人はパンのみにて生きるにあらず。  社会・政治



社会・経済 ブログランキングへ



今上陛下の御誕生日から始まる三連休の初日は、北海道では御覧の通りの大雪で、その前日は、新潟県糸魚

川市での大火と踏んだり蹴ったりだが、どちらも困ったものだ。 特に糸魚川市で大火に遭った人は、財産をも損

失した人も居るだろう。それは中継でも見たが、まるで空襲でも受けたような有り様だった。人間長い人生、色々

とあるが、自身で気をつけてはいても、こんな事はある。「いやはやなんとも」である。 その人生だが、小生は最

近、思春期の記憶を省みる事が多々あり、 当時に理解が出来なかった事が、この歳になり「どれだけ理解出来

たのか?」と振り返る。感受性は、幼ければ、幼い程に敏感だろう。だが幼き日は、それが知識不足で理解も出

来ず、単に違和感しかない。 話は戻るが、小生は、63年と7日続いた「昭和」の生まれだが、大正から昭和へ年

号が変わったのも、クリスマスがお正月になってしまったので、どうやら天皇家での因縁は、年末年始にあるよう

だ。「平成」の年号を発表した、当時の官房長官だった小渕氏も、もう居ないが、平成も28年である。しかし、その

天皇家も東宮が、あの有り様では、内廷の苦労も計り知れない。 皇太子妃は、何かと酷評されるが、「元はと言

えば」なんて処がある。そこに日本の縮図を見るようだ。つまり現代社会の悩みを東宮の現状に垣間見るのだ。



さて此処から半島情勢だが、 韓国ハンギョレ新聞の記事によると、国連事務総長の潘基文氏は、 20日に米国

ニューヨークの国連本部で、韓国特派員団との懇談会があった際に「国連事務総長を歴任し、その過程で学ん

でみて考えた事が大韓民国の発展に役立つなら、私の身を燃やしてでもその方向に行く用意があると申し上げ

る」と明らかにした。更に「体を顧みず(貢献)する用意がある」や「来年73歳になるが、健康を保てる間は国家の

為に働くつもりだ」と宣言もしている。 しかし李在明城南市長は非難する。「潘基文事務総長が高位公職にいる

間、何をしたのか」「権限を私的に乱用した事例があるだけ」だと。 実に的確な批判なのだが、こうとも言う。「仮

面を変えて親日独裁腐敗勢力の操り人形になるなら、キャンドル広場の市民の審判を受けるだろう」と。 だがこ

れは認識不足だ。 その潘基文氏は、朴大統領と中国に繰り出し、軍事パレードに参加していたのは知らないの

か?この人もこの程度のものだ。しかし大統領が現在、レームダック状態でありながらもこんな事が起きる。岸田

文雄外相は、22日午前の記者会見で、韓国軍が訓練で島根県の竹島に上陸をした事に触れ 「竹島の領有権に

関する我が国の立場に照らして受け入れる事は出来ず、極めて遺憾だ。韓国側には報道を承知した時点で直ち

にに強く抗議した」と述べたのだが、何をやらかしても「遺憾」としか言えない。 これも大して変わりないが、菅官

房長官は、韓国・釜山市の市民団体が在釜山日本総領事館前に 従軍慰安婦問題を象徴する少女像の設置を

推進している実態について「きわめて残念」と述べたが、その一言だけで全てを終らしてしまうのは、国民目線と

しては不甲斐ない。だがあれだけ条例違反を繰り返す韓国が、今まで何の制裁措置すらされないのは不思議で

もある。昨年末の「慰安婦問題終結に於ける日韓合意」も守る処か次期政権では破棄だなんて言い出す始末だ

が、そこで関わったのは米国なので、此処でひとつ大鉈を振るってほしいものだ。 米国には、その権限がある。

共和党政権なれば、それが出来るだろう。そこは明確にすべきだ。これも米国の招いた種でもあるのだ。



【韓国】「この身を燃やしてでも」潘国連事務総長、大統領選挙に事実上出馬表明
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/26015.html
イ・ジェミョン"パン・ギムン、親日独裁腐敗勢力の操り人形になるだろうか?"
http://www.sedaily.com/NewsView/1L5BZTRG1B/GE01
■韓国軍の竹島上陸、岸田外相「受け入れられない」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161222-00000518-san-pol
【韓国】釜山の日本総領事館前に慰安婦少女像設置の動き、菅官房長官「きわめて残念」
http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20161221/Recordchina_20161221032.html
ドイツでのテロでメルケルピンチ
http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201612/CK2016122102000126.html
トランプ氏「私が正しいと証明された」 独テロなど受け
http://www.asahi.com/articles/ASJDQ1QT0JDQUHBI001.html



クリックすると元のサイズで表示します



これは解りきった結末みたいなものだろうが、ドイツの首都ベルリンでクリスマス市にトラックが突入したテロ事件

で拘束された容疑者が難民だったのは、メルケル首相はどう思っている事だろう? これは傍らから見ても、寛容

な難民政策を主導した「ツケ」 である。 そこで米国のトランプ次期大統領は、21日に「私が正しい事が証明され

た」 として、イスラム教徒の入国制限の持論が正しかった事を 滞在先のフロリダ州での記者団の質問に答えた

が、テロも相次いでいる事から「酷い。起きている事は酷い事だ」と非難もしたが、その通りだ。 トランプ氏は、テ

ロ対策として、イスラム教徒の米国への一時入国禁止等を一貫して主張しているが、こうした政策への影響につ

いて記者に問われると「私の計画は知っているだろう。私が正しい事が証明された。100%正しい。今起きている

事は恥ずべき事だ」と語っていた。だが日本も他人事ではない。 そんな事件が続くと、現在の安倍政権で推進し

ている「外国人労働者」に関する政策に関して一抹の不安しか感じないのは間違いなのか?それでなくとも難民

を抱えているようなものである。神社仏閣への放火や、仏像倒壊事件、無差別殺人、色々と狂気の事件もある。

0




AutoPage最新お知らせ