事実と言うものは存在しない。存在するのは解釈だけである。  社会・政治



社会・政治blogランキング



「事実と言うものは存在しない。存在するのは解釈だけである」。と言ったのは、フリードリヒ・ヴィルヘルム・ニーチェ氏だが、今更有名過ぎて、ドイツの哲学者と紹介するのも「なんだかな?」と思う。なので割と知られていない古典文献学者の面とか、実存主義の代表的な思想家の一人として紹介しても良いだろう。さてその名言だが、これは「何故そうなったか?」と「事実の裏を知る事で、より真実を知ろうとする姿勢も必要だ」としている。このblogでは"物事の仕組み"と言う言葉を使うが、目的があるから結果がある訳で、だから事実をどう見つめるかで、それが解決なのか、それとも始まりなのかが見えてくる。つまり「何でも楽観的に見る訳にはいかないんだよ」て事。随分と理屈っぽい前書きとなったが、小生、一時期ニーチェに傾倒していたので尚更かも知れない。さて昨日はシンガーソングライターの森田童子さんの死を取り上げたが、彼女の歌を使い、ヒットしたテレビドラマに「高校教師」(1993年1月8日 - 3月19日 脚本:野島伸司)があったが、その頃のTBSは「ドラマのTBS」と評されていた。ホームドラマも社会派ドラマも豊富だったが、「社会派」としてのTBSも健在で、「リベラルや左翼も当時は哲学的で高学歴な人が理屈っぽくやってんだな?」と思っていたが、今ではそれが嘘のような劣化振りだ。「左翼=高学歴」の図式も崩れた。それはあまりにも現在のそれが短絡的だからだ。何かに苦言を呈しても「何故そうなのか?」の理由さえ言えない。(ただ「嫌い」なだけ)戦後左翼は「自虐史観で育成された」と言ってもそのままだが、幾ら戦後の米国の占領(GHQ)政策に於て、教育機関の方針も変わり、教科書を黒塗りとした処で、その本質まで黒塗りにした訳でもなく、思想まで黒塗りになった訳でもないだろう。それを証拠に1957年公開の新東宝映画「明治天皇と日露戦争」が大ヒットだ。そんな感じで調和も取れていたのだが、今や左翼と言えば「反日」なのだから既に左翼ではないのだ。(些か抽象的だが)何処かで左翼に別な血が入ってきている。それらには共通した特色がある。一見、日本国憲法崇拝者だが、随分と身勝手だ。つまり憲法をネタにしているだけだ。だから象徴天皇制を明言している第1条を認めない。それと何と言っても第9条の都合の良い解釈も酷く、まるでそれが国際法みたいに扱っているのだから話が面倒になる。なので防衛費に対しては、軍拡に当たると此方も否定。だが自衛権はあるのだ。しかし憲法上、範囲に制限がある為に安全保障上、軍事同盟は不可欠になる。そこで日米軍事同盟(日米安全保障条約)があるのだが、60年安保闘争(軍事に疎い層が扇動された大々的なデモ)が発生した際に「相互協力および安全保障条約」なんて中途半端な条約になってしまった。それは岸政権での事だったが、その条約にある「集団的自衛権」の確約を改めて明確にする必要があったので、安倍政権で確認をした訳だ。その時に左翼は「戦争になる」と騒いだ。だが別に日本が宣戦布告をした事実もなく、「戦争反対」も根拠はない。だから「左翼とは何だろう?」と首を傾げてしまう。まるで見えない敵と戦っているようだ。左翼が高学歴と言われた時代は終わったのだ。現在「キチガイ」と言う言葉は蔑視だの差別だのと騒いだ団体のせいで使われないが、それは「反対した団体側の現状だったのではないか?」と思ってしまう。左翼は根拠のないもので争うのが好きだが、論理構築が出来ないのを自ら明かしているようで憐れである。


クリックすると元のサイズで表示します



此処で改めて12日にシンガポールで行われた「米朝首脳会談」とは、どのような内容で両首脳が合意文書に署名したかを振り返ってみよう。その当日は、Bloomberg Businessと言うニュースサイトで同社東京支局長の高田和典氏がホワイトハウス担当記者の情報をまとめていたので要所を掲載するが、それによると「安倍首相はトランプ大統領が拉致問題を取り上げると約束したと発言していたが、われわれが見た限りではトランプ氏と金委員長が署名した文書には言及がない」。として合意文書の要旨を挙げていた。では米朝間だが「1.平和と繁栄に向けた米国と朝鮮民主主義人民共和国の国民の願望に従い、両国は新たな関係の構築にコミットする。2.米朝両国は朝鮮半島での永続的かつ安定した平和体制の構築に向けて共同で取り組む。3.2018年4月27日の板門店宣言をあらためて確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化向けて努力することにコミットする。4.米国と北朝鮮はPOW(戦争捕虜)とMIA(行方不明米兵)の遺骨収集にコミットする。これらには既に身元が判明した分の即時本国送還を含む」と。そこが重要だ。「2018年4月27日の板門店宣言をあらためて確認し、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化向けて努力する」とはどう言う事か?その「板門店宣言」だが、実はこれ、北朝鮮の非核化ではない。韓国も含めた半島の非核化を意味している。「核の傘」と言う言葉がある。それを米国に例えると日朝は正に「米国の核の傘」に守られているのだが、板門店宣言では、その米国の核の傘を禁止する。そう考えれば北朝鮮主導での南北統一の準備としての宣言だったとするのが自然だ。だから韓国は、そこを承知の上で「板門店宣言」なんてものに調印をしているのだから米国としては、この際(米朝会談)、北朝鮮を仲介として、それを認め、米韓軍事同盟の破棄を宣言したと言う事。然も国際的な場での調印なので、韓国は米国とは既に同盟国ではないのだ。もちろん文大統領も承知の上だよね?「その宣言をこの場で活かさずにどうする?」てなものか?そんな枠組みとなれば、関連の軍事演習も必要ない訳で、軍は様子を見て延期としたのが伺える。調印した内容は段階を追って履行される。朝鮮半島完全非核化(米主張)と在韓米軍撤退(北主張)との利害関係が一致した訳だ。なれば北朝鮮としても中国に理由も話せる訳で体制も保障されれば金正恩朝鮮労働党委員長としても、米国との関係も築けるだろう。反面、南側の体制は保障されないが、それでも文大統領は、この会談を絶賛している。そう言う役割だったのだろう。



日朝首脳会談へ本格調整 金正恩氏「安倍首相と会ってもよい」 トランプ大統領に伝える
http://www.sankei.com/smp/politics/news/180614/plt1806140003-s1.html
トランプ氏「北の核の脅威もはやない」書き込み
http://sp.yomiuri.co.jp/world/20180613-OYT1T50108.html
実りなき世界最大のショー
http://lite.blogos.com/article/304151/
国交正常化後に拉致解決を=米朝首脳会談は評価―河野元衆院議長
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000076-jij-pol
ライブブログ 米朝首脳会談
https://www.bloomberg.com/news/live-blog/2018-06-08/P9ZCYT6S972A01
板門店宣言」全文=南北首脳会談
https://www.google.com/amp/s/www.jiji.com/jc/amp%3fk=2018042701586
【コラム】自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国 コラム】自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00003713-chosun-kr



クリックすると元のサイズで表示します



さて北朝鮮による拉致問題だが、朝鮮日報にこんな記事があった。それはコラムで題して「自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国」である。冒頭を引用すると「日本が米朝対話の過程で、前提条件として非核化と共に根気強く強調してきた問題が北朝鮮による「日本人拉致問題」だ」。と触れている。そこでは日本の立場を「非核化の対話から疎外された日本が、悪あがきして韓国と米国の足を引っ張っているというわけだ」としてはいるが、蓋を開けてみると韓国は、米朝首脳会談に於ては仲介役にもなれなかった。疎外されていたのは韓国の方だった。そこで重要な点だが、朝鮮日報でも「日本国民の北朝鮮の核に対する恐怖は、韓国に勝るとも劣らない。それでも日本は12人のことを諦めていない」と日本政府の姿勢を認めている。この記事では、拉致問題については日本の対応を大袈裟だと見ている。その理由として「6.25戦争(朝鮮戦争)当時、北朝鮮に拉致された韓国人は、名簿で確認されただけでも9万6013人に上る」からだとしている。尚「休戦後に北朝鮮に拉致されたまま戻っていない韓国国民も500人以上いる」との事。しかし悲しいかな?「それにもかかわらず、韓国は拉致被害者の生存確認や生存者の送還を北朝鮮に求めていない。日本の度量が狭いのか、韓国が非情なのか」と記事で嘆く。そこで「先日の板門店での南北首脳会談で、韓国人拉致被害者の送還問題が議題に上ったはずだ。ところが、その日の会談で触れられたのは韓国人拉致被害者ではなく、日本人の拉致問題だった。理由は単純だ。日本が問題を主張する一方で、韓国は沈黙していたからだ」と韓国政府に苦言を呈している。そこでこう分析。「韓国人拉致問題に伴う南北の緊張が、せっかく築き上げた豊かさを台無しにするかもしれない」という利己的な感情が社会全体に作用しているためだと思う。そのようなエゴが、国民を見捨てる習慣をつくり上げたのだ」と。「自国の拉致被害者を見捨てない日本、見捨てた韓国」と題するのも理解が出来る。更には河野洋平氏が拉致に言及している記事もあったがどうでもいい。

0

"出来ない"と言うのは許される。  ブログ







「"出来ない"と言うのは許される。だが、"しようとしない"のは断じて許されぬ」。と言ったのは、ノルウェーの劇作家で、詩人、舞台監督でも知られる近代演劇の創始者であり、「近代演劇の父」と称されたヘンリック・イプセン氏だが、氏の作品は、シェイクスピア以後では世界で最も盛んに上演されている。言わば劇作家の名匠である。(誉めすぎか?)だが「ペールギュント」は知らない人は居ないだろう。こちらも「やらないうちから諦めるんじゃないよ!」てな事だが、何にでも言える事だろう。話は換わるが、米朝首脳会談に埋もれた話題だが、1970年代にシンガー・ソングライターとして活躍し、1983年に引退した森田童子さんが、4月24日に亡くなっていた。享年は、65歳だった。小生が彼女に興味を持ったのは、澄んだ少女のような掠れる声に魅力され、アルバムを買った際、そのアレンジャーに天井桟敷のJ・A・シーザー(本名:寺原孝明)さんの名があった事だ。その当時は寺山修司に夢中だった。理由は至って単純である。つまり関連から聴き始めた訳だ。彼女も学生運動真っ只中の人ではあったが、直接の関わりはなく、知り合いの関係での影響が大きかったようだ。だからそれを傍観したような悲しくも純粋な歌ばかりだった。寺山修司と言えば、周囲を取り巻く者が左翼ばかりなので本人も、そう思われがちだが、「デモにいくやつはみんな豚だ」。「豚は汗かいて体をこすりあうのが好きだからな」。「豚には自己主張もない。みんな同じ鳴き声しかないんだ」。なんて台詞が飛び出す映画がある。これは1960年に公開された松竹映画「乾いた湖」(監督:篠田正浩)だが、脚本を寺山修司が書いている。その言葉の裏には「実際に戦争なんて始まったら、奴等は逃げるんでしょ?」なんて意味があるのだが、そんなものだと思う。早い話が他人事なのだ。現在の倒閣デモは、いつの間にか60年安保の同窓会だ。それだけで意味がないのが解る。さて8日の先進7ヶ国(G7)首脳会議(サミット)では、安倍首相が米国と欧州・カナダが激しく対立する気候変動問題や貿易問題でも「裁定役」を務めている事もあり、随分存在感を発揮している。更には昨年に続き、北朝鮮問題等での議論を主導しており、この時に撮られた写真は宛らバロック絵画のようである。



クリックすると元のサイズで表示します




そこで産経新聞の記事を引用すると「貿易問題でも、各国が関税率などの数字を挙げてトランプ氏とやり合った。そしてトランプ氏が日本を除く5カ国の反発を受ける度に、困って振り向く先は安倍首相だった。『シンゾーの言うことに従う』『シンゾーはこれについてはどう思うか?』」と。これ程までに米国大統領に信頼された日本の首相もないが、国際舞台で実力を発揮しても、特定野党には何処吹く風だ。此処で朝日新聞が最近取り上げている政治家の発言録だ。立憲民主党国会対策委員長の辻元清美氏は、JR連合定期大会での挨拶でこう言った。「(自身が)いっつも怖い顔して、テレビのニュースに出てくるんですよね。いっつも怒っているんですよ。安倍政権あきません。麻生さん辞めさせないかん。実はそれが私の役割なんです。希望を捨てずにいきましょう」。「前の衆院選のどさくさで、みなさんほんまに野党どないなってんねんと、これからどうすんねんと、思っている人が多いと思います。ところが比例区の票を見たら、立憲11000万、希望965万。両方で2千万以上なんですね。公明党は600万台で立憲の半分くらい。自民党は1800万なんです」。「ですから、候補者をうまいこと調整してやっていけば勝てるはずなんです。この2千万以上というのは(民主党が)政権下りてから、民主党時代も民進党時代も1回もないんです。(立憲と国民民主党が)それぞれの持ち味を生かして両方で徹底的に票を稼いで、私は今度の参院選で、(衆参の)ねじれに手がかかるところまで追い詰めたい。新潟(県知事選)で負けてがっかりしていたが、あれも僅差(きんさ)ですよ。「野党はあかんで」というヒマがあったら、「安倍政権あかんで」にエネルギー変えていただいて、野党一緒に頑張ろうで、ぜひ応援をよろしく。もう立憲も国民も関係ありません。どっちでもええから応援してください」と。しかしあれだけ国政に成果がある現政権から、嘗て日本の経済外交共にドン底にまで下げ、国家存亡の危機にまでなった関連政党を支持する気にはなれない。それこそ支持して徳のあるのは特定アジア諸国だけだろう。だから 「野党はあかんで」なのだ。しかしながら選挙が終わる度に「民主主義は数の論理ではない」。と言う人が、結局「数」に拘るのは滑稽だ。相変わらず倒閣しか頭になく、ビジョンが見えないが、それがないから政権交代が出来ない現実を認めない限りは先もないだろう。




北、貿易 安倍首相が議論主導 欧米間の「裁定役」 トランプ大統領も「シンゾー、どう思う?」
https://www.sankei.com/smp/politics/news/180610/plt1806100009-s1.html
「解決済み」言及せず=拉致問題で金正恩氏―日朝会談を本格模索・政府
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000063-jij-pol
米朝首脳会談:文大統領「最後の冷戦を終わらせた世界史的事件」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000707-chosun-kr
緊張ゼロの金正恩委員長、“余裕の振る舞い”で好感度急上昇?=「トランプ大統領より余裕」「統一したら大統領に」―韓国ネット
http://www.recordchina.co.jp/b612509-s0-c10-d0058.html
「立憲と国民、どっちでもええから応援を」立憲・辻元氏
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6C5477L6CUTFK00Y.html
イラン、北朝鮮に警告 「トランプ氏は帰国前に合意破棄の可能性」
https://jp.reuters.com/article/northkorea-usa-iran-idJPKBN1J81SK
中東混迷の原点 「パレスチナ問題」を振り返る
https://r.nikkei.com/article/DGXZZO75366460X00C14A8000060
森田童子さん死去していた「高校教師」主題歌ヒット
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236070-nksports-ent




クリックすると元のサイズで表示します




この前の米朝首脳会談だが、それに対して、韓国のネットユーザーがこんな反応を示していた。レコードチャイナの記事を引用すると「その多くが「若いのに余裕がある…」「とても賢く見えるのはなぜ?」「金正恩に対する好感度がどんどん上がる」「トランプ大統領より余裕の表情だね」など好意的なもの」。「中には「一言も話しかけられない文大統領より頼もしい」「朝鮮半島が統一して金正恩が大統領選挙に出たら選んであげたい。それほど堂々としている」との声まで」とある。では朝鮮日報の記事だが、「韓国の文在寅大統領は「6・12セントーサ合意は、地球上最後の冷戦を終わらせた世界史的事件として記録されるだろう。米国と南北が共に挙げた偉大な勝利であって、平和を熱望する世界の人々の進歩」「古くさい、当たり前の現実に安住せず、果敢に新たな変化を選択してくれたトランプ大統領と金正恩委員長、両首脳の勇気と決断に大きな賛辞を送る」と発言し「歴史的な米朝会談の成功を熱い気持ちで祝福するとともに歓迎する」とも語った」とある。しかし何も決まっていないのだが、朝鮮戦争の終結さえ出来なかった。だが韓国の風潮が、以前よりも更に北へ靡いている事が伺える。文政権自体がそっち寄りなのが、やはり関係があると見た方が良さそうだ。そこで穿った見方をすれば、赤化統一の準備も着々と進んでいるように見えないでもない。さて米朝首脳会談に話を戻すが、トランプ米大統領から日本人拉致問題を提起された際には「解決済み」とは今回は言及しなかった。それは答える余裕が単になかったとも解釈も出来るが何とも言えないだろう。米朝間での調印式で合意にしても、あの「オスロ合意」のような事にならないとも言い切れない。

0

同じ事を繰り返すくらいなら、死んでしまえ!  社会・政治






「同じ事を繰り返すくらいなら、死んでしまえ!」と言ったのは画家で彫刻家の岡本太郎氏だが、即ち「進歩のないもの程、無駄なものはない」と言っている。なので課題は如何に現実に立ち向かって行くかだが、確かに楽なものではない。しかしその先にあるものが想像を出来るのならば挑戦しても価値はあるだろう。この歳になってもそう思ってしまう自分が居るが、「よくぞ此処まで」と思ったのは昨日の米朝首脳会談だろう。それこそ「あのドナルド・トランプが?」である。そう米国の左派は思う事だろう。シンガポールに於ての主導権はトランプ氏にあった。金正恩氏もその場ではハッタリさえかます余裕もなかろう。井の中の蛙なればこんなものだ。トランプ氏にエスコートをされる姿を見て、北朝鮮の国民がどう思うかだが、会談前からそんな状態だったので「本当に本人なのか?」と不審に思う人が居ても仕方がないだろう。急にあんな髪型になった(影武者のカモフラージュをしやすくする為?)が、その理由も知りたい処だし、挙動不審な態度を示していたのも気になった(フセイン大統領には影武者が居たのは有名な話)。その米朝首脳会談では今後の枠組みを決めたようだが、日本人拉致問題にも触れていたので、何とか橋渡しも出来たのは有難い。後は日朝首脳会談で安倍総理が外交手腕を発揮させて、どうにか解決の道筋をつけて頂きたいものだ。それこそ「念願の」である。尚、北朝鮮への制裁はまだ続く。朝鮮戦争の終結宣言はなかった。


クリックすると元のサイズで表示します



では米朝首脳会談に於ける両首脳の発言だ。時事通信で文字起こしをされていたので取り上げよう。単独会談、拡大会合の冒頭発言は次の通りだが、社交辞令的な米国と境遇を盛り込んだ北朝鮮では、当然立ち位置も違う。そこに会談に望む両首脳の上下関係も垣間見れる。


【単独会談】
 
◇トランプ氏
「とても良い気分だ。われわれは素晴らしい議論をし、大きな成功を収めるだろう。光栄なことだ。われわれが素晴らしい関係を築くであろうことに疑いはない。」


◇金正恩氏
「ここまでの道のりはなかなか容易ではなかった。われわれの足を引っ張るような過去があり、誤った偏見と慣行が時にはわれわれの目と耳をふさいだりしていたが、われわれは全てを乗り越え、この場に来た。」



【拡大会合】

◇トランプ氏
「共に問題を解決しよう。われわれが解決する。協力することを楽しみにしている。」


◇金正恩氏
「われわれの足を執拗(しつよう)に引っ張ってきた過去をわれわれが果敢に乗り越え、飛び越え、対外的な視線や疑惑を全て抑え込み、われわれがこの場に集まり顔を合わせたことは、素晴らしい平和の前奏曲だと考える。先ほども話したが、これまでは他の人々がやってみることができず、もちろんその過程で困難があったが、素晴らしい出発を果たしたこの日を機会に、共に巨大な事業を始める決心はついている。」




以上だが、緊張感が金正恩氏の言葉から滲み出ている。しかしこの会談、確かに史上初とは言われているものの、まだ会っただけで何も変わらない。具体的な協議はこれからなのだ。だから北朝鮮も一通りの事が終わらない限り、下手な事は出来ない訳で、以前のような威勢の良い事は言ってもいられない。既に首の皮一枚の状態なのだ。その枠組みについては、会談の成果として12日に合意文書に署名をしたが、署名式ではトランプ大統領は「包括的な文書だ」と発言。金委員長は「新しい出発のために署名する。世界は重大な変化を見るだろう」と語った。此処でトランプ大統領御得意のTwitterだが、当日は反政府団体等に対して「憎む連中や負け犬どもは、僕が会談するのが米国にとって大損失だと言う。人質は戻ってきた、実験も研究もミサイる(原文はmissileをmissleと誤記)打ち上げも全部止まった。あの有識者どもは、最初から僕が間違ってると言ってきた連中は、これ以上もう何も言えない! みんなもう大丈夫だ!」としていた。その割には融和的で譲歩もあった。米韓合同軍事演習が中止になったのは、この会談を見据えたものだろう。



米朝首脳の会談発言全文
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000042-jij-kr
史上初の米朝首脳会談、文書に署名 「北朝鮮との関係は大きく変わる」
http://www.bbc.com/japanese/44447585
トランプ氏の韓米軍事演習中止発言が波紋 韓国国防部「当惑」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000129-yonh-kr
安倍首相「拉致前進に期待」:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000054-jij-pol
拉致被害者家族、米朝首脳会談の様子見守る
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00023032-mbsnewsv-l28
<米朝首脳会談>合意文書署名 トランプ氏「包括的な文書」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000048-mai-int



クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ