共産主義や社会主義者の民主主義  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



連日寒いが、この寒波も言語道断で、何十年振りやら百年振りやらの異常事態である。 それでも北海道みたい

な元々雪が降るような地域では「今年はずいぶんと冷えるなぁ〜」 程度の呑気なものだが、ドカ雪で慣れている

地方でさえも、それに「超」がつく状態なのだから「やめてくれ〜」なんてものだろう。テレビの報道では、西日本が

全体的に「何これ?」 てなもので、鹿児島県・奄美大島の名瀬測候所では、115年振りの大雪を記録なのだから

「何が起きた?」なんてものだろう。 然も長崎市では過去最多となる17センチ、鹿児島市でも11センチ、佐賀市

は、7センチ、徳島市と福岡市2センチ、和歌山市1センチの積雪があったとの事だ。それが北国ならば「そんな

程度」だろうが、普段降らない地方なれば大事なのだ。沖縄ではみぞれが降った。ストーブが欠かせない。今日

も寒い。 さて歴史的寒波の沖縄と言えば、普天間基地がある沖縄県宜野湾市の市長選挙があって、24日に投

票が行われたのだが、そこで自民党と公明党が推薦する現職の佐喜真淳氏が再選を果たしている。つまり政府

が進めている名護市辺野古への米軍基地移設計画推進派が、 やはり宜野湾市民にとっては良かったと言う事

になるのだが、これには翁長知事に対する憤りもあるかも知れない。 現知事は沖縄を見ていないで何かと言え

ば「中国」ばかりである。 そんな状態ならば地元の人なのも怪しい市民団体と違い、目前に迫る中国漁船(武装

をしている) が威嚇行為を繰り返しているのにも関わらず、当の知事は、その中国に行っては歓迎され、米国に

行っては日本政府の悪口ならば「本当に沖縄の事を考えてるの?」 なんて不審に思われても仕方がないのだ。


それこそそんな奴らに任せていては「沖縄が危ない」てなものだ。そもそも普天間に基地がある事で住民の安全

性を考えれば辺野古へ移転すれば丸く収まる筈なのに、その案でさえ反対となれば、どうしたら良いのだろう?

それも民意の筈なのに?だから今回の結果は本当の住民は現状に対し危機感がある事が解り安心する。中国

漁船は赤珊瑚を根こそぎ取っても何も言わず、辺野古では「ジュゴンが」「珊瑚が」とか「自然破壊はやめろ」なん

て騒ぐ報道ばかりを見ていては変に思わない方がどうかしてる。 その選挙の結果については、日本共産党の

山下芳生書記局長が、「大変残念な結果だ」とした上で、「政府は、この選挙結果をもって移設を民意とすべきで

はない」と狂った意見をしている。 だが「それを言ったらおしまいよ」で、それなら沖縄県知事選挙の際に翁長氏

が当選をしたのは民意ではないのか? その時にも「民意」と言う言葉を使い勝利宣言をしたではないか? 然も

「辺野古移設の本音を隠した」と指摘し 「『普天間の固定化阻止』『1日も早い返還』『政府と戦った』と言う市民を

誤魔化す論戦に終始した」なんて事を言うのだから呆れてしまう。 日本共産党にとっての「民意」とは何なのだろ

う?だけど共産主義政党が民主主義を叫ぶ事自体が可笑しいのだが? 此処で変な定義で申し訳ないが、共産

主義は人間がやっている限りは成功しない。野暮なので理由は説明しないが、感の良い人ならば解るだろう。



さて此処で話題をガラリと変えるが、 筋萎縮症を患う31歳のロシア人、ワレリー・スピリドノフ氏の頭部移植手術

に関する医療実験が成功したとの記事があった。 だがその記事を読めば読む程、不安になるのだから困ったも

のだ。 その記事によると人間の頭部移植手術を計画しているイタリア人外科医セルジオ・カナベーロ氏が、サル

の頭を別のサルの体に移植する実験に成功したと発表をしたのだが、実験は中国・ハルビン医科大学のレン・

シャオピン博士らと共同で行なったとの事。 そこで「それで成功とするの?」と思ったのは、切断されたサルの頭

部を別のサルの体を繋いで血液が供給されるようにしただけで、肝心の脊髄をつなぐ処置はしていないと言うの

だから「そんな認識で大丈夫か?」と不安になる。 今回の実験は1970年に行われたロバート・ホワイト氏の研究

の再現で移植する頭部をマイナス15℃まで冷却する事で、脳を損傷させずにサルを生かす事が出来る事を確認

出来たとはしているのだが、それでは、その1970年に行われた実験の結果はどんな感じだったのだろう? それ

で、それが掲載された記事を引っ張り出してみるとロバート博士は、一頭のアカゲザルの頭部を別のアカゲザル

の肉体へと移植したのだが、その実験自体は何度も成功しているとの事だ。然も目覚めたサルは視覚・聴覚・味

覚・触覚などの感覚を維持していた。その上、最長で8日間も生き延びたと言うのだから驚きだ。しかし残念な事

に脊髄の神経の損傷により、首から下は麻痺したままだったと言うのだから、「それならばどうしようもないじゃ

ん?」なんて思うのが正直な感想だ。 問題はその先の筈なのにカナベーロ氏が今回した実験は、血管を繋ぐ手

術だけだった。 それでは「死んだも同然ではないのか?」と疑問しかないのだが如何なものだろう?なので本来

は接合手術の後に蘇生し、普通に生活出来るまでしないと不安ではあるまいか?尚今回の実験では、倫理的な

理由からサルは手術後20時間だけ生かされたと言うのだから可哀想だ。これで本当に大丈夫なのか?



沖縄除く西日本全府県庁所在地で氷点下 積雪は長崎7センチ、鹿児島3センチ、佐賀3センチ
http://www.sankei.com/west/news/160124/wst1601240016-n1.html
西日本で記録的大雪100人以上負傷、死者も…空の欠航、特急運休相次ぐ
http://www.sankei.com/west/news/160124/wst1601240064-n1.html
【沖縄】宜野湾市長選、自公推薦の現職、佐喜真淳氏が当選確実
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160124/k10010383951000.html
共産・山下書記局長「政府は移設を民意とすべきでない」
http://www.sankei.com/politics/news/160124/plt1601240033-n1.html
翁長知事「サンゴ損傷確認できず」…辺野古沿岸
http://www.yomiuri.co.jp/national/20151118-OYT1T50023.html
【閲覧注意】サルの頭部移植手術に成功、次はいよいよ人間
https://www.newscientist.com/article/2073923-head-transplant-carried-out-on-monkey-claims-maverick-surgeon/
マッドサイエンス?人間の頭部を切り離し、別の肉体への移植は技術的に可能になりつつあるらしい
http://irorio.jp/sakiyama/20130703/67051/
【政治】民主がまた「安倍首相はヒトラー」批判 小川参院幹事長「だんだん似てきた」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160123-00000544-san-pol



クリックすると元のサイズで表示します



さて民主党関連の記事を拾うとこんなのしかない。民主党の小川敏夫参院幹事長は23日に夏の参院選で野党

を支援する市民団体系の組織である「市民連合」が都内で開いた会合で挨拶をした際に「安倍晋三首相はだん

だんヒトラーに似てきた。中身がなくて、ただ言葉だけ美しい」と批判をしたのだが、これは社民党の福島瑞穂氏

も同じような事を言っていた。日本の左翼はつくづくヒトラーが好きである。だが肝心の本質的な部分では批判が

出来ない。つまりそれはヒトラーの事を何一つ理解をしていないと言う事だ。なればそのナチスとの蔑称で語り継

がれる「ドイツ国家社会主義労働党」 がドイツで与党だった時代は何をしたかと言う事になるが、例のユダヤ人

政策をする前は、第一次世界大戦で極度に疲弊したドイツ経済を立て直す事に目的は絞られた。それで財政改

革や労働者政策を実行したのだが、その中には社会的格差の是正もあった。その産物がフォルクスワーゲンに

代表される大衆車の開発なのも大きな功績だと言えるだろう。 つまり労働者には全て還元出来るものには努力

を惜しまない政策をした訳だ。それと財政貯蓄制度も労働党の経済政策である。 なので逆説だが、現在の安倍

首相は、ヒトラーにも及ばないとした方が寧ろ合った表現だろう。 戦前のドイツは労働者問題に於いても先進国

だった。8時間労働と言うのは労基法では当たり前だが、その制度も労働党なら、福利厚生についても充実して

いた。話を戻そう。小川氏はその会合で「ヒトラーと言えば、(嘗て麻生太郎)財務相が『ナチスの手口を学べ』と

言った。全くその手口を学んで、今度は実行している。酷い話だ」と苦言を述べているのだが、そんな前提がある

と意味合いも違ってくる。 だから小川氏の言う「ナチスの手口に『どんな嘘やバカな事でも繰り返し繰り返し自信

をもって言え。そうすると、だんだん国民がついてくる』というのがある。 首相はその手口をまっしぐらに進んでい

る。本当に危険を感じる」と訴えたのだが、「どんな嘘やバカな事でも繰り返し繰り返し自信をもって言え。 そうす

ると、だんだん国民がついてくる」と言うのは正に民主党の政権交代時のマニフェストではないか? それを媒体

を使って大々的にやった。これは戦前のドイツ宣伝省でゲッペルスがした手法に近い。つまりナチスの負の部分

をそっくり継承したのが民主党政権だった。だから仮にそのマニフェストが全部時実行が出来たならば、民主党

はナチスを超える事が可能だった訳だ。 それだけ「ドイツ国家社会主義労働党」の経済政策は有能だった。





0




AutoPage最新お知らせ