現実と嘘  ニュース



人気ブログランキングへ 



最近は、有休消化の為に連休を取っているので、ようやく身体を休めているのだが、そんな日でも何かとする事

もあり、意外と忙しい。パソコンのデータ整理もそうだが、やり始めるとキリがない。 そこで久々に映画でもフィル

ムで観たくなり、映写機に掛けたのだが、購入して、35年位経過している物は既に退色をしているフィルムも割と

あり、とても残念だった。そんな最中にあったのが、福島県沖を震源とする22日の地震だ。 その大地震について

気象庁は、東日本大震災の余震だと明らかにしたが、実際に何処まで因果関係があるのかは解らない。 しかし

津波も観測され、只事ではなかった。 それと巷では、JA東びわこ(滋賀県彦根市)で13日に同市安食中町の彦

根総合地方卸売市場で開いた農産物PRイベント「ふれあいフェスティバル」に於て「おにぎりの早食い競争」が

あったのだが、 それに参加した同県甲良町の28歳の男性がおにぎりを喉に詰まらせて救急搬送された上、3日

後に死亡したのだが、それが公表されたのは、21日だった。 大会に対しての考慮もあろうが、この手の事故は、

ある面では自己責任だ。なのでちょっと無茶し過ぎたのかな?と思う。


これもどうかと思うが、ドナルド・トランプ次期大統領は、21日に日等の12ヶ国が署名した環太平洋連携協定(TP

P) については、選挙戦の公約通り「就任初日に」離脱を通告する考えを明らかにした。 だがそれを公約として、

出馬した人物だけに仕方がない面もある。 氏は就任後100日間の優先事項の概略を述べた動画メッセージでも

「我々の法を回復し、雇用を取り戻す為、 就任初日に大統領令で実行出来る行動のリストを作成するよう、私の

政権移行チームに指示した」と述べている。 その上で「貿易に関しては、我が国に災難をもたらす恐れがある環

太平洋連携協定からの離脱の意思を通告する。その代わりに、雇用と産業を米国に取り戻す公平な2国間貿易

協定の交渉を進めていく」 と言明している事から、国内の経済改革の為にTPPには何の利点もないとした訳だ。

確かにそれに対しては、 元々主導権を米国で持とうと画策した筈が、 元担当だった甘利氏の頑張りで略対等と

なれば旨味もない。 その辺は財界で顔が利く、トランプ氏だからこそ、現実が見えるのだろう。



さてこれは、19日の韓国「日刊スポーツ」の記事だが、そこでは戦時中の慰安婦とされる朝鮮人売春婦を描いた

韓国映画「鬼郷」の監督・趙廷来氏が、「ナヌムの家(元慰安婦の後援施設) のボランティア活動をした時に慰安

婦をテーマにした映画を作ろうと決心した」と明らかにしたが、此処で言う事も無茶苦茶だ。 氏は韓国のバラエ

ティー番組に出演をした際にも、02年に「ナヌムの家」を訪問した折りに元慰安婦の姜日出から「慰安所ではなく

屠殺場だった。幼い少女達が連行され、1日に29人を相手にした。 病気に掛かると集団で処刑された」「50万人

が連行されたが、生きて帰ってきた少女は2〜3万人だった」と聞かされた。その上で「その他の多くの人達は何

処へ行ったのだろうか」と問いかけたのだが、何だか中国の南京大虐殺の人数並に過剰になってきた。それにし

ても、50万人とは、ひとつの市の人口並だ。なのに朝鮮の人口ピラミッドには変化がなく、逆に人口が増えている

のはどう言う事か? それに当時の朝鮮は、日韓併合で事実上の日本人だった。 それを50万人も強制連行した

ら、朝鮮には「そして誰も居なくなった。」と言う事になる。それこそ連行する人間さえ、居なくなってしまう。それ程

に天文学的な数字なのだ。 それでは女性だけでは足りないだろう。 この手の数の盛り方で、いつも思うのだが

「嘘をつくなら、もう少し上手くやれよ」と言いたくなる。 詐欺の基本は、実際にありそうな事に嘘を混ぜるものだ。

だがこれでは明らかに「嘘をついてるよ」 と言わんばかりで、こんな大事件があれば、当時でもニュースとなって

残っている筈だ。だから「数すら数える事が出来ないのか?」と思ってしまうのだ。 更に元慰安婦とされる婆さん

方の証言だが、日本軍のクリスマス休暇だの連行をされた時に日本兵が被っていたヘルメットに「MP」 の文字

があったとか、ジープやヘリコプターでの移動やペニシリンを打たれたなんて事まで言えば「それはベトナム戦争

か?」と怪しまれても仕方がないのに堂々と「それは日本だ」と言うのだから呆れてしまう。 その証言から海外の

ジャーナリストにも怪しまれて徹底的に調査された事は知らないのか? 然もその流れで、朝日新聞社長の誤報

会見まで漕ぎ着けた。だからこそ今更なのだ。



福島県沖での地震、東日本大震災の余震と発表:http://news.livedoor.com/article/detail/12315673/
おにぎり早食い競争参加者が死亡 滋賀・JA催し、喉詰まらせ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000000-kyt-l25
トランプ次期大統領「就任初日にTPP離脱通告」 2国間協定交渉へ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161122-00000004-jij_afp-int
韓国の慰安婦映画監督「被害者50万人中、生きて帰った少女は2万人」
http://www.recordchina.co.jp/a155627.html
【北方領土】プーチン大統領、ロシアの主権下のままで日本の投資を求める「共同経済活動」を安倍に提案
http://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/194341



クリックすると元のサイズで表示します



これも忘れてはならないのが日露関係だ。 実は安倍首相は、日露首脳会談で、プーチン大統領から難題を吹っ

かけられていた。プーチン大統領は、21日にペルーの首都リマで会見をしたのだが、そこで安倍首相との会談で

は北方領土での共同経済活動を協議したと明らかにしている。 それはロシアの主権下で日本の投資を求めると

言う内容だった。つまり歯舞、色丹の2島引き渡しを明記した1956年の日ソ共同宣言には「どのような根拠で、誰

の主権の下に置かれ、どのような条件で返還するか書かれていない」と指摘されていたのだ。そこで領土問題で

は、簡単に取引しない姿勢を示されたのだが、 実際にプーチン氏が公表した協議内容には、北方領土返還と引

き換えに進められてきた8項目の経済協力プランには含まれてもいなかった。 その上、プーチン氏の思惑通りに

実現をすればロシアの領有権を認める事になる。プーチン氏は、12月の訪日時にも、その件で、安倍首相と更に

突っ込んだ話し合いをする認識を示しているので、そこを安倍首相はどう交わすかが課題となるだろう。しかしな

がら、これを認める訳にはいくまい。 そんな事をしたら記事にもあるが、北方領土の「ロシアの主権」を日本政府

が受け入れた事になってしまう。外交手腕は、安倍首相より、プーチン大統領の方が場数を踏んで強かである。

0




AutoPage最新お知らせ