薦するとは 委員会も呆れる事だろう。

然も当事者も当時の売春行為を得意満面で語る。今更だがどうやらこの人達は羞恥心がないらしい?


唐突だが「厚顔無恥」と言う言葉がある。その意味は厚かましく、恥知らずで自分勝手な事を指すのだ

が、それを国単位でしているのが現在の中国だろう。それで事もあろうに中国外交部の華春瑩報道官

は26日に北京で「フィリピン側の一部の人間が最近、南シナ海問題で活発に動いている」と述べた上

「中国は小国いじめはしないが、小国も理由なく騒ぎ立てるべきではない。フィリピン側がただちに挑発

行為を止めるよう求める」 としたのだが、そもそもの挑発行為を繰り返すのは 他ならずも中国の事だ。

それは前日にフィリピンのアキノ大統領が、中国の哨戒機が南シナ海の紛争海域に於て定例飛行を

続けている事を批判し「中国は小国いじめをすべきではない」と意見をした事に対する回答だ。更には

フィリピンのガズミン国防相も 「カーター米国防長官との会談で、更なる支援を求めたい」 と語ってる。

とは言えフィリピンにも事情がある。 元々は駐留米軍基地が 存在をしていたのだが、 実は政治的な

理由で撤退が完了している。 なので恐らく中国も、それを見越したのだろうが、それが沖縄と重なる。

つまり基地が無くなれば当然侵略と言う事だ。そんな時に28日午前には、沖縄県の尖閣諸島の沖合

で中国海警局の船3隻が相次いで日本の領海に侵入をした。 これは第11管区海上保安本部による

発表だ。だがそれに対し、肝心の翁長知事からは何の抗議すらない。これはどう言う事なのだろう?


それ処か翁長氏は、辺野古の代替施設の本体工事着手に対し「工事を停止させる知事権限について

「10前後ある」と言う始末だ。 だが権限の根拠は解らず、 更に「然るべき時期に行使していきたい」と

してるのだが、何か勘違いをしていないか?そこで疑問だが、その10以上もある権限とは何だろう?

然もその言い分が、特亜諸国の御題目とそっくりなのだが? フィリピンは基地問題の前例を示した。


経済産業省は27日、2015年版の「不公正貿易報告書」を発表したが、中国政府が同国内に進出した

海外の銀行等に現金自動預け払い機(ATM)や コンピューターシステムの技術を中国で特許登録して

事実上の情報開示をするように要求していた事が解ったのだが何を企んでる?それに対し日本企業

からは「ATM等に使われる技術は企業秘密であるだけでなく、防犯上の問題もあり、到底開示出来な

い」との声が広がったが当然だ。 これがもし民主党政権時ならば簡単に 売ってただろうと恐ろしい。



実写版「ど根性ガエル」前田敦子がヒロイン・京子ちゃんに決定!
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000003-flix-ent
「日本軍慰安婦被害者お婆さんたちにノーベル平和賞を!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00020801-hankyoreh-kr
外交部、「中国は小国いじめはしない、小国も理由なく騒ぎ立てるべきではない」―中国メディア
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10159388/
尖閣沖 中国海警局の船3隻が相次いで領海侵入
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150528/k10010094271000.html
辺野古移設で翁長氏、工事停止「知事に権限」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20150526-OYT1T50102.html
中国政府、ATM技術の公開要求…日本企業反発
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20150527-OYT1T50121.html
「世界で最も影響力のある女性」、朴大統領が11位に、首位はメルケル独首相―中国メディア
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/10160295/
韓国外交部、日韓首脳会談にオープンな立場
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150527-00000055-rcdc-cn
今井雅之さん死去 大腸がんで闘病も…容体急変、54歳
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000091-spnannex-ent
樹木希林さん「医者が言うから」全身がん 「遺作」は宣伝文句で…
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150528-00000512-san-ent







米誌フォーブスによると今年の「世界で最も影響力のある女性100人」を発表したが、そこではドイツの

メルケル首相が5年連続で首位で韓国の朴槿惠大統領は11位でアジア最高位だった。だから何だと

言う話だが、朴大統領は5月26日の韓国メディアの記事によると、韓国外交部の魯光鎰報道官の談で

は、韓国政府が日韓首脳会談の開催にオープンな立場だと述べて「韓国政府は日韓首脳会談の開催

にオープンな態度だ。日韓首脳会談は、両国が持続可能な相互信頼を構築する為のものにすべきだ。

その為、双方は まずそのような環境を作られなければならない」と述べた。 だが日本政府はいつでも

オープンだった筈だが?財務省大臣同士でも対話だけはした。 しかし何も変わるまい。 対話だけだ。


これは全然他人事ではないのだが、大腸癌末期に記者会見で発表していた俳優の今井雅之さんが

28日午前3時5分に都内の病院で死去した。54歳だった。 恐らくは大腸ポリープを放置した末の事

だろうとは思うが、怖いものだ。それと癌と言えば既に全身に転移した事を告白した樹木希林さんの

本人談では「それはね、医者が「全身がんです」って言うから、全身癌なんです。ピンポイントで放射

線を当てる治療を受けていてね。 また来てくださいよって 先生が言ってくださるので、しばらくたっ

たら行こうかなと思ってるの。」 と飄々としてるが癌もそれぞれである。 そうかと思えば漫才ブーム

時に活躍した「今いくよ」さんが胃癌で死去した。67歳だった。有名人の癌による死が相次いでいる

が、この病気は決して他人事ではない。改めて定期的な健診による早期発見が大切だと実感をした。



クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ