三界は虚妄にして但だ是れ一心の作なり  社会・経済



社会・経済 ブログランキングへ



カップラーメンの存在だが、どうもセレブ達には、貧乏人のステータスのようにされている。しかしそれは大いなる

勘違いだ。麺を安く食べるのならば乾麺(袋麺)の買い置きだろう。 そこでカップラーメンの特性だが、「お湯を入

れて3分間」。これ程に便利なものはないが、だからこそ、「便利だから余裕がある時に箱で買っとくか?」てな感

じになるものだ。その時点で貧乏人には縁が薄くなる。便利なものとは所詮、そう言うものだ。それで関連だが、

前東京都知事の舛添要一氏(68)が、27日放送のTBS「サンデー・ジャポン」で(辞職後初)、現在は、どう暮らし

てるかを明かした。そこで舛添氏の現在の生活に密着。 月収は、11万円との事だが、そんな状況なので、自家

菜園等で生活費を切り詰める様子が放送されたのだが、所詮はTBSの番組、脚色はあるだろう。 その月収だ

が、自身の原稿料等を管理する事務所があり、そこから入るらしい。舛添氏は明かす。「外に出ないから全然お

金使わないんですよ」と。「だから衣食住で言うと着るものなんか買わないでしょ。住む所はあるから食べ物だけ

なんですよね。外食なんかすると高いけども、こう言うのやってると野菜も取れるし、殆どお金掛からないんです

よね。まあでも、11万円で全部やっていける訳じゃないから今までの蓄えを取り崩したりしながら…」と溢す。ちな

みに自宅でのVTRには、カップ麺に自ら育てた三つ葉を加え、昼食としていた場面があったのだが、そこで空か

さず、元衆議でタレントの杉村太蔵は「演出入ってません?あれは流石にないと思う」と見抜く。これに対し、舛添

氏は返す。「あれは三つ葉なんですよ。とにかく青いものを食べないといけないので。いつもやっている事」と。そ

れで三つ葉なのは合点が行かぬが、MCの「爆笑問題」の田中裕二からは「カップ麺しか食べられない生活と言

う訳ではない?」と問われると「食べようと思えば食べられるけど、1年間節約した生活になっているので」と明か

す。 そこでテレビ出演に関してだが、「1年以上経ちましたし、元気である限りは、色々なご迷惑をおかけしたの

で、少しでも社会の役に立てる事があれば」との考えから受けたと説き、大学からの客員教授のオファー等はあ

るかとの問いには「イメージ悪いですから…」と自虐的な回答をしていた。話は戻るが、三つ葉よりはキャベツ、

カップラーメンよりは袋麺(乾麺)だろう。 この人は、まだ本当の貧乏を知らない。この番組も相変わらずだ。


「かと思えばこれ?」然も朝日新聞の記事だ。そのネタは「民進党」だ。そこでは、国政選挙での共産党等との野

党共闘についての枝野氏と前原氏の意見が取り上げられていた。その記事によると枝野氏は「安倍政治はおか

しいと言う国民の大きなうねりがある。民進の主体性を失わずに単独政権を目指し(共闘で)出来る事を最大限

やりたい」 と言い、前原氏は「政権選択の選挙なので、理念や政策が一致しなければ、政権を組む事は出来な

い。 党の基本的な政策を中核にして他党がどう判断するかが大事だ」と言った。 これらは党の会合だったのだ

が、流石に「野暮だな?」と思ったのが、来場者からの「あと何回の総選挙で政権交代するのか」との質問。その

回答として、前原氏は「1回で政権交代を目指さなくてはいけない。“あと2、3回先で交代する”、と言う代表はダ

メだ」 と強気だが、枝野氏も 「次の総選挙の後は、総理をやるつもりで代表選に立候補している」 と意欲を語っ

た。だがその前に“有権者たる国民”の信頼を回復させなければ話になるまい。だから下野してから今まで「何を

していたか?」と逆に問われている立場なのに、そんな事は頭にないのならば「いい加減に諦めれ」としか言えな

い。 その支持率も蓮舫氏の二重国籍問題が原因で下がったような認識が、この党内にはあるようだが、実は蕎

麦論争となった「フェイクネタのダブルパンチ」が、民進党の首を締めた事を自覚すべきだろう。 媒体の姿勢も麻

生政権末期の再現になってしまった。なので国民も「またか?」と気づいた。 森友学園の時は「テロ準備罪」、加

計学園では「憲法改正」 の邪魔をするのが目的なのもバレバレだった。 それでよく「政権交代」等と言ったもの

だ。「厚顔無恥を晒す」。とは、正にこの事だ。支持率3%足らずで何が出来ようか?その前こそが大事だろう。



ガラリと話題を変えよう。これはウケ狙いだろうが、この位にあっけらかんとした感じならば良いと思う。だが後か

ら韓国の「中央日報」が記事にした事から「キジも鳴かずば撃たれまいに」と皮肉な事となっている。その様子は

動画でも配信されているので見る事も出来るが、終始和やかな雰囲気だった。それはプレイステーション4の人

気アクションアドベンチャーゲーム「龍が如く 極2」の新作発表会だったが、中央日報では、「その声優が韓国人

を侮辱する発言をして物議をかもしている」。と取り上げた。実はその更に元となる記事は「27日、世界日報によ

れば」、とある。「なんだ取材をしていないのか?」と思うが、特亜の大手紙では別に珍しい事ではない。さて記事

に戻るが、その「新作発表会で声優を引き受けた日本の俳優・寺島進が韓国人を「朝鮮人」と表現した。 寺島は

「今日ステージに上がっている何人かは『朝鮮人』 なんで、ホント、 朝鮮からミサイルが飛んでこないよう願って

る」と話したと伝えられた」。キツい冗談だが「当時、在日同胞関係者2人が一緒に舞台に上がったが、彼らを指

して「朝鮮人」と言ったと見られる。「朝鮮人」は韓国人を侮辱する時使う言葉だ。他の関係者たちは寺島の発言

に「やめて」と言って彼を止めようとしたが、インターネットを通じて該当発言は生放送で中継された。「龍が如く」

は日本のヤクザの話を扱った独特の世界観のゲームで、最新版「龍が如く 極2」は来る12月、韓国語バージョン

が発売される予定だ。 該当ゲームは昨年、韓国語版発売が突然中断されたことがある」。 「当時、ソニー側は

「『龍が如く6』の内容を考慮して決定された」とだけ理由を説明した。 ユーザーの間では日本のヤクザと中国三

合会、 韓国組織暴力団が登場する該当ゲーム内容に、日本帝国主義称賛や韓国人侮辱要素があるのではな

いかと推測した」とある。 しかしこれ、わざわざ韓国紙が取り上げた事で、その人物が在日朝鮮人なのが確定し

てしまった。流石に「当時、在日同胞関係者2人が一緒に舞台に上がったが、」はないだろう。そこでその様子だ

が、寺島進氏が「今日ステージ上がってる何人かは朝鮮人なんで… 、 本当朝鮮からミサイル飛ばさないように

願ってるだけでございます」。と冗談も交えた紹介をすると、壇上に上がった白竜、キム兄(木村祐一)、木下ほう

かは思わずニヤニヤ、そこでキム兄が「この後謝罪会見ですね!」と突っ込む。 つまり判った上での事。ちなみ

に白竜さんは、自ら在日朝鮮人である事を明かしているし、木下ほうかさんも、以前は朝鮮名の李鳳華で堂々と

仕事をしていた。下手に隠すから面倒になるのだ。それとキム兄こと木村祐一さんに関しては、2015年に所属の

吉本興業が、在日名簿を公表しているので今更だろう。なのに韓国紙の「中央日報」が騒いだ事で、妙な感じに

なった。余計な御世話だ。「在日の何が悪い」と言いたくなる。自身の存在や名前には、誇りを持つべきだろう。



舛添前都知事“月収11万”節約生活明かす カップ麺に家庭菜園の野菜を…
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170827-00000104-spnannex-ent
あと何回の総選挙で政権交代? 民進代表選、2氏が見解
http://www.asahi.com/articles/ASK8V4SQPK8VONFB00J.html
日本のゲーム「龍が如く」の声優・寺島進、「朝鮮人」発言で物議 
http://news.joins.com/article/21878949
24時間テレビ、羽生結弦選手が告白した小児ぜん息について「病気を言い訳にせず」とツイートし物議
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1708/27/news018.html
24時間テレビで「私は実の母じゃ無い」と告白させる企画に批判殺到
http://gogotsu.com/archives/32639



クリックすると元のサイズで表示します



これも余計な御世話だろう。 日本テレビ「24時間テレビ」が、26日に投稿したツイートだが、ネットも絡めば、下手

な事を公にすれば、やはり非難の声もある。それはフィギュアスケートの羽生選手出演の告知だったが、文言が

いけなかった。「この後は2歳の時に小児ぜん息と診断された羽生結弦選手が、病気を言い訳にせず世界のトッ

プで戦い続ける思いをテレビで初告白。さらに、郷ひろみと氷上コラボ!全国の病気を抱える子供たちにエール

を送る。是非お見逃しなく! #24時間テレビ40」てなもの。さらりと無神経だ。そこで、ぜん息の子どもを持つ視聴

者等から 「喘息その他で本当に運動のできない子どもたちが 『僕は言い訳してると思われてるのか…』 と傷つ

く」。 「羽生結弦選手がまるで病気を言い訳にするなとでも言っているかのようだけど、 本人は全くそういう事は

言っていない」。「障がい持ちの方を応援したいなら言葉を慎重に選んで下さい 」。「病人に面と向かって『病気を

言い訳にせずに頑張って』と言えるものでしょうか」。 「障害者は全員言い訳みたいに聞こえるのでやめてくださ

い」等とのクレームが入った。今年のテーマは「告白」だったが、5歳の幼児に夫の連れ子なのか、その子に向か

い「私は実の母じゃ無い」と言わせた場面もあったのだから笑えない。 年を増す毎に内容も酷くなってきた。司会

も創価学会絡みの芸能事務所のグループなればそれも解る。 その広告塔みたいな女優も司会を務めたが、最

近の日本テレビの人選は、それ系ばかりなのは何故だろう? こんな状態では偏るのも当たり前だ。募金額の低

下については、嘗ての西田ひかるさんの言葉も然りである。そんな番組だと、既に思われているのだ。

0




AutoPage最新お知らせ