実態と根拠  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



昨日は旧友と会って、知人の若き死を偲んだのだが、小生の周りとて、持病持ちやら何やらで、身内も病気だと

かそんな話ばかりしかない。その旧友との付き合いは古い。 だが意外と現在は疎遠になっていたので、久々に

会えて良かったと素直に思った。改めてゆっくり会いたいものだ。それで会食をした際、中華料理店で飲んだ紹

興酒が美味しかった。GWが始まった。だが北海道は地方によっては今時雪が降った。まだ不安定なのだ。さて

現在勤めている職場では、どうも人間関係の風通しが悪い。 それで亀裂もあるので、また本職に戻りたいもの

だ。なのでその糸口でもつけたいと思う始末だ。なのでそろそろ関係各所を廻ってみようと思っている。動かなけ

れば何も変わらない。物事とはそう言うものだ。趣味は気晴らしにもなるが、最近はそれも薄いので、現在企画

中のものも含めてやって行こうとは思っている処だ。やはり写真屋のような技術屋は潰しが利かないようだ。



此処で話を変えるが、ケチと言うのはつけ始めるとキリがないものだ。 これは「沖縄タイムス+」 の記事なので

「尚更こうなるのかな?」 とは思うが、熊本地震でMV22オスプレイが物資を輸送した事について、28日に政府

が明かした公表では、全国に自衛隊の輸送機等は約310機あるが、オスプレイが派遣をされる前に被災地で災

害活動に携わっていたのは74機だったとする答弁書を閣議決定している。 これは社民党の照屋寛徳衆院議員

の質問主意書に答えたまものだ。照屋氏は、それに早速噛みつき批判した。「自衛隊保有の輸送体制に余剰が

あった事が解った。オスプレイの安全性をアピールするパフォーマンスで災害の政治利用だ」と。 その答弁書で

は、3月末時点で、九州に所在する自衛隊の輸送機と 陸自の多用途機は回転翼機が約40機あり、九州以外で

は、固定翼機は約40機、回転翼機は約230機あったとの事。 それでオスプレイが初めて災害支援に参加した前

日の17日時点で派遣されたのは、九州所在の回転翼23機で、九州以外は固定翼9機、回転翼は、42機あった。


ちなみに修理・点検中や、 他の任務に従事をしていた航空機以外の運用可能な自衛隊機は最大限活用してい

た。 それでオスプレイによる自衛隊員の輸送は行わなかったのだが、そこに沖縄の照屋衆議が不信感を示した

訳だ。照屋氏は余力と言う言葉を知らないのか?そんな余裕のない動き程、危険なものはない。それこそ人員も

含め、他に何か災害が起きた時に動かせるものがなければ何の対処も出来ないではないか? 何でもケチをつ

ければ良いと言うものでない。尚米軍の支援は24日に終了している。政府は「現時点でオスプレイを含む米軍航

空機の追加派遣要請を改めて行う予定はない」としてるが、初動での成果もあったので後は復興第一である。



こちらも酷い言い訳だが、例の舛添東京都知事の公費による遠方の別荘通いの件だ。そこでその理由をこう述

べている。舛添氏曰く「それで、先程から申し上げていますように、近くに居ろと言う事は、何メートル範囲に私に

アパートを借りろとおっしゃるのかと言う事であって。それで、いつ何時、 どう言う事が 起こるか分かりません。

仮に新宿の近くにいても、これが壊滅的な打撃を受けて、私が瓦礫の下敷きになって出る事も出来ない。少し離

れた立川に居ましたとか、下町に居ました。 こっちからの方が早く来られますと言うケース・バイ・ケースなので

す。だから先程申し上げましたように東京都に居ればいいと言う事ではないし、東京都に居なければいけないと

言う事でもない。都知事がしっかり仕事をして、どう言う時であろうとしっかりと指揮、命令系統が動いていると言

う事が大切だと思います。」更に 「これから夏は、先程言ったようにどうしてもリオに行かないといけないですし、

(リオは)地球の反対側です。けれども、こう言う事も仕事ですから、こなしていかないといけないので、そこはしっ

かりと。地球上のどんな場所に居ようと指揮、命令が出来るようにしていると。 また今後ともそれは更に強化して

いくと、そう言う事でご理解いただければと思います」 そこで記者に「今後、湯河原に週末行く頻度を減らす考え

はあるか」 と聞かれると「それは先程言ったように、色々な仕事状況とか、体調とかを考えながらと思っておりま

す」と記者会見で述べた。都知事は何が言いたい?それ以前に通常でも役に立たない都知事が、今更災害時に

何が出来る?他県から見ても舛添氏はリコール対象だ。やはり前任の猪瀬さんは、色々と、その手の層には都

合が悪かったと言うだろうか? それにしても舛添氏のこの発言は「何を言ってるんだ?この人は」と思う。



この政党も 今や存在価値すらない。 嘗て与党だった事も忘れ、政府の邪魔ばかりで混乱の元になっている。

それこそ民進党だが、28日の執行役員会で、マニフェストの一部を公募する方針の撤回を決めたのだが当たり

前だ。党幹部は「岡田克也代表の強い意向でなしになった」としているが、公募に関し「自ら政策も決められない

のか」との批判もあったので尚更だ。だが多分、民進党としては、これが開かれた政治なのだろう。しかしこれで

は国民に民進党には、もう政党としての能力もないと無能を晒しただけだ。こんな状態なのに再び「政権交代」?

「またまた御冗談を」と言いたい。 これでは応援をされている韓国にさえ役には立つまい。 何故かこの政党は、

日本よりも韓国の有権者とか政界、財界に評判が良い。何処の国の政党なのだろうか?日本には要らない。



オスプレイ熊本派遣「災害の政治利用」社民・照屋氏が批判
https://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=166049
「この1年、へそから下しか入っていない」 公務があると会見打ち切り、湯河原へ出発した例も…
http://www.sankei.com/premium/news/160429/prm1604290026-n4.html
【民進】マニフェスト公募中止 :http://www.asahi.com/articles/DA3S12334078.html
【米韓】韓国与党幹部、核武装論で元米高官から“警告” 韓国メディア「大恥をかいた」
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20160429/frn1604291532002-n1.htm



クリックすると元のサイズで表示します



これは恥ずかしい。韓国で核武装論を唱える与党セヌリ党の元裕哲院内代表が、27日に核保有の必要性をアイ

ンホーン元米国務省調整官に訴えたのだが、理由を詰問された上に核武装の動きは「相当な代価」 を支払う事

になり兼ねないと「警告」されていた。  だが元氏は北朝鮮の核開発を「ただ見ている訳にはいかないのでは」と

不服だ。これは米国大統領候補の発言によるものなのは明白だろうが、現在の米国大統領は、まだオバマ氏で

ある。なのであまりにも気が早い。然もそれを核不拡散問題に取り組んできた専門家の前で披瀝して論破をされ

るのだから韓国メディアからも批判的に「大恥をかいた」と報じられても仕方ないだろう。それに韓国は核不拡散

条約に加盟をしているのだ。 然も6ヶ国協議で「朝鮮半島の非核化」を議題にしていたのではないのか?

0

ファウストの劫罰  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



昨日は休みだったのだが、あまりにも疲れ過ぎていて結局、何も出来なかった。なので聴くレコードもモーツァル

トから始まったが、久々に聴いた「戴冠ミサ」が、とても良かった。それと「雀ミサ」で知られる「ミサ・ブレヴィス」と

「アヴェ・ヴェルム・コルプス」を聴いたのだが、曲のせいか、とても癒された。それから「レクイエム」を聴いた後に

「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」のオリジナルの方を観ていた。〆は、ベルリオーズの劇的物語「ファウストの劫

罰」だった。これはNHK交響楽団の1987年9月の定期演奏会を録画したものだが、それが素晴らしかった。指揮

はシャルル・デュトワで、同楽団では音楽監督を務めた事があった。 これはそれなりに古いので、音域も狭く、然

もまだ ハイファイ・ビデオでもない、ソニーのβマチックで録画をした ビデオテープからのDVD化だったのだが、

そんなものだと思いながら観ていたら、演奏が良い事もあり、音質も気にならなかった。 それでぼんやりと、これ

から企画しているものを考えていたのだが、図面でも引けばイメージも具体化する。またどうでもいい前書きだ。



さてこれは考え過ぎと言うよりは被害妄想だろう。それだけ欧州のフェミニストは本物だ。欧州映画では、女性監

督の作品は、男性監督の5分の1だそうだ。そこで欧州の女性権利擁護団体が、映画産業に於ける積極的な男

女差別是正措置を訴える報告書をまとめた。 そこで「欧州女性オーディオビジュアル・ネットワーク(EWAN)」は、

7年間に渡り、英国、フランス、ドイツ等の 欧州7ヶ国の映画界を分析したのだが、 その調査結果では、映画学

校卒業生の44%を占める女性のうち、実際に業界で働くのはその半数に満たなかったと言う事だ。そこで「女性

監督はどこに行った」 と題する報告書を作成したが、資金提供者は、女性の企画をより「高リスク」と見なすと指

摘した。 それによると「資金不足の結果、世に出る女性監督の映画は少ないままで、その事が投資意欲に影響

する悪循環を招いている」と分析している。だが傍目から言わせて頂くと、それ以前に女性で映画監督を志す人

が少ないだけだと思うのだが如何なものか? とは言うものの、女性の映画関係者は物凄い人数が関わってい

る。メイクもタイムも編集も然りで諸々だ。しかしながら人権団体は自分勝手な卑怯者だ。結局それらの団体が、

周りを差別している。 それに地位は実績だ。だからこの分野も同じ事が言える。 何事も蓄積が大切なのだ。



次は米国だ。「まさかこんな展開になるとは」と日本の外務省幹部は、トランプ氏の躍進に焦りを募らせる。 そこ

で仮に「トランプ大統領」が誕生した場合の世界情勢に対する影響力の解析を始めているとの事だ。然もトランプ

氏の「外交ブレーン」は独自で外務省幹部は「知らない人だらけ」と困る。そこで政権内から囁かれるのは「クリン

トン氏なら心配はないのに」との言葉。そのトランプ氏と言えば、日本に対して核保有を認める発言が話題となっ

たが、韓国に対しては、在韓米軍の撤退を上げ、軍事的に見捨てる発言を繰り返えしている。 それで在韓米軍

の撤退や核兵器保持の容認をしているのだが、この根底は「北朝鮮と韓国の戦争に何故、米国が巻き込まれな

ければならないのか」との疑問があるからだ。これも米国の有権者から支持をされた。 しかし理由もある。韓国

は、朝鮮戦争が「自分達の戦争」なのに米国に押しつけ、敵前逃亡した韓国軍の印象が、当時を知る人には未

だに浸透しており、裏切者と見なされているからだ。おまけに在韓米国大使まで教われる始末なれば尚更だ。


では北朝鮮はどうなのか? 今月中旬から北朝鮮を訪問していた故金正日総書記の元専属料理人の藤本健二

氏は、27日に東京都内で共同通信の取材に応じたのだが、平壌で会った際、金正恩第1書記は 「米国と戦争す

る気は一切ないが、無理難題ばかり押し付けてくる。だから仕方なくミサイルを撃っている」 と述べた事を明かし

ている。 更に「日本は我が国をどう思っているのか」と日本世論に関心も示したとの事。 やはりそんなものかと

思った。ミサイル発射が既に外交カードにはなり得ない事は薄々気づいているようだ。 尚、藤本氏は、今月12〜

23日に訪朝しており、金第1書記とは、12日夕に約3時間にわたり食事を共にしたとの事。 そこでは党の崔竜海

書記ら約20人が同席をしたと言う。 藤本氏はまるで、北朝鮮のスポークスマンみたいな役割を果たしている。



女性監督作品、わずか2割=差別改善訴え―欧州団体
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000016-jij-eurp
トランプ氏躍進、冷や汗の日本外務省 「まさかの展開」
http://www.asahi.com/articles/ASJ4G5SJLJ4GUTIL050.html
「韓国守る必要なし」トランプ氏に喝采送る米有権者、かつて「敵前逃亡」した韓国軍に“根深い”不信
http://www.sankei.com/west/news/160425/wst1604250006-n1.html
正恩氏「仕方なくミサイル撃っている」? 面会の元専属料理人に 日本世論にも関心
http://www.sankei.com/world/news/160427/wor1604270042-n1.html
反権力がマスコミの本分なのか 岸井成格氏らが「真実を伝え、権力を監視する姿勢を貫く」と豪語する違和感
http://www.sankei.com/premium/news/160428/prm1604280005-n2.html
【文春】舛添都知事、公用車で湯河原の自分の別荘に通い続けること49回、400万円超 知事「問題なし!」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160428-00000033-dal-ent



クリックすると元のサイズで表示します



さて日本?のジャーナリスト達と言えば、相当論点がズレている。それこそ「ジャーナリズムは死んだ」と言っても

過言ではなかろう。 田原総一朗氏が3月24日に日本外国特派員協会で開いた記者会見で示した見解が解りや

すい。そこで田原氏は「時の権力、時の政権に対して、如何にそれをウオッチするか、どこが間違いかを厳しく追

及するのがマスコミの役割だ」とした。岸井成格氏も3月25日のTBS番組で「何よりも真実を伝え、権力を監視す

るジャーナリズムの姿勢を貫く事がますます重要」だと述べる。しかしジャーナリストの本来の役割は「真実を伝

える事」ではないのか?これでは政治運動だ。そこで、米国のジャーナリズム界の長老で、20世紀最高のジャー

ナリストと讃えられたリップマンの言葉を引用するが、氏曰く 「ジャーナリストは、自分が主観的なレンズを通して

世の中を見ている事を知っている」 更にその要求をされる仕事については「人々の意見形成の元となる所謂真

実と言われるものが不確実な性格のものである事を人々に納得させる事、(中略) 政治家達を突っついて、もっ

と目に見えるような諸制度を確立させる事」としている。 つまり過ぎると単なる扇動家になり下がる。危険だ。



そろそろテレビでも現都知事である舛添要一氏への批判が始まったが、このタイミングで、前東京都知事の猪瀬

直樹氏が、28日放送の日本テレビ系「スッキリ!!」 のインタビューに応じたのは、正に要を得たものだと思う。

そこで猪瀬氏は、舛添知事の高額出張について「職員があれこれ気を遣って(経費が)膨らんでしまう」 と述べて

いた。だがスイートルームの使用については「例えばニューヨークなら市長の訪問は役所に行くので、向こうから

来る事はない。緊急連絡体制が取れるホテルであれば普通のホテルでいい」と指摘した。 それは空港の貴賓室

使用も同様で「仕事はタイト。厳しい日程が終わったらさっさと帰りますから要らない」との事。 更に毎週末、公用

車を使っての別荘通いについては 「石原知事は23区内に家があり、逗子にも別荘があったが、逗子へは私用車

で行っていた。 舛添さんも23区の自宅まで公用車、そこから私用車なら問題なかったと思う」 と疑問を呈した。

その上で猪瀬氏は、危機管理上、別荘の在り方として 緊急無線がある事やポリスボックスがあり、ヘリコプター

の離発着場所がある事が滞在先として適切な三条件であると延べている。舛添氏に取っての権力はハサミか?

0

戰ふ兵隊  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



一度何かの拍子でホサれた芸能人は大変だ。 それは場合によっては死活問題に繋がるからだ。 とは言うもの

の、それはファンでも生活には全く関係のない事なので、正直どうでもいい話だ。別に関係者でもないので、なん

の迷惑も受けていない。そんな芸能人の騒動は尽きないが、現在はインターネットの普及のおかげで、以前より

もキツくなった感じもする。 だが芸能ネタは本来、夫婦喧嘩同様「犬も食わない」ので、それよりも大事な事に目

を向けよう。とは言え、巷の話題をネットで見渡しても碌なものはない。 日常見れる極左番組で降板したキャス

ターは、既に存在さえ薄いが、こんな記事があった。現在では、フリーアナウンサーの久米宏氏が、23日のTBS

ラジオ「久米宏 ラジオなんですけど」で、18年半もキャスターを務めたテレビ朝日の「ニュースステーション」の後

番組である 「報道ステーション」に言及をしていたのだが、 確かにその前身となる番組のキャスターだったので、

一言言いたいのも理解出来る。その「報道ステーション」とて、局アナの富川悠太氏になってからはすっかり贅肉

が取れてすっきりとした印象があるのだが、3月末に卒業をした 古舘伊知郎氏から比べれば当然なのかも知れ

ない。 久米氏は、このラジオでは、電話でゲスト出演したジャーナリストの水島宏明氏と、それについて話をした

のだが、そこで水島氏が「古舘さんは久米さんになりたかったが、届かなかったと思う。 『ニュースステーション』

の久米さんは、ざっくばらんだった」 と感想を述べると久米氏は「古舘君をはじめ、多くの人が勘違いした可能性

があるのは、僕はニュースのリード原稿を読んでいただけで、それをフリートークと思い込んでいたんじゃないか

と。短い時は(フリートークは)2秒でした」と答えた。更に水島氏が「久米さんの『ニュースステーション』は人間が

そこにいた印象がある」と当時を振り返ると久米氏は「前の晩から考えたコメントはロクなものじゃない。その場で

考えたことを優先していました」と実状を述べた。 尚その後の会話では、テレビへの復帰は疲れるので御免だと

心境を述べていた。とは言え、久米氏の頃にも色々と問題を引き起こしていた。 特にダイオキシン騒動は大き

かった。 それで厚生大臣時代の菅直人氏が風評被害を避けようとホウレン草を食べた事を思い出す。その傾向

は、古舘氏も福島原発の件もあるので似たようなものなのかとも思うが、比較して違う点は、久米氏は「この番組

はニュースエンタメなんで」と言っていた通りの軽いノリで物事を茶化しながら思わず口に出した発言が問題だっ

たのに対して、古舘氏の場合はあくまでもテレビ朝日 (朝日新聞)の意向に 忠実だった事が挙げられるだろう。

だから嘗てのプロレス実況中継のような軽妙洒脱な個性が生かせず「あんな状態になったのかな?」とも思う。



クリックすると元のサイズで表示します



さて「報道の自由」も呆れたものだ。此処まで好き勝手にされては圧力も何もないだろう。 それをなんと、お昼の

ワイドショーである「ひるおび!」でやってしまった。 その放送局はTBSである。25日の事だった。その番組内の

コーナーには「JNN NEWS」と言うものがあるのだが、北海道五区の補欠選挙の結果を取り上げた際に北朝鮮国

営放送用のテロップを間違って掲載したらしいが、その北朝鮮とは 何かと噂される局だけに色々と勘ぐられても

仕方がない面もある。 そこでは与党側は今夏予定の参院選に向けて引き締めを図っている事を報じたのだが、

管官房長官が記者会見の席上、「謙虚に、国家国民のために、政府与党としては一致して一層の緊張感を持っ

て、有権者の付託に応えられるよう…」と発言した場面に「南朝鮮の傀儡らとアメリカの後頭部をいつでも攻撃で

きる刀を刺せるようになった」とのテロップを当ててしまった。 確かにTBSでは、元々朝鮮中央テレビのニュース

を取り上げる事も多いのだが、そこで取り違えるのも、それだけ北朝鮮関連の報道頻度が多いとしか言いようが

ない。尚、このニュースの直後には、高畑百合子アナウンサーが「先ほど衆議院補選のニュースの中で、VTRの

字幕スーパーが乱れました。失礼いたしました」と、頭を下げて謝罪していた。 それ程、日本のニュースと北朝鮮

のそれが区別がついていないと言う事か? 実際に国内報道かと思って見ていたら韓国の話題だったと言う事が

多々ある。これでは疑われても仕方ないだろう。 そのTBSと言えば最近、東京都知事の舛添氏を叩いている。



ベッキーから週刊文春編集部に手紙が来た!:http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6114
矢口真里、“不謹慎”狩りに怒り「本当に支援してる紗栄子さんがたたかれるのが許せない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000170-sph-ent
真矢ミキ、中田敦彦の厳しいベッキー批判に困惑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00000063-nksports-ent
<岡本夏生>「すまない、今100万円の寄付が精一杯」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000032-nksports-ent
東国原氏と堀江氏のケンカ激化「てめー」を言い合う
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160423-00000090-nksports-ent
久米宏 ニュース番組に持論 古舘氏は「白塗り」TV復帰は明言せず
http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/04/23/kiji/K20160423012456030.html
「ひるおび!」で放送トラブル 菅義偉官房長官の会見で字幕スーパーにミス
http://news.livedoor.com/article/detail/11453992/
舛添都知事が公用車で温泉地別荘通い:http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160426-00006115-sbunshun-pol
ぜいたく視察三昧 舛添は外相気取り:http://www.nikkansports.com/general/column/jigokumimi/news/1634605.html
韓国高官が保守団体に「挺対協」攻撃デモ提案か 日韓合意に影響も
http://www.sankei.com/world/news/160426/wor1604260050-n1.html
【日韓合意履行「ずいぶん遅れている」…朴大統領】
http://www.yomiuri.co.jp/world/20160426-OYT1T50082.html?from=ytop_main5



クリックすると元のサイズで表示します



その韓国と言えば、昨年末の慰安婦問題終結に於ける「日韓合意」で追い詰められている。最近バレた事では、

韓国大統領府の高官が保守団体「大韓民国オボイ(父母)連合」 に「韓国挺身隊問題対策協議会(挺対協=慰

安婦擁護団体みたいなもの)」を攻撃するよう、デモの実施を提案していた事が明らかになった。そのオボイ連合

は朴槿恵政権の支持団体だ。それでその実態がバレると野党や挺対協は政権が介入したと反発した。実状で

は、朴大統領はさっさとこの問題を片付けたいようだ。京郷新聞によると、オボイ連合の事務総長は同紙に大統

領府国民疎通秘書官室の ホ・ヒョンジュン行政官(局長級) から今年1月に電話があり、「挺対協事務所前で集

会を開いてはどうか」と「助言」を受けたと証言をしている。 尚、韓国紙・朝鮮日報によると、その朴大統領と言え

ば、26日に韓国大統領府で開かれた韓国メディア幹部との懇談会で「(合意の履行を)遅らせるのは良い事では

ない。今でもずいぶん遅れている」と述べており、元慰安婦を支援する財団の設立などを早期に進める考えを示

している。だがその反面、「(在ソウル日本大使館前の)少女像撤去と結びつけられているが、日韓合意で全く言

及されなかった問題だ。(このような議論は)被害者の助けにならない」と強調する等、現実逃避をしている。それ

で国内も荒れているので尚更だろう。しかしながら韓国総選挙で第1党となった野党である「共に民主党」の金鍾

仁非常対策委代表は同日に 別所浩郎駐韓大使と会談をした際に両者は、日韓合意の早期履行が必要との認

識で一致した。同党報道担当者が伝えた。此処で日本政府がすべき事は何もない。これは韓国の国内問題だ。

0




AutoPage最新お知らせ