如何なる悪しき先例も、最初は正当なる措置として始まっている。  社会・政治


社会・政治blogランキング



どうも休みの日は、のんべんだらりとするのが常だが、特に午前中に所用があると、 ペースが狂い、このblogの

更新も遅くなろうと言うものである。 その題材もそうだが、大して日本には影響もない人物の名が政治家の発言

で挙がった位で騒ぎになるのも、思えば変なものだ。 それはドイツの革命家で、政治家のアドルフ・ヒトラーの事

だが、 戦前の日独伊三国同盟を結んでいた時代ならば兎も角、 戦後は文化交流以外は疎遠のドイツにあって

は、正直「だからどうなの?」てなものだ。そこで感の良い人なら”ピン”とくるのが、麻生財務(副)大臣のヒトラー

発言だろう。 しかしこれ?そんなに問題となる発言なのだろうか?そこでそれに振り返ると、自民党麻生派の研

修会で講演をした際、「動機は問わない。結果が大事だ。何百万人殺したヒトラーは、やっぱりいくら動機が正し

くても駄目だ」、「確たる結果を残して初めて、名政治家だったと。人が良いだけで出来る仕事ではないと、皆さん

もよく分かっている」と明言をしたのだが、これはものの例えで、「いくら動機は良くとも結果があれじゃあね?」と

寧ろヒトラーを貶(否定)しているのだが、そこを問題視した社民党の又市征治幹事長は、その言葉の意味を感じ

取れたのだろうか?何故そこまで反応をするのが理解が出来ない。 それこそ難癖で、左派系媒体(今やそれし

かないのは情けない現状) も同様の反応をしたのだが、 当時のドイツ国家社会主義労働党(ナチスは、その蔑

称)の手法をそのまま再現をしているのが、実は左派系の媒体や政党なのは見た通りだ。特に社民党や民進党

等は、その手の媒体の忖度で、「プロパガンダ」の垂れ流しではないか?だから「そんな輩が何を言う」である。


説明をするまでもないのだが、敢えて「ナチス」と言うのならば、彼等こそがそれに当たる。 その過剰反応なのだ

が、又市幹事長は、更に 「麻生氏は、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺について、 「動機は正しい」 と言うが、

アーリア人優位の人種差別主義およびユダヤ人排斥・ 絶滅政策は正しかったが、その手法が駄目だったとでも

言うのか。 ドイツやフランス、イスラエルでは、ホロコーストを否定し、ナチスを支持するような一切の発言や表現

は法的に規制されている。麻生氏のドイツの「負の歴史」に関する無理解に呆れるばかりである。 国際的にも問

題を生じさせかねない」。 とまで解釈を拡大している。そんな事は言っていない。(その想像力を別に活かせと言

いたい位だ。)しかし麻生氏は、わざわざ「確たる結果を残して初めて、名政治家だったと」と断っているではない

か? それ即ち「あんな結果ではね?」 と言う事だ。 こんな事を失言呼ばわりされて辞任でもする事自体が問題

だ。何度も言うが、これはヒトラーを評価しているのではなく、「あらあら?」と結果を嘆いているのだ。なのに又市

氏は「また、麻生氏は、「国民に確たる結果を残して初めて名政治家だったと言われる。 人がいいだけでやれる

ような職業じゃない」 とも語ったが、ユダヤ人大虐殺や第2次世界大戦を「確たる結果」 とし、ヒトラーを 「名政治

家」だったとするのは全く理解出来ない。人種差別や大虐殺、戦争は、政治に携わる者として断じてあってはなら

ない事と深く胸に刻む必要がある」。 としているのだが、それは自身の語学力の拙さを公言しているだけだ。とて

も恥ずかしいと思う。 こんな事ばかりを言い続けた結果が、現在の社民党なのだが、 小煩いスピッツのようだ。


左派系政党や媒体が、ナチスに対して、そんなに騒ぎ立てるのは、思わず「自らの正体を意識して隠そうとでもし

ているのだろうか?」と勘繰ってしまう。記事にするのも何だか馬鹿馬鹿しくなる。今日はこの位にしておこうか?



「撤回で済まされぬ妄言」 ヒトラー発言の麻生太郎氏に社民党・又市征治幹事長が議員辞職要求
http://www.sankei.com/politics/news/170830/plt1708300017-n1.html



クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ