覆水盆に帰らず  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



「♪ちょ〜っと皆さん聞いてくれ〜」 で始まるのは、高石ともやさんの 「受験生ブルース」 だが、受験生は正直、

正月処ではあるまい。しかしながら小生も元旦から働いているので正月気分も薄い。それと言うのも近年は気持

ちの上だが、その季節感さえコントラストが薄いのだから仕方ないのだ。 こんな前書きから始まるのは大した内

容がネタにないからだが、これを伏線に張って何か話題を拡げられないかと、いつもそんな模索をする。 その時

点で行き詰まっているが、一日一回ペースで更新を続けているこの blogは、正に更新をする事自体が日課に

なっている。それが小生の生活リズムにも組み込まれているのだが、あまり能書きが長いと内容までに到達せ

ずにトーンダウンをしてしまう。世界は揺れる。日韓関係は相変わらずだが中東情勢も気になる。



これは時事通信の記事だが、サウジアラビアがイスラム教シーア派 (Shiite) 指導者の死刑を執行した事から

シーア派であるイランの反発を招いている。それでサウジと緊密な関係を持つスンニ派(Sunni)アラブ3ヶ国が、

4日にサウジに続いてイランとの国交断絶や格下げに踏み切った。これによりサウジとイランの緊張関係は本格

的な外交危機に発展している。 事の発端は、サウジが著名なシーア派指導者で活動家として知られるニムル・

ニムル(Nimral-Nimr) 師の死刑を執行した事で、イランが強く反発し、サウジ大使館も攻撃された事からサウジ

がイランと断交を実行した。しかし更に収まらず、バーレーンとスーダンが追随する事となった。それによりアラブ

首長国連邦(UAE)も外交関係を格下げしており、イランに駐在している外交団を召還している。イラクでは4日に

スンニ派のモスク2ヶ所が爆破され2人死亡した。 それにより、スンニ派の湾岸諸国は、イランが自国の内政問

題に繰り返し介入したと非難した。 それでバーレーンではイランが湾岸のアラブ諸国に「目に余る程の危険な介

入」を行っていると厳しく批判しており、UAEもイランによる介入が「前例のない水準」に達してると主張している。

これを日韓関係に当て填めると、如何に日本政府が韓国政府に対し、対応が生緩いかが解るだろう。普通は、

これが当たり前なのだ。韓国絡みの事案は既に宣戦布告に相当し、国交さえ断絶している状態の筈である。



その韓国外務省報道官は、5日の定例会見で、旧日本軍の慰安婦問題の実態を国内外に知らせる事を目的に

女性家族省が編集をする「慰安婦白書」について「韓日合意とは関係ない」と断りを入れる事で「予定通り発刊さ

れると理解している」と述べているのだが如何なものだろう? つまりこの前の外相合意は何の役にも立たなかっ

たと言う事だ。それにしても喉元を通り過ぎるのは早過ぎないか? 尚、日韓合意による調印は米国が立ち会い

の元で3月にされる予定だが、これで確約が取れているとは思えず、此処まで「反旗」を翻されてはそれこそサウ

ジとイランの関係と照らし合わせてものを見てしまう。これは3日の韓国・聯合ニュースの記事だが、留まる事を

知らない反日行為が続く状態で、日韓政府が慰安婦問題で合意し、関係改善の模索をするのもどうかとは思う。

しかしそんな中でも両国の経済的懸案と協力を議論するハイレベルな協議を年初に開催するのだから訳が解ら

ない。 韓国政府筋の観念では、日韓両国は、1月中旬には東京に於て、第14回日韓ハイレベル経済協議の開

催を検討している。だがこれは毎年恒例の協議である。 そこで外務省の長嶺安政外務審議官と韓国外交部の

李泰鎬経済外交調整官が主席代表として参加するのだが、此処では韓国による日本産水産物の輸入規制等の

日韓関係に重要な経済分野の懸案が議論をされるそうだ。つまり「それはこれ、これはそれ」と言う事だろうか?

その背景には、やはり韓国経済の悪化改善を何とか図りたい意図も感じられる。



だからこんな動きもある。 これは4日の韓国・ニューシスの記事である。韓国には「オンマ部隊奉仕団」と言う市

民団体があるのだが、 同日午後にソウル麻浦区の韓国挺身隊問題対策協議会事務室の前で記者会見を開き

「もう日本を許す時だ」と訴えている。 その上で「日韓合意の後、安倍晋三首相は朴槿恵大統領と電話会談し、

謝罪の意を示した。日本が初めて責任を認めたのだから、慰安婦被害者らはそれを受け入れるべき」と主張をし

ている。これは「親日罪」がある韓国としては異例の出来事である。それで更に「慰安婦問題は韓国が弱かった

時代に発生した事件であり、今回の合意を導き出す事が出来たのは韓国の国力が増した証拠」と説明をしてお

り「韓国がより強い国になる為、慰安婦被害者らが犠牲になってほしい」としている。尚、その意見は挺身隊問題

対策協議会にも向けられ「慰安婦問題を政治に利用するな」と訴えている。これは「用日」を装おった扇動工作と

も取れるが、国家も切羽詰まると色々な政治団体が発生をするものだ。 確かに韓国経済はデフォルト寸前なの

だから、使える手は何でも利用をしたいのだろう。 正しく「背に腹は代えられぬ」と言う事だろうか?



イラン・サウジ対立が激化、スンニ派諸国が相次ぎ断交
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000010-jij_afp-int
慰安婦白書発刊へ=「合意は無関係」と強調―韓国
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160105-00000080-jij-kr
韓国団体が記者会見「もう日本を許す時。慰安婦被害者らが犠牲になって!」
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20160105/Recordchina_20160105041.html
維新の党との合流で… 民主党の党名変更で合意 
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/news/post_103687



クリックすると元のサイズで表示します



民主党と維新の党は、両党の合流を模索しているが、仮に実現した場合は「新党」として党名を変える意向が合

意されたそうだ。これは「イメージ戦略」だが、即ち民主党の名前を外す事で、民主党政権時代のマイナスイメー

ジを払拭するのが狙いだ。しかし「覆水盆に帰らず」の言葉通りに「だからなんだ?」と思ってしまう。なのでそれ

で夏の参院選で得票が伸びるなんぞ考える事自体が愚策だろう。それに対しネットでは、政党名に感心が寄せ

られているが、正直どうでもいい話しだ。「新社会党」にでもするが良い。それにしてもこの政党は駄目だ。

0




AutoPage最新お知らせ