概念と現実  ニュース



人気ブログランキングへ 



シェヘラザードと言えば、「千夜一夜物語」 の語り手で、伝説上のイラン王妃だが、この物語を主題にしたバレエ

音楽があり、ロシア五人衆の作曲家としても知られているニコライ・リムスキー=コルサコフの同曲の作品が好き

で、聴く機会も多いが、 その物語は、正にアラビアンナイトで、各楽章を示すと第1楽章「海とシンドバッドの船」、

第2楽章「カランダール王子の物語」、第3楽章「若い王子と王女」、第4楽章「バグダッドの祭り。海。船は青銅の

騎士のある岩で難破。終曲」と言った次第で、第1楽章「海とシンドバッドの船」の豪華絢爛の冒頭の響きから魅

了される。さてその下のお話は、「シャフリアール王は、自身の最初の妻が不貞をした事から女性が信じられなく

なり、その後、処女と結婚しては翌朝には処刑すると言う事を繰り返していた。 それで大臣の娘であるシェヘラ

ザードは王の悪行をやめさせる為に王との結婚を志願し嫁ぎ、自ら王と一晩を共にした。 シェヘラザードは王の

閨に行くと、最愛の妹ドニアザードへの別れを告げたいと望んだ。そこで、シェヘラザードは夜の間中話し続ける

ようにドニアザードがせがむ事を二人で約束していた事から、王は横になってシェヘラザードの最初の話に聞き

入った。そこで王は、話の続きが聞きたいとシェヘラザードに頼むが、夜が明けたので口を噤み、「明日お話しす

るお話は今宵のものより、もっと心躍りましょう」と言うので、新しい話を望んでシェヘラザードを生かした。 そして

「千一の心躍る夜」が過ぎた。然もその間に王とシェヘラザードは三人の子を儲けた。そこで王妃となったシェヘ

ラザードによって、王は説話を楽しんだだけではなく人倫と寛容をも身に付けたのであった。」と言う物語だ。その

話のネタは、イランの「千の神話(ペルシア語版)」(هزارافسانه‎, Hazār-Afsāna‎)である。その「シンドバッドの冒険」

等の物語は、レイ・ハリーハウゼンが、チャールズ・H・シニアのプロデュースで作られた作品でも御馴染みだが、

小生は、子供の頃から、そんな幻想劇が好きで、 特撮映画のファンになったのも、元はと言えば、それなので、

改めて見直しても面白いものだ。円谷特撮も大好きである。 だから小生の映像に関する世界観は、そこが基本

でもあるのだ。 しかしながらアラビアンナイトも現在では、中東問題も絡み、 その手の作品も作りづらくなった。

残念な事である。 そこも随分と米国が引っ掻き回したものだ。 然もまだ混乱が続いているではないか?


さて本題に入るが、とは言うものの、何となく巷の話題もひと段落をした感もあり、テレビを見ても国内情勢のよう

に特亜を扱ういつもの状態なので「だからなんだ?」みたいな感じだ。そこで「おやっ?」と思ったのが、秋篠宮殿

下の王女と王子が乗られた車が交通事故を起こされたニュースだろう。 この事故の背景には、周囲への気遣い

で、 後方にしか護衛車をつけていなかったのも原因なのだが、 おかまを掘られた被害者車両の運転手は、さぞ

かし驚かれただろう。 こんな事からも東宮と秋篠宮家の警備に対する差が表れているが、実際に仕事量も半端

でない程に負担も掛かっているのだから、たまにはこんな事も起きる。皇務多忙な事から思わず漏らした陛下の

御言葉が、すっかりと、 特亜に乗っ取られた媒体に悪用をされているのも御気の毒だが、 小和田家の元区もあ

り、此処で宮内庁の特亜色も排除しないと大変な事となる。 余談だが、外務省も国連大使として送り込んでいる

人材も国益が別の国に目が行っているので要注意である。既に「やっちまったな?」なんて事も起きている。その

関連で韓国政府だが、米国次期大統領が、ドナルド・トランプ氏に決まった事で、なんとかそれにあやかろうと苦

心しているようだ。米国を訪問中のチョ・テヨン大統領府国家安保室1次長等が率いる韓国代表団が、18日に何

のアポも取らずに行った事から結局会えたのは、 トランプ次期大統領のホワイトハウス国家安保補佐官内定者

であるマイケル・フリン氏だけだった。そこで撮った写真を駐米韓国大使館を通じて公開をしたのだが、なんだか

恥ずかしい。それだけでも韓国が米国の政府関係者からも相手にされていないのが解る程だが、こんな事で朴

政権の支持率が上がる訳でもなし、逆に軽蔑されるだけだと思うが?だからあんな感じなのかな?そんな「政府

高位実務代表団」が米国を訪問したのは16日だった。 「駄目だわ、こいつら?」 と見ているだけで恥ずかしくな

る。恥の概念がないのだろうか? 此処で取り上げてなんだが、そんなくだらない韓国情勢に飽きてしまった。



【皇室】秋篠宮ご一家のお出かけに交通規制なし 追突事故の背景
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161120-00000538-san-soci
【米韓】韓国政府「トランプ使節団」の見せかけ訪米 日程が確定していないのに米国の地を踏む
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/25710.html
【韓国】国民に見捨てられた朴槿惠大統領、頼みの綱は日本と米国―米華字メディア
http://www.recordchina.co.jp/a155526.html



クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ