余分なものを取り除いていく事により、彫刻は完成していく。  社会・政治



社会・政治blogランキング



「余分なものを取り除いていく事により、彫刻は完成していく」。 これは、イタリア盛期、即ちルネサンス期の彫刻

家であり、画家、建築家、詩人の肩書きもあったミケランジェロ・ブオナローティ氏の言葉だが、後に伏線となるの

で、話を進めよう。昨夜、帰宅時のバスターミナルのテレビで見たNHK・BSのニュースで「米国テキサス州の牧

場で、KISSのジーン・シモンズそっくりの牛が産まれた」とかのトピックスを見たのだが、余りにもくだらなくて吹き

出してしまった。その当人と言えば、当年67歳である。だがあのメイク。年齢が解らない。ももクロのPVで見た時

も健在振りを示していたが、1949年生まれだ。思わず時代を感じてしまうが、そう考えると若いと感心してしまう。

日本にも類似した悪魔が居る。現在では、相撲評論もする「聖飢魔II」の小暮伝衛門(デーモン小暮)閣下も年齢

不詳だ。しかしそんな仮面キャラは嫌いじゃない。 双方、魔界の伝道師だ。「継続は力なり」とは、よく言ったもの

だ。そこで海外の話題も、もうひとつ取り上げよう。 オーストラリアと言えば、反捕鯨国として知られているが、そ

のフライデンバーグ環境相は、政府系研究所の連邦科学産業研究機構(Csiro)に対し、海岸でのサメ遭遇事故

増加と鯨の生息数増加に因果関係がないかと調査するよう指示したのだから、これこそ本末転倒だ。 ちなみに

「捕鯨支持国」は、全39ヶ国あり、アジアは「日本、カンボジア、モンゴル、中国、韓国、ラオス」の計6ヶ国。アフリ

カは「ガボン、カメルーン、ガンビア、ギニア、コートジボワール、セネガル、トーゴ、ベナン、マリ、モーリタニア、モ

ロッコ、ギニアビサウ、コンゴ共和国、タンザニア、エリトリア、ガーナ」の計16ヶ国。 欧州は「アイスランド、ノルウ

エー、ロシア、デンマーク」の計4ヶ国。 大洋州は「パラオ、ナウル、マーシャル、ツバル、キリバス、ソロモン」計

6ヶ国。北米は「中南米 アンティグア・バブーダ、グレナダ、スリナム、セントクリストファーアンドネービス、セント

ルシア、ドミニカ連邦、セントビンセント・グレナディーンズ」 の計7ヶ国で、その他「反捕鯨国」 は、49ヶ国ある。


しかしながら日本意外のそれらの国が、反捕鯨国や反捕鯨団体からの妨害や反捕鯨運動で、どうのと言う話等

は聞いた事がない。解りやすいのが、そこに「中国と韓国」がある事だが現状は御構い無しである。如何に戦後

の世界秩序基準が効いているかが伺い知れる。今回の問題で推察出来るのは、鯨を捕らずに放っていた事で、

サメのテリトリーが脅かされ、追いやられたサメが移動したと考えた方が自然だろう。もちろん増え過ぎた鯨が巻

き起こす被害もある。だが特亜は別として、制限を受けている国がある以上は、やはり影響がある訳で、その結

果がそれだ。 考え直した方が良いだろう。それこそブーメランだ。 この問題に関しては調和が抜けている。



さて色々と注目された第三次安倍改造内閣の閣僚人事だが、その一覧を示すとこんな感じだ。(以下敬称略)



「第三次安倍改造内閣」


内閣総理大臣:安倍 晋三(衆)

内閣法第九条の第一順位指定大臣(副総理)/財務大臣/内閣府特命担当大臣(金融)/
デフレ脱却担当:麻生 太郎(衆)

総務大臣/女性活躍担当/内閣府特命担当大臣(マイナンバー制度):野田 聖子(衆)

法務大臣:上川 陽子(衆)

外務大臣:河野 太郎(衆)

文部科学大臣/教育再生担当:林 芳正(参)

厚生労働大臣/働き方改革担当/拉致問題担当/内閣府特命担当大臣(拉致問題):加藤 勝信(衆)

農林水産大臣:齋藤 健(衆)

経済産業大臣/産業競争力担当/ロシア経済分野協力担当/原子力経済被害担当/
内閣府特命担当大臣(原子力損害賠償・廃炉等支援機構):世耕 弘成(参)

国土交通大臣/水循環政策担当:石井 啓一(衆)

環境大臣/内閣府特命担当大臣(原子力防災):中川 雅治(参)

防衛大臣:小野寺 五典(衆)

内閣官房長官/沖縄基地負担軽減担当:菅 義偉(衆)

復興大臣/福島原発事故再生総括担当:吉野 正芳(衆)

国家公安委員会委員長/国土強靱化担当/内閣府特命担当大臣(防災):小此木 八郎(衆)

内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策消費者及び食品安全海洋政策)
領土問題担当:江崎 鉄磨(衆)

一億総活躍担当/情報通信技術(IT)政策担当/内閣府特命担当大臣
(少子化対策/男女共同参画/クールジャパン戦略/知的財産戦略/
科学技術政策/宇宙政策):松山 政司(参)

経済再生担当/人づくり革命担当/社会保障・税一体改革担当/
内閣府特命担当大臣(経済財政政策):茂木 敏充(衆)

内閣府特命担当大臣(地方創生規制改革)まち・ひと・しごと創生担当/行政改革担当/
国家公務員制度担当:梶山 弘志(衆)

東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当:鈴木 俊一(衆)

内閣官房副長官:西村 康稔(衆)・野上 浩太郎(参)・杉田 和博

内閣法制局長官:横畠 裕介



の以上だが、入閣の噂のあった議員に関しては、全く起用されていない。その点は好ましいが、一部に賛否があ

るのは理解出来る。だが全体を見て、とても実務に関しては堅実な人事だと思う。なのに河野太郎氏と野田聖子

氏だけが浮いている。「何故この御時世に親韓、親中でも曲者の二人を入れたのか?」。 そこに保守層のネット

ユーザーは、関連記事のコメント欄を見ると解るが反対意見が多い。 それこそ「安倍首相の真意は如何に?」

だ。でも敢えて閣僚にする事で、互いに踏み絵ても踏ませようとしてるようも思える。 確かにこれならば暴走も逆

に阻止が出来るかも知れない。 で早速、就任記者会見で、河野新外相は、慰安婦問題の関連として、こう述べ

た。「戦後70年の総理大臣談話、それに岸田外務大臣の時に両国政府が確認した日韓合意に尽きると考えてい

る。日韓合意が着実に進展される事が望ましい」と。此処で早速「着実に履行」と明言出来ないのが惜しい。更に

野田聖子総務相だが、前総務相の高市氏は、散々放送法に照らし合わせて、 NHKに対して求めた改善等を要

望していたが、野田氏は、それを引き継いで遂行する事が出来るのか?と不安になる。他局や新聞社に対する

規制も同様だ。 そこを解決すべく糸口を折角、高市氏がつけたので、是非その続きをしてほしいものである。



ロックバンドKISSそっくりの子牛 米国中で話題
https://www.nikkansports.com/general/news/1866274.html
サメ出没の原因は鯨増加?=豪環境相が調査指示
https://www.jiji.com/jc/article?k=2017080200660&g=int
第3次安倍第3次改造内閣 閣僚等名簿
http://www.kantei.go.jp/jp/97_abe/meibo/
河野外相「日韓合意が着実に進展されることが望ましい」 記者会見で
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170803/k10011086531000.html
米国務省、北朝鮮渡航者に8月中の国外退去呼び掛け
http://www.sankei.com/world/news/170803/wor1708030020-n1.html



クリックすると元のサイズで表示します



此処で「もしや?」の出来事だ。米国務省は、2日に北朝鮮への米国人の渡航禁止措置を9月1日から実施をす

るらしい。 そこで米国パスポートを持って北朝鮮に滞在している渡航者に対し、8月中に国外へ退去するよう呼

び掛ける海外安全情報を出した。 思わず「朝鮮有事」が浮かんだが、あれだけ迷いを見せたトランプ大統領が

「ようやく決断をしたのか?」と、その動きが気になる。と言うのも、そこまで明確な動きがあればこそだ。尚渡航

禁止措置の実施後も、ジャーナリストや赤十字等、人道支援活動の従事者の他、渡航が国益に資すると判断さ

れた人は例外的に認められる可能性があるとの事。 ちなみに米国の国務省は、北朝鮮で拘束された米国人大

学生オットー・ワームビア氏が昏睡状態に陥り、 解放後に死亡した問題を受け、既に7月、渡航禁止を決定して

いた。そんな状態なのに、日本の国会では蕎麦論争に明け暮れた訳だ。だから野党(主に民進党)は、何処から

か指令があってそうしていたのではないか?と勘繰ってしまうのだ。だがその通りだとしか思えない状況だ。

0




AutoPage最新お知らせ