時間が足りないのではない。時間をみすみす浪費しているから、そう思うに過ぎない。  ニュース



人気ブログランキングへ 



「時間が足りないのではない。時間をみすみす浪費しているから、そう思うに過ぎない」。との名言は、ユリウス・クラウディウス朝時代(紀元前27年 – 紀元後68年)のローマ帝国の政治家で、哲学者でもあり、詩人だったルキウス・アンナエウス・セネカ氏だが、時間に関する名言は結構あり、ベンジャミン・フランクリンの「時を浪費するなかれ 人生は時にて成ればなり」も有名だ。休みの日に疲れて一日中、ボーっとして過ごす事があるが、そんな日があると後から「勿体無いな?」と思うものだ。しかし休みの前にある程度決めた予定も、休日になると体力次第だ。趣味も根気なのだ。だからやりだすとキリがない。そんなものだ。「さて巷では?」だが、あのカジノ法案に反対する野党は何故かパチンコには触れない。パチンコもギャンブルなのだ。カジノ法案に反対する理由は簡単に説明するとパチンコ利権の旨味がなくなる事だろう。北朝鮮への資金源として問題視されると、まづ最初に家宅捜査をされるのはパチンコ屋だ。戦後の混乱期に駅前の一等地はパチンコ屋だらけになったが、治安が不安定な時に朝鮮進駐軍が闊歩した後にそんな状況になったのだから、パチンコ屋自体がどんなものかが解るだろう。そこで産経新聞の記事だが、「与野党9党の幹部は24日のNHK番組で、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法案をめぐり議論した際、希望の党の行田邦子幹事長が「ギャンブル依存症の多くが、パチンコ・スロットと関連している」と述べ、「パチンコという存在と正面から向き合うべきだ」と発言した」との事。「やはりそう来ましたか?」だが、特定野党が「何故、パチンコ屋に触れないか?」の答えみたいなものだろう。行田氏はそこに疑問を持った。何せ「皆さん、あまり指摘をされないんですが」。「パチンコは風俗営業として認められていますけども、パチンコという存在と正面から向き合っていくことも考えるべきであると思っております」と言う程だ。しかしこの法案、外国人限定なのが味噌だ。そこを特定野党はスルーしてるが、それも不思議だ。尚「希望の党」は国民民主党が結成された際に民主党系議員が抜けた為に保守系議員が残り、保守系政党になった。だから視点も変わり、野党のあるべき姿を示している。「日本維新の会」もそうだが、"普通"の野党は法案に対して反対はしても「我が党としては...」と対案が必ずあるので解りやすい。今ではその法案を作成する段階からの会議にも出席をしているので、より特定野党との差別化が目立つ。



あのウーマンラッシュアワーの村本大輔氏が話題になると、碌な事もないが、その人のTwitterも悪意があるので、それと組む相方も迷惑な話だろう。今回のtweetは、トラックで家畜が運ばれる動画を「拉致問題」と絡めた事から騒ぎとなった。既に芸人でもないパヨクだが、こんな事でしか話題にならないのも悲しいものだ。そのパヨクとの情報共有をしているのがテレビ朝日だが、ネタ元なれば当たり前か?その「報道ステーション」の取材陣がやらかした。それは19日に開かれた加計孝太郎理事長の記者会見での事。加計学園は9時に地元である岡山のメディアだけに「11時から会見を開く」とFAXで流したのだが、大阪の地震の取材に行っていた取材陣が理事長の記者会見がある事を嗅ぎ付け、加計学園に向かったのだが、これは地元メディア向けのもの。然もFAXを受け取ったメディアのみだ。当然、テレビ朝日は関係がない。そこで印象操作に使えると判断したのか、取材陣がその様子を撮影して同番組で流した。報道ステーションの記者はわざとらしく、「地元のメディア以外は入れないということで会見を聞くことすらできません」と、まるで加計学園側に非があるかのようにカメラに向かい訴える。以下の学園側とテレビ朝日記者のやり取りは、netgeek.bizで文字起こしをしていたので引用するが、次の通りである。しかしながら招待状を貰っていないのに、勝手に押しかけるのは無茶苦茶だろう。その記事によると「ヒゲの生えた記者が「どういう意味ですか(怒)」と詰め寄り、加計学園の担当者が説明を続ける」。「ごねまくっているので、加計学園としては相手をするだけ無駄だろう」。「また別の関係者が来たとき、テレビ朝日の記者は「テレビ朝日です」と自己紹介する。だが、関係者は軽く受け流すだけ。それもそのはず招待していないのだから特に用はない」。「記者が前に立ちふさがるようにして「どういうふうに選別されてらっしゃるんですか?」と食い下がると「先程、担当者が説明に来ましたから」と返答」。

記者「え、じゃあ今説明してもらっていいですか?」

関係者「いやいやいや、私じゃなくて担当の者が説明に…来ましたよね?(ヒゲの記者のほうを見る)」

ヒゲの記者「来てないじゃないですか!(怒)」

関係者「いや〜来たじゃないですか〜(笑)」


「ヒゲの記者が嘘をついていることは確定。さっきまで散々会話していたくせに。とにかく相手の主張を認めないのは、すでにごねるのが目的にすり替わっているから」。「その後、皆木英也相談役が改めて地元メディアに限定すると説明する」。「この方針は加計孝太郎理事長が決めたとのこと」てな感じだ。正に「テレビ朝日がなんぼのもんじゃい!」だが、あれだけ特定野党を焚き付けての偏向報道だ。だからそんなメディアなんか入れたら記者会見そのものが成り立たなくなる。更に変に利用されても厄介だろう。なれば招待されないのも当たり前。自業自得だ。これではウーマンラッシュアワーの村本氏のTwitterと同レベルである。酷いものだ。



NHK番組で討論 希望の党・行田邦子幹事長「パチンコという存在と正面から向き合うべきだ」
http://www.sankei.com/smp/politics/news/180624/plt1806240011-s1.html
ウーマン村本、事務所から「注意」受けていた 拉致言及でツイッター炎上、本人は「誤解」
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14921659/
加計学園から招待されていない報道ステーション、記者会見への参加を断られて逆ギレ
http://netgeek.biz/archives/121286
【社説】ついに韓国教科書から消えた「自由」「韓半島唯一の合法政府」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/22/2018062201167.html



クリックすると元のサイズで表示します



そのテレビ朝日は北、朝日新聞は南と言う事で、朝鮮日報の社説を取り上げるが、日韓問題に於ては「まるで同じ記者が書いているのではないか?」と思う程の論調の記事もあるが、この社説は「やはり気がつきましたか?」てな内容だ。何せ『ついに韓国教科書から消えた「自由」「韓半島唯一の合法政府」』と題する程なのだから不安にもなるだろう。長いので抜粋するが、社説では「2020年から韓国の小・中・高校で使われる教科書では、「自由民主主義」の「自由」がなくなり、「韓国が韓半島(朝鮮半島)唯一の合法政府」という記述も姿を消すことになった」との事。そりゃあ危惧するだろう。これは韓国教育部(省に相当)の新教育課程の改正案だ。そこで「前政権の教科書を「積弊」(積み重なった弊害)と決め付け非難してきた現政権が、教科書を一つ二つと、自分たちの好きなように変えていっているのだ」と指摘をしている。教育部の言い分では「自由民主主義」は民主主義が内包する自由・平等・人権・福祉など多様な要素のうち一部だけを反映していることから「自由」を取り除いた−としている」。とはしているのだが?そこで朝鮮日報は「韓国の正統性を損ない、自由民主主義の価値をそごうとする勢力が、執拗かつ緻密に教科書を変えようとしている」と批判をしている。社説の結びでは「李洛淵首相は今年の初め、教科書執筆基準を巡る論争が起こると「同意しない。首相が同意しなければ、政府の立場ではない」と言った。だが結局は、そのまま政府の立場になった。首相も統制できない何らかの勢力が国の教育を支配しているのか。このでたらめな反韓国の教科書で、なぜ自分たちの子どもだけでなく他人の子どもまで染め上げようとするのか、理解できない」。と批難してるが、文政権の政策自体が北寄りなのは大統領選挙の時の主張でも察しがついていたものだけに今更の感もある。赤化統一の準備は着々と進んでいるようだ。「何故、国際社会から韓国が蚊帳の外なのだろう?」理由はそこにある。

0

間違いは許せるものだ。間違いだと認める勇気を持っているのなら  ニュース



人気ブログランキングへ 



「間違いは許せるものだ。間違いだと認める勇気を持っているのなら」と言ったのは、映画俳優のブルース・リー(Bruce Lee)李小龍)氏だが、詳しく説明をするとキリのない人物だ。なので「香港の中国武術家、武道家、俳優、脚本家、映画プロデューサーである。截拳道を創始したマーシャルアーティストとしても知られる」。とでもWikipediaの解説を引用した方が適切か?逆説的な解釈だが、香港は英国領だった時代が最も香港らしかった。英国式のティータイムに拘る中国人が、その時代の香港には居たのだ。だから香港映画に出ている中国人は何処となくキザで、チェックのブレザーの着こなしも粋だった。これが英国領だった時代の香港映画の印象だ。その香港映画と言えば、香港が共産党の方の中国に返還されてからは何となく反日傾向の作品が作られるようになった。それで以来のエンターテイメント性が後退したのは残念だ。表現の幅は明らかに狭まった。だがその中国も真の共産主義国かと言えば怪しいもので、共産主義風資本主義国家だと言えるだろう。だから反日要素のある作品でも贅沢な作りとなっている。さて日本映画だが、古来の時代劇(旧劇)でマトモなものはてんで作られなくなった。全体の傾向にも変化がある。一目で同和地区を描いたと解るものは「友情」「家族愛」をテーマ(「万引き家族」や「焼肉ドラコン」等)にしており、時代劇では権力の腐敗ばかりを描く。正義感のある主人公が出てくるような痛快巨編なんて作品はないのだ。早い話が勧善懲悪で話が完結するようなものがない。「忠臣蔵」がその最たるものだが、これとて役者が揃わなければ揃わないなりの表現もある訳で、この世知辛い現代なれば、違う目線でも幾らでも作りようがあるだろう。(忠臣蔵は、それだけ外伝も多い。)そこで残念なのは役者の所作が全く出来ていない事だ。(実はそこが重要)しかしキャスティングが芸能事務所に振り回される事態とあっては「何を作っても駄目!」としか思えないのは悲しい。


クリックすると元のサイズで表示します



此処で巷の話題だが、デイリー新潮の記事によると、あの愛媛県今治市の岡山理科大学獣医学部、そのキャンパス内にある書店には、反・朝日新聞本と、森友・加計学園の関連図書を集めたコーナーがあると言う。記事を引用すると「加計学園問題の“震源地”で、朝日新聞に批判的な書籍が集結しているというのは、なかなか凄い状況だと言える。加計理事長の会見における謝罪と、この意味深な平積み、どちらが学園側の”本音”に近いか……非常に興味をそそられるテーマだ」とある。その上で「実は獣医学部は、今治市民のため積極的にキャンパスを解放しているようなのだ」と報じている。取材の際にインタビューを受けた書店のお客さんである女性は「受付で名前を書けば、簡単にビジターの入館証を渡してくれます。人気があるのは図書館と食堂です。図書館は本が豊富ですし、学食も料金が安く、そこそこ美味しいですよ。守衛さんの話では、学生さんの人数は1学年で約180人、そして私たち市民も1日に、ほぼ同じぐらいの人数が訪問しているんだそうです。婦人会が観光バスで乗り付けて見学に来たところは私も見ました(笑)。今治市の人気スポットになりつつあると思います」と話す。それと「有名な本屋さんですから、ああいう本を大学が無理矢理に置かせたということはないでしょう。本屋の担当者さんが判断されて、平積みにしてコーナーを作ったのだと思います。正直なところ、最初に見た時は驚きました。それにしても、本の減り具合を見ると、結構売れているような感じなんですよね。獣医学部の学生さんは、反・朝日新聞の本を読んで溜飲を下げているんでしょうか……?」ともその女性はインタビューに答えていたが、些か内情に詳し過ぎるので記者のペンが走り過ぎたのかも知れない。



加計孝太郎理事長が記者会見も、獣医学部の書店は学生に“反・朝日本”のススメ
https://www.dailyshincho.jp/article/2018/06200700/?all=1&page=1
首相辞任まで加計追及志位氏「野党が徹底共闘」
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO32173860U8A620C1PE8000  
枝野代表、河村氏の発言撤回について「大うそつき」
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20180624-00000054-jnn-pol
NHK番組で討論 希望の党・行田邦子幹事長「パチンコという存在と正面から向き合うべきだ」
http://www.sankei.com/smp/politics/news/180624/plt1806240011-s1.html
青木理「もっとメディアが怒るべきですよ。おとなしくしてる場合じゃない!」
http://snjpn.net/archives/56481
【社説】ついに韓国教科書から消えた「自由」「韓半島唯一の合法政府」
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/06/22/2018062201167.html



クリックすると元のサイズで表示します



その「もりかけ」だが、日本共産党の志位和夫委員長は元気だ。頻繁に野党共闘を促し、政権交代を目標としているが、この「もりかけ」とて、民主党系政党への扇動ばかりで、結局は旗振りばかりしている。それで選挙となると、不甲斐ない民主党系政党に票を投じなかった有権者の受け皿となっている。安定の野党とは「正にこれ」と言わんばかりだが、此処で共同通信の記事を引用すると「24日、前橋市内での演説会で、27日に実施予定の党首討論に関し「森友、加計学園問題をもう一度追及したい。野党が徹底的に共闘する。安倍晋三首相が辞めるまで続ける」と述べた」との事。何だか代わり映えのしない主張だが、この言葉、裏を返せば「辞めたら追及しない」と言う事。つまりは「最初から何の問題もなかった」と言っているようなものだ。下らない。で、「もりかけ」に飽きた国民は安倍政権の安定感に安堵する。内閣支持率が回復しているのだ。(最もそれも反政府メディアの調査で宛にならん!)それでBS朝日の番組「激論!クロスファイア」で、ジャーナリストモドキの青木理氏は叫ぶ。「もっとメディアが怒るべきですよ。本気で。こんなことやられて『支持率戻ってきました』って、おとなしくしてる場合じゃない!」と。そこで合いの手。局アナは「追及していきましょうね!」と言うと、田原総一郎が「頑張らなきゃ!」と言う。メディアは反政府団体なのか?この番組では明確に「倒閣運動」の実行を宣言をしているが、メディアは国民の代表ではない。情報を国民になんのイデオロギーをなしに伝えるのが役目だ。勘違いしないでほしい。

0

全てのストレスは私たちに傷跡を残していきます。  コラム



人気ブログランキングへ 



「全てのストレスは私たちに傷跡を残していきます。でもそれは同じようなストレスに襲われた時に今度は私達を守ってくれるのです」。と言ったのは、ハンガリー系カナダ人の生理学者であるハンス・セリエ氏だが、氏はストレス学説を唱え、ストレッサーの生体反応を明らかにした人物でもある。しかし耐性が出来ても嫌なものは嫌だ。巷にはゴシップが溢れているが、以前はそれも芸能界だったものが、最近は政界までもそうなのだから呆れたものだ。それもその筈、特定野党の政局ネタの殆どが週刊誌なのだから尚更だろう。現在、ワールドカップで沸き立っているが、2002年に行われた(日韓の)それの印象が悪く、それからワールドカップ自体に興味がなくなった。


あまりにもアンフェアな展開に呆れたが、既に選手を引退をされ、サッカー解説者になっていたドイツのギュンター・ネッツァー氏も猛批判だ。何せ「米国、ポルトガル、イタリア、スペイン戦で韓国が行った事はこれまでFIFAが築いてきたフットボール文化を否定し、腐敗を招く行為でしかない。私は多少混乱が生じたとしても韓国から勝利を剥奪しても良かった様に思う。そうすればこのような過ちは繰り返されなくなるのだから」。と言わしめる程だ。当時、TBS「サンデージャポン」でレギュラーだった飯島愛さんも思った事をストレートに発言していた。


「韓国の試合は絶対アンフェア。もう私はキムチは食べない」

「どこのテレビもトッティの退場プレーを良く分かる背後からの映像を短くカットしてる。ずるいよ
「(マルディーニへの)蹴りが何でカットされてるの?!」


「これじゃ抗議してるイタリアが悪いみたいじゃない!」「どこもかしこも韓国おめでとうしか言わない!」

「日本人としてじゃなくアタシ個人の意見として、おかしいと思う!」

「だいたいエクアドルの小デブ(主審)は走れない」

「ねぇみんな、どうしたの?おかしいと思わない?言いなよ」と。ちなみにその時に映画監督の井筒和幸は、愛さんの言動があまりにも過熱をした為に話を振られたが「韓国戦では『アジアのプライド』とか言う横断幕とかあるじゃない」。「 ああいうのって日本ではやらないよね。そういうところが…」と言う始末だった。この頃から韓国は試合に勝つ為ならば審判の買収や不正も厭わない姿勢が批判をされるようになった。しかし総連系のテレビ局で此処まで言うのは度胸がある。思えば綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件の共犯者等との噂がたったのもその直後だった。全盛の頃は自ら「企画物タレント」と称し明るく振る舞っていたが、勘が鋭いのが仇となった感もある。だが今や視聴者からも媒体(全て)の内情は見透かされており、それに気づいたスポンサーの撤退もある。そこでガス抜き番組をBSでするようになったが、まだそれもない時代では、彼女の存在は目に余っただろう。その点は不運だった。引退も死去した際の原因にも疑問が残る。


当時、愛さんはblogをつけていた。有名人blogでは初期に辺るものではあったが、意味深な文章も処々にあった。此処で紹介をするのは、2007年7月20日のblogからの引用だが、冒頭から「私には、守るものなどない。
から、皆さんに考えて欲しく問います」
とは只事ではない。何かを抱え込んでいたようだ。

続けると「なぜ、企業は戦争反対と言わないと思う?!」

「ドバイというギラギラの国は、突然出来ました。なぜでしょう?」

「種子島でなぜあんなにロケット開発に力を注いだか考えた事ありますか?」

「政治家の年金未納問題の際、厚生労働省が使った無駄な税金の額が報道された時、
拉致問題の解決のために北朝鮮へ訪問を3日早めた事覚えてますか?」


「なぜ、W杯が日韓に成ったか、考えた事ありますか?!」

「あと、HIVの切ないアフリカの現状を知っていますか?」

「なぜ、新薬はできるか?そのお陰で、我々先端の医療をうけているのです。」

「医療において、手術費は均一にしましたが、個室が増えたの知ってますか?!」

「年金なんて、貰える訳がない。」

「高額所得者の年金や増税についてのインタビューを見た事ありますか?」

「普通の大変な方々の街角インタビューをなぜ銀座でするのでしょう?」

「でもね、それは難しい問題なんだよ。」

「我々、先進国は所詮、そのお陰で成り立っているのです。」

「すべてを把握して、あなたならどうするか?!」

「テーゼとアンチテーゼ、両面から考えましょう。」

「答え、出せませんよ。切ないがそれで成り立っているんです。」

「我々は皆、馬鹿な国民なんです。まず、反省しなくてはいけない」と。


2007年は引退した年。その翌年に死去した。それだけでも裏事情が気になる。今年のワールドカップの盛り上がりに「フと」飯島愛さんの事を思い出した。


クリックすると元のサイズで表示します



そのゴシップも今や政局のネタになる。正に「もりかけ」は最たるものだが、産経デジタル系の「iza」総合ニュースサイトにこんな記事があった。題して『麻生太郎副総理「新聞読まない人は全部自民党支持だ」政権批判に不満?』だ。その内容だが、「麻生太郎副総理兼財務相は24日、新潟県新発田市で講演し、昨年秋の衆院選に関し、30代前半までの若い有権者層で自民党の得票率が高かったとした上で「一番新聞を読まない世代だ。読まない人は全部自民党(の支持)だ」と述べた」。些か短絡的ではあるが、現状では敢えて言うなら「安倍内閣だからこそ」だろう。逆に言えば「新聞を読まないから特定野党を支持出来ない」と言う事だ。記事の結びでは「麻生氏は「新聞(の購読者増)に協力なんかしない方がいいよ。新聞販売店の人には悪いけど、つくづくそう思った」とも語った」とある。確かに宛にならない情報にお金を掛けるだけ無駄だ。



【日韓共催】2002年 FIFAワールドカップを台無しにした出来事まとめ
https://matome.naver.jp/m/odai/2140238347181286501
TBSで韓国批判した飯島愛さん 引退の真相
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/1791957/1801429/84055214
日韓W杯は、飯島愛とともに未来に記憶される。
https://labola.jp/blog/user/1130/600029
麻生太郎副総理「新聞読まない人は全部自民党支持だ」 政権批判に不満?
http://www.iza.ne.jp/smp/kiji/politics/news/180624/plt18062417170009-s1.html



クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ