思想は大衆の心をつかんだ時、力となる  社会・政治



社会・政治blogランキング



巷では、GWだが、小生は職業柄仕事だ。でも今回は、2日に休める。それで何をするでもないが、その後もキツイので「休養に重点をおくべき」とは思ってはいる。休みの日は、また棚の整理でもしていよう。つまりDVDケースのジャケット作りである。そんな他愛のない話題から始まったが、昨日の北朝鮮によるミサイルの発射は、どんな種類の物かも不明だ。しかし今回のそれは意味合いが全く変わる。だから周りの反応も当然、キツくなる。なので軽視が出来なくなった。(北朝鮮は人気者)その影響で、東京の地下鉄が止まった。そこまでの警戒も初めてだが「もしや?」との可能性もあるので仕方もない。27日には、あの「九条の会」が、東京都内で記者会見を開いた。そこで憲法9条を守る今日的な意義として「日本国憲法施行70周年にあたって」を発表した。これは会のアピールなのだが、その内容は、「改憲阻止、戦争法の廃止、南スーダンからの自衛隊の即時撤退、沖縄県名護市辺野古、東村高江の米軍基地建設阻止」、「共謀罪」法案の廃案によって「日本国民を強権で統治して物言わぬ存在にしてしまおうとする安倍政権の企みを打破」と攻撃的だ。まるでこれからテロでも起こすような勢いだが、この団体のしてる事は、結局は「反日行為」だ。だからそのスローガンも赤旗なので、共産党や民進党、社民党等の思考とも変わらず、「何が世界平和だ!」と言いたくなる。これぞ憲法第9条の悪用だ。


然もその活動の殆どが、政府批判である。つまり「憲法第9条」の主旨とは全く関係のない活動をしている。その事務長は、小森陽一と言う人物だが、氏の言う「アピール発表」の目的も「なんだかな?」で、氏曰く「安倍政権による戦争法制定等、歴史逆行の暴走と、アメリカの軍事的挑発と、それに追随する安倍政権の政治によって戦争の危機が拡大する」として、「憲法の方向性を世界に生かしていく上で、極めて緊迫した局面です。憲法がはっきりと指針を示す筈だと考えた」と宣う。まるで中国共産党政府の報道官みたいな事を言っているが、此処を動かしている黒幕も気になる。話は変わるが、ジャーナリストの池上彰さんが、朝日新聞の取材に対して「最近はバランスをとらなきゃいけないって言う意識がやや強くなったように感じます。新聞が異なる意見を載せ、多角的な情報を提供するのはとても大事。でも、紙面でバランスを取る必要はないですよ。」「ただ、マスコミに対して『特権階級が偉そうに』って言う反感もあるでしょう。私の時代のマスコミはまだ、大学で成績が悪かったり、学生運動をやっていたりした人が流れ着く場と言う面がありました。それが、80年代のバブル景気の頃から、就職先としてマスコミがもてはやされるようになった。読者の気持ちと離れていないでしょうか。」と。学生運動家の成れの果てばかりでは、偏るのも無理はない。


では本元の日本共産党だ。その志位和夫委員長が、23日に若者向けに党綱領を解説する「綱領セミナー」を開いたが、その内容が如何にもである。その主催は日本民主青年同盟(民青)だった。そこで志位委員長は、次期衆院選で野党共闘をする際、安保法廃止を「一丁目一番地にする」と言及しており、「本当の友情は対等平等でこそ結ばれる。恥ずかしい従属国から抜け出すべきだ」と述べている。つまり、日米安保条約を廃棄して国内の米軍基地を一掃し「日米友好条約」を結ぶよう求めたのだが、国防の為の軍隊は当然、必要になるので、そこを踏まえないとヘンテコな主張になってしまう。あの井筒監督もそうだが、志位氏も敵が攻めて来たら「白旗上げて、日本は滅びろ」と言う口か?「憲法第9条」もそうだが、それを世界に拡げないと何の意味もない。抑止力が必要なうちは「平和」も幻なのだ。それが出来て初めて憲法第9条の主旨が活きてくる。でなければ、憲法第9条は、寧ろ日本に対しての抑止力となるだけである。戦後の日本国憲法が、日本封じと解釈されるのも、それが為だ。然も意図はそこだ。



こんな動きがある。ロイター通信では、29日にフランス海軍の艦艇が長崎県の海上自衛隊佐世保基地に入港をしたと報道。たがこの後から日本、英国、米国の部隊が乗り、4カ国で共同訓練と言うのだから到頭、多国籍軍が動く事態となった訳だ。それで米領のグアムへ向かう。そこで北朝鮮問題は“対国連軍”なのが解る。ちなみに普天間基地も国連の基地に指定されている。そんな最中に北朝鮮は「核とミサイル試験の最終目標は米国本土」と主張をしているのだから、これでは更に北爆の大義名分を米国に与えているようなものだろう。29日の北朝鮮労働党機関紙「労働新聞」の記事では「核戦争挑発で得るものは終局的滅亡だけ」と言う個人の論評を通じて明らかにされた。ちなみに国連の安全保障理事会の閣僚級会合では、北朝鮮の核問題が協議され、米国のティラーソン国務長官は「東京やソウルへの核攻撃は現実味を帯びている」と危機感を示し、再び行われた北朝鮮による弾道ミサイルの発射については、トランプ大統領も「中国の願いを蔑ろにした」と非難している。あの中国もナメられたものだ。もうコントロールも出来ないのだろう。情勢もこんな感じなので、米国も最終決断を“何処でするのか?”てな段階だ。そんな時に韓国では「大統領選挙」だ。



【軍事】北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射し失敗 東京メトロなど一時運転見合せ
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966021000.html?utm_int=news_contents_news-main_001
九条の会がアピール「強権統治阻止は世界への責任」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017-04-28/2017042801_07_1.html
赤報隊とは何だったのか 池上彰さん・姜尚中さんに聞く
http://www.asahi.com/articles/ASK4T66YLK4TPTIL028.html
【共産党】志位委員長「日米安保同盟破棄」を主張、北朝鮮緊迫のさなか本性が露わに
http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290012-n4.html
【軍事】フランス海軍の強襲揚陸艦「ミストラル」が佐世保基地に入港
http://jp.reuters.com/article/france-drill-idJPKBN17V04C?sp=true
北朝鮮「核ミサイルの最終目標は米国本土だ」
http://japanese.joins.com/article/633/228633.html?servcode=500&sectcode=500
米国務長官「東京やソウルへの核攻撃は現実味を帯びている。」
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000099672.html
トランプ米大統領「中国の願いないがしろに」北朝鮮ミサイルを非難
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170429/k10010966121000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_002
民進・蓮舫代表「北朝鮮のミサイル発射、断じて許されぬ」
http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290028-n1.html
菅義偉官房長官「国民は落ち着いて行動してほしい」
http://www.sankei.com/politics/news/170429/plt1704290015-n1.html
<共謀罪>5月2日にも法務委開催、質疑 GW中審議は異例
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000117-mai-pol



クリックすると元のサイズで表示します



毎度の事ながら、この人が言うと「なんだかな?」と思う。29日に民進党の蓮舫代表は、連合主催の「メーデー中央大会」で挨拶をしたおりだが、北朝鮮の弾道ミサイル発射について「我が国の安全への重大な脅威で断じて許されない」と抗議し、「野党ではあるが、国民の生命、財産を守る為尽力する」とも述べている。此処で引っ掛かるのは「野党ではあるが」との言葉。それでは「野党は、国民の生命、財産を守る事はない」と断言をしているようなものではないか?更に蓮舫氏は、大会後に安倍晋三首相や閣僚による大型連休中の外国訪問について苦言を述べた。「連休中で人の移動や密集が想定できる。北朝鮮から(挑発行動の)発信が出ていたにも関わらず、外遊者が相当居る。内閣の危機管理は大丈夫なのか」と。そんな事もあり、28日に衆院法務委員会の理事会では、5月2日に同委を開き、「共謀罪」の成立要件を改め「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案の質疑を行うと、鈴木淳司委員長は、大型連休の谷間は国会審議を控えるのが通例ではあるが、審議日程の確保に対し、必要性を生じたとの理由で、その開催を職務権限で決めたのだが、それに対して野党は反発。その上あろう事か、11日には、鈴木委員長の解任決議案を提出する検討に入ったとの事。だが中日の2日は、カレンダーでも平日で、働く国民も居るのに、公職たる国会議員が「平日」を否定するとは言語道断ではないか?それに審議日程の残りが減ったのも、元はと言えば野党の審議拒否だ。それと民進党の蓮舫代表が、今更気がついたように言う国防についての議論も、あの「森友学園問題」で、散々国会を空転させてこれである。政治家の仕事とはなんだろう?国政を混乱させる為だけを熱心に頑張る政党は不必要である。

0

抽象的な真理など無い、真理は常に具体的である  社会・政治



社会・政治blogランキング



早朝のNHKの速報で、北朝鮮からミサイルが発射されたと報道をされたが、「なんだかもういい加減にしろよ!」

てな状態だ。これは米国に対しての様子伺いもあるのだろうが、今までのようには行かない事位、朝鮮労働党委

員長たる金正恩氏は存じている事だろう。 それは失敗をしたらしいが、此処で米国側の声明が、どう出るかが、

とても興味深い。今日は慌ただしい朝になった。 私事だが結局、GW前に取った連休は、大して予定も入れてい

なかったので、初日に所用を済ませてから休む事に専念が出来た。だがその分何もしなかった。なので精々、次

の休日にする予定の組み立てをしていた程度だ。そうする事で時間を有意義に使う事が出来る。 昨日はディズ

ニー映画で明け暮れた。 その作品は、ジュール・ヴェルヌ原作の「海底二万哩」の初映画化作品(実写)とグリム

童話の「白雪姫」だ。双方共に名作だが、久々に映画らしい映画を観た感じがした。 何と言うか内容に充実感が

ある。それは作品としての主観が強いからだが、そんな作品には最近すっかりと、お目に掛かる事はなくなった。

これこそ完全主義者が作った作品とするのは言い過ぎかも知れないが、その位の説得力がある。前者は、1954

年の作品で特撮映画。後者は、1938年の作品だ。 この時代のフルアニメは動きが本当に繊細なので、観ている

とクラクラする程だ。それは実写とアニメとの区別が穏和になるからだが、この作品で長篇アニメ映画が成功をし

た事からジャンルの拡大になったのだから、今更でも納得をする訳だ。 そこで話は変わるが、今夜のNHKスペ

シャルは『私たちと「象徴天皇」“退位”と最終報告受け生放送でじっくり語る。』と言うあざとい内容だ。 そのタイト

ルに“何としてでも陛下を追い出したい”意図が伺える。 つまり「退位」とは、そんな意味合いがある。だからこの

放送協会は「何処の国の?」と疑っても当然で酷いものだ。日本を虐げる事に関し、長けており違和感がある。


さて巷では、「そんな非常時に大丈夫なのか?」と思うのは関西空港の状況。GWで海外で過ごす旅行客の出国

ラッシュが始まった。そのピークは5月3日だろうとの予測がある。なので帰国ラッシュは、7日だと見ている。ちな

みにGW期間中に関空を利用する国際線旅客数は、52万1600人位だ。そこで「命知らずだな?」と呆れたのは、

その行き先が、韓国で、然も最多な事だ。関空では「朝鮮半島情勢の緊迫化による目立った影響はみられない」

としているが、能天気過ぎないか?(隣はアレだ。だからこれで何かがあっても自己責任だ。)逆に半島から逃げ

て来る人も居るような現状なのに不思議ではないか?「何故この時期に行くのか?」と質問をしたいものである。



では米国だが、そのトランプ大統領は、 27日に北朝鮮の核ミサイル開発を巡り、膠着状態となれば、同国との大

きな紛争が起きる可能性があると述べ、「“外交的な解決を望む姿勢”を示している」 とロイター通信の取材に答

えていた。 しかし、29日に就任から100日を迎えた時点での大統領執務室で行われた同社の取材では「最終的

に北朝鮮と大きな紛争が起きる可能性はある」とも述べている。 その上で「外交的に解決したいが、非常に困難

だ」とも語っている。やはりそろそろ限界なのか?だが中国の協力には、習近平国家主席を称賛しており、「精一

杯力を尽くしてくれていると確信している」と述べている。 そんな北に対しての南だが、韓国最大野党「共に民主

党」の大統領候補である文在寅前代表の外交顧問を務める金基仲・延世大学校教授は、28日に韓国が新型迎

撃ミサイル(THAAD)システム配備の費用を米国側の要望で、負担をする事に対し、その選択肢を「ありえない」

と反対した。トランプ米大統領は、27日のロイターの取材で、韓国政府に対し、米軍によるTHAAD配備の対価と

して、10億ドルの支払いを求めている。だが韓国国防省も反対だ。 28日には「韓国が土地と支援施設を提供し、

米国がTHAADシステムの配備・運用・維持費用を負担するとの両国の立場に変更はない」との声明を発表する

程だ。 少し遡るが、27日に米国のパトリック・ウォルシュ元海軍太平洋艦隊司令官が、ソウル市内のホテルで、

朝鮮日報の取材を受けた際に韓国を狙った中国と北朝鮮のサイバー攻撃の危険性について警告し、韓国人の

北朝鮮に対する警戒心が低すぎる事を指摘していた。 しかしどうせ“元は同胞だから”との認識が、韓国側にあ

るのかも知れない。だが警戒すべきは日本も同様。米国太平洋軍のハリス司令官は韓国に配備される「THAA

D」を日本にも配備する必要性を訴えている。確かに必要かも?あるべき姿とは、そう言うものなのだろう。



トランプ米大統領「最終的に北朝鮮と大きな紛争が起こる可能性はある」
http://jp.reuters.com/article/trump-interview-northkorea-idJPKBN17U06L
【トランプ】韓国のTHAAD費負担、「ありえない」=韓国大統領有力候補顧問
http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17U0G0
【GW】半島情勢緊迫の中でも「韓国人気」衰えず…関空で出国ラッシュ始まる
http://www.sankei.com/west/news/170428/wst1704280026-n1.html
米元司令官「韓国人は北朝鮮に対する警戒心が低すぎる」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/04/27/2017042703026.html
米・ハリス司令官「日本にもTHAADを」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170428-00000658-fnn-int
日本政府、北朝鮮避難民対策本格化 臨時収容施設や日本海側に上陸拠点となる港を数か所選定
https://mainichi.jp/articles/20170428/k00/00m/010/169000c
【朝日新聞】コメント欄にはびこる嫌韓・嫌中 「排斥意識の強い言説が浮かび上がる」 ヤフー・ニュース分析
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000016-asahi-soci



クリックすると元のサイズで表示します



それっぽくなってきた。政府は、朝鮮半島有事が発生した場合、北朝鮮から大量の避難民が日本に流入する恐

れがあるとして、本格的な対策の検討に入ったとの事。この手の報道はネットでしか解らない。その北朝鮮から

の避難民対応だが、安倍首相は既に、17日の衆院決算行政監視委員会で 「上陸の手続き、収容施設の設置、

庇護すべき者にあたるか否かのスクリーニング(選別) と言った一連の対応を想定している」と説明をしていた。

やはり具体的な審議はしていたのだ。だから何が起きても不思議ではないのだ。 米国のトランプ大統領も現に

「外交的に解決したいが、非常に困難だ」と諦めている。 だが、こんな時にも韓国旅行をする人も居るものだ。


次にこれだ。これは朝日新聞の記事だと言うのがミソだ。 ネット上で配信されるニュースに対するコメントについ

て、立教大の木村忠正教授(ネットワーク社会論)とニュースサイトのヤフー・ニュースが共同で分析をした結果。

特亜(韓国や中国)に対する「排斥意識」の強い言説が目立つと言う。そこで各コメントにある人名や地名等の出

現頻度を調べた結果。上位三つは「日本」「韓国」「中国」だと言う事だ。 10位までも「日本人」「韓」「朝鮮」がある

らしい。その中でも韓国絡みの言葉を含んだコメントが最も多いとしている。その割合は、全体の20%。然も中国

関連では、25%を占めるとの事だ。「嫌韓」や「嫌中」も多くて、ヤフーは“健全な言論空間づくり”を目指して常時

コメントを監視しているとの事。そこで過度に悪質な投稿を削除したり、表示順位を下げたりする工夫を重ねてい

ると言うが、その批判の原因は、“そもそも何なのか?”と分析をしなければ、正確な統計を取れないのではなか

ろうか?大体その特亜に関する批判は、日本に対するヘイトが原因だ。確かにそれに対する意見には、質の悪

いものはあるが、冷静に物事の本意を突いたものまで削除をされては、媒体が散々言っている「表現の自由」に

矛盾をしている事になる。 これでは中国のインターネット事情と変わりないではないか? いつからネットでは、

検閲までして統制をするようになったのだろう? ちなみに小生は、ヤフーニュースのコメントでは蹴られる。

0

歴史とは、ひょっとしたら避けられたかもしれない事柄の集積である  社会・政治



社会・政治blogランキング



今日も休みなので、充分な休養を取ろうとは思っているのだが、春の陽気もあって、とても眠たい。そんな中での

更新なのだが、時事から言えば、半島情勢は見た目は沈静化。それは北でも様子を見始めたからだが、それで

も依然として、油断は出来ない状態ではある。そこで挑発を「言葉」で繰り返すのはもちろん北朝鮮だが、今回の

それが事情が違うのは、米国も引き合いに出しての物なので危険視されても当たり前だ。そんな北に対し、見せ

つけでもないが、米空軍の地球規模攻撃軍では、26日(あの翌日)に大陸間弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマン

3」の発射実験を行ったと発表している。「これが飛んでくるよ」と言う事か?では南だ。 27日の韓国中央日報等

の記事では、韓国での高高度防衛ミサイル(THAAD)配備の作業が開始された事で、その配備地周辺の住民達

が反発し、 敷地への装備の搬入を防ごうと米軍車両に詰め寄るデモ隊を車内の米兵が笑いながら撮影する姿

が公開されたそうで物議を醸しているのだが、 この光景、「何処かで見た事があるな?」 と思ったら沖縄での米

軍基地が辺野古移設と言う事で、周辺住民を装った各労組の動員で集まった者達が妨害をしている様子とそっ

くりなのだ。 それをNHK・BSのニュースでも見たのだが、取り上げたNHKも酷いもので、街角での住民インタ

ビューでは、殆ど反対派の意見ばかりで、 賛成派は一人も取り上げればいい位の偏向報道で呆れてしまった。


話は戻るが、韓国のそれも確かに酷い。どうして最近のデモ隊は、「そんな感じなのかな?」と思う程だが、感情

の発露が最大のレベルで表現されるので、なんのデモかさえ解らない。その関連の日本の左翼だが、これを左

翼とするのも悲しい。まるで政治に関する観念がなく、ただ反対するだけ。それでは支持者も目が覚めるだろう。

あの口の軽い二階派の復興大臣の今村雅弘氏が辞任をしたが、 その任命責任に対しての追及の為に衆参両

院の予算委員会で集中審議を開かない限りは「審議拒否」と、またもや職務放棄だ。ちなみに国会が一日空転

すると五億は飛ぶ。 それを民進、共産、自由、社民がする訳だ。なんだがもう無くてもいい政党ばかりだ。これ

は、26日の話だが、 民進党の野田佳彦幹事長は、会談後に「安倍晋三首相が国会でお詫びし、説明しなけれ

ばならない」と強調をしたのだが何を説明するのか?精々「あれは口が軽かったからクビにした」としか言いよう

がないだろう。それにしても何の役にも立たない左派野党だ。 これでは邪魔なだけだ。 とは言え与党の自民党

も、そんなに出来た政党でもない。単に国政経験が豊富な事からエラーが少ないだけだ。 それと言うのも、外務

大臣のエラーは結構深刻なものが多い。ユネスコの記憶遺産には、外務省にも何処かの工作員のような者が居

るのでないかと思った程だ。 確かにあんな結果ではそう思う。 日本の職員が捏造に加担してどうなるのだ?


さて民進党だが、沈没船からネズミが逃げるように離党者も相次ぐ。都議会選挙はこれで終わりだ。たぶん議席

もなくなるだろう。 そこで松原仁衆議は、18日に衆院議員会館での記者会見で「東京都議選(7月2日投開票)で

民進党候補の離党が相次いでいますが、私の知る限り、党が嫌いで離党した人はいません。民進で選挙を戦い

たいが、勝負の世界で明らかに勝てないと見切った時、「こうしないと勝てず、恩返しもできない。 勝つために離

党を許してくれ」 と言ってくるケースが大半です。都連会長として、非常に忸怩たる思いです。」「例えば、蓮舫代

表の「二重国籍」問題しかり。 みんな「はっきりさせてほしい」 と思っているのですから。それが釈然としないのな

ら、この件で国民が納得しているのかどうか世論調査もかけてみればいい。 今はこの問題を正面から言う人は

少なくなりましたが、それは忘れたのでなく、みんなまだ胸につかえているのです。戦略的にも、腹をくくってやる

べきではないでしょうか。」と厳しい。その松原仁氏は、民進党では保守だが、傍では自民党向きとされる政治家

も元は自民党議員だった人も居るので、「だからなんだ?」みたいな処もある。与党の左派もそれだけ酷いのだ。



国会では、「共謀罪」の成立要件を改めた「テロ等準備罪」を新設する組織犯罪処罰法改正案を審議する必要も

あるのだが、特亜崩れの日本の媒体が、最近は「これはテロじゃないのか?」 と指摘される事までも言葉を変え

て報道しているので、国民も薄々「これはそうだろう」と思うようになったのは良い流れだ。 現にあれだけ左派野

党が国会で頑張っても支持率では一目瞭然である。そこで修正案すら出せない民進党の蓮舫代表は、「共謀罪

が過去3回廃案になっている経緯も踏まえると、相当慎重な審議が求められるのが当然だ。自民党の影響力の

ある国会議員が、出口は今国会内と断定するのは理解しかねる」と岡山市で記者団に語っていた。 それこそが

同党の保守系議員が離れる原因でもある。 此処で国会で、民進党なら「この案でテロが防げる。」とまで提言し

て、ようやく政党の役目を果たす。だから蓮舫代表は嘘つきなのだ。本人も政党も揃って同罪ではないか?



朝鮮情勢 米空軍、大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射実験
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017042700684&g=int
絶叫し抗議する韓国デモ隊を米兵が笑いながら撮影、THAAD配備で
http://www.recordchina.co.jp/b176586-s0-c10.html
【復興相辞任】4野党、すべての国会審議拒否 集中審議が再開条件
http://www.sankei.com/politics/news/170426/plt1704260039-n1.html
「蓮舫氏の二重国籍 問題をはっきりさせよ」民進・松原仁元拉致問題担当相 離党の都議候補推薦も
http://www.sankei.com/premium/news/170427/prm1704270005-n1.html
【民進党】蓮舫代表 テロ等準備罪新設法案を廃案に
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170423/k10010958531000.html
ミサイル文書配布「戦争の危機をあおり、子どもに不安」 滋賀、教組が知事らに抗議文
http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20170427000172
韓国滞在の交換留学生に「ソウルから避難せよ!」日本の山口大学と目白大学が公文書発送!!
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=104&oid=008&aid=0003863535



クリックすると元のサイズで表示します



もしミサイルが発射され、それが着弾すれば被害者が出る可能性も否定出来ないが、 そうならないように少しで

も被害を減らそうと努力する事は勿論必要な事だ。それで滋賀県教育委員会が弾道ミサイル飛来時の対応につ

いて、県立学校と各市町教委に「屋内避難の呼びかけがあった場合は幼 児・児 童・生徒の皆さんに周知をお願

いします」 と通知を25日に出したのだが、 全滋賀教職員組合等は、その必要はなしと、 27日には、児童生徒に

「唐突にミサイル飛来の可能性を伝えればパニックが起こる」と批判。 とても理解できない抗議だが、それで「実

際に、小学生が「戦争が起こる」と泣きだした」例があったと実例を示した。 「それがなんだ」だが、滋賀教組は児

童の命等、どうでも良いのだろうか?その上で「政府・内閣官房はこの機を利用し国民を煽っている」と文書の回

収や保護者への謝罪を求めるのだから呆れる。尚県教委は「子どもの安全確保を最優先に、迅速に対応する為

だ」(総務課)としているが、これが当たり前の対処だ。緊急時だからこそ、必要な事はある。それが現実だ。

0




AutoPage最新お知らせ