異常なまでに高められた常識の事を、世間は知恵と呼んでいる。  ニュース



人気ブログランキングへ 



英国の浪漫派詩人、批評家、哲学者のサミュエル・テイラー・コールリッジは言った。「異常なまでに高められた常識の事を、世間は知恵と呼んでいる」と。これも、ものは言いようで、その常識がズレていては何にもならない。そんなものだと思う。さて昨日まで連休を取ったが、そこで疲れたのかいつの間にか寝てしまった。更に足りずに17時を廻った時点でも体調が優れないので改めて布団を敷いて寝た。なので結局、予定をしていた事も出来なかったが仕方ない。休日は休息に充てるものだ。来月は術後3年での大腸検査があるので面倒だが、それが終わったら、ゆっくりしたい。何だか休む事ばかりを書き込んでいるが、これとて体力。歳と共に下手っているようだ。午前中に髪を切ったので、尚更身体がお休みモードになったのだろう。「さて巷では?」だが、自民党政権下で却下されたものを民主党政権で規制緩和をされて、それからなので「安倍総理と何の関係があるのか?」と思うのが、あの加計学園問題だ。だからそもそも何が問題かも解らない。それを説明出来る(特定)野党議員も居ないのではなかろうか?毎日新聞の記事によると「学校法人「加計学園」(岡山市)の獣医学部新設を巡り、加計孝太郎理事長が安倍晋三首相との面会を否定したことについて、愛媛県の中村時広知事は20日、改めて報道陣の取材に応じ、否定できるだけの記録などを示すよう注文を付けた」との事。「加計理事長は19日、学部新設の問題で初めて記者会見を開き、愛媛県文書に残された「2015年2月に首相と面会」の記載を「記憶にも記録にもない」と全面否定していた」と。だが会う会わないの話では、加計孝太郎氏と安倍総理は旧知の仲。プライベートでは幾らでも会っているだろう。問題はわざわざ官邸にまで顔を出すかだ。そこで中村知事は記事によると「本人の記憶なのでそのまま受け止めるしかないが、立証する何かを示さなければ、もやもやした感じが残る」と指摘をしたが、今回の案件は首相動静を振り返れば済む事。しかしこの知事の動向だが、自身で風評被害を招いているだけで、逆に周りを敵だらけにしているだけだろう。この人も「所詮は」てなものなのだろう。黒幕は誰?



此処で北朝鮮問題だが、民主朝鮮の19日の記事に安倍政権が「海外侵略に狂奔している」とする論評を掲載された。そこでは「日本のしつこい軍事大国化策動によって『自衛隊』武力は武装装備の面において世界一流の軍隊に劣らない攻撃能力を備えるようになったし、海外での軍事活動範囲も大幅に拡大された」と指摘をする程だが「急にどうした?」てな唐突感しかない。更には「憲法改正さえ実現すれば「日本は過去と同様、何の拘束も受けずに世界の任意の所で任意の国を対象に軍事行動を制限なく繰り広げることができる」と主張する。とは言え自衛隊には戦闘能力(核ミサイル、原潜、空母、爆撃機)はない。だからこの論評はまるで誉め殺しのようだ。しかし「海外侵略に狂奔している」との盲信は、日頃特定野党が言っている事と変わりないのは偶然か?その北朝鮮だが、米朝首脳会談で全て終わった訳ではない。そこを何処まで北朝鮮側で理解をしているかで米国側の動きも変わるだろう。AFP=時事通信の記事によると「ドナルド・トランプ米大統領は22日、北朝鮮の核兵器は米国にとって「異常で並外れた脅威」だと指摘し、金正恩政権に対する制裁を1年延長すると米議会に伝えた」との事。そりゃそうだ。あの会談で調印した事は、まだ始まりに過ぎないのだ。その文書だが、「朝鮮半島での兵器に使用可能な核分裂物質の拡散の現実とリスク、および北朝鮮政府の行動と方針は、米国の安全保障、外交、経済に引き続き異常で並外れた脅威をもたらしている」としており、ジョージ・W・ブッシュ元大統領が始めた経済制裁が、まだ健在なのを示している。現にあの署名は「朝鮮半島における完全な非核化にむけて共に努力する」との共同声明の為にした事。当然、履行をしなければ制裁は続く。当たり前だ。




獣医学部新設問題 面会否定、立証記録求める 愛媛知事
https://mainichi.jp/articles/20180621/ddn/041/040/019000c
トランプ大統領、対北朝鮮制裁を1年延長 「異常で並外れた脅威」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180623-00000017-jij_afp-int
「自衛隊の攻撃力は一流になった」北朝鮮メディア
https://www.google.co.jp/amp/news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/14891840/
台湾の李登輝元総統が沖縄入り 24日に慰霊祭出席 中国は反発
https://www.sankei.com/smp/world/news/180622/wor1806220023-s1.html



クリックすると元のサイズで表示します



今年で沖縄が返還されてから50年となった訳だが、その戦没者慰霊祭(沖縄県糸満市平和祈念公園)に台湾元総統(1988〜2000)の李登輝氏が出席した。それで「為国作見證(公のために尽くす)」と李氏が揮毫した石碑が除幕されたのだが、これも正しい歴史観があればこそだろう。だから共産党の方の中国当局では面白くもない。早速「植民地統治の美化だ」と批判をしている。そんな李氏のような人が居れば、日本には河野洋平みたいな人が居る。その洋平氏は日本人拉致被害者家族会からは酷評をされている。あろう事か「北朝鮮に謝罪し、支援もして、国交正常化してから、ようやく拉致問題に取りかかるのがスジだ」と主張するような人だ。しかし北側の野党も同じ事を言う。そこで、daily新潮によると拉致された増元るみ子さん(当時24歳)の弟、増元照明氏(62)はこう言ったと記事にはある。「一体どこの国の政治家なんでしょうか。先に国交正常化などしたら、拉致問題は解決済みのこととされ、拉致被害者は殺されてしまうかもしれません。そもそも2000年のコメ支援の時、われわれ拉致被害家族は、支援などもってのほかと座り込みの反対運動をしたんです。その時、当時外務大臣だった河野さんは、われわれを呼んでこう言いました。『私が北朝鮮を支援することによって、責任をもって拉致被害者を取り戻す』と。あれから18年たっているわけですが、河野さんはどんな責任を取りましたか。責任を取らない政治家なんてダメですよ」と。洋平氏は、今でも同じ事を言っていた。ちなみに米朝首脳会談が何故か文大統領の功績としている。まるでキツネにつままれたかのようだがこんな人だ。その会談では、米国のトランプ大統領が日本人拉致について言及したが、今までも自民党政権は良好な日米関係を築いていた筈なのに何故か拉致問題にまで波及しなかった。そこが党内左派の現状だろう。増元は言う。「トランプ大統領が日本の拉致被害者に触れてくれたことは、本当にありがたいです。安倍(晋三)さんとトランプ大統領との信頼関係があってこそ、おそらくは安倍さんがしつこく言い続けてくれたからだと思いますが、これまでどんなルートを使っても、北朝鮮に話が通じているのかすら分からなかった拉致問題について、トランプ大統領が直接言及してくれたことには、感謝しかありません。おかげで日朝協議の芽が出てきたわけですから。日朝協議でどのくらい話が進むのかは分かりませんが、今こちらから焦った動きを見せれば足下を見られます。慎重にかつ迅速に進めていってもらいたいです。だからこそ、こんな大事な時に、あんな発言をする河野さんは、信じられません。仮にも日本の政治家だったのなら、韓国の歴史でなく、日本の正しい歴史を学ぶべきです」と。これには同意する。特定野党議員を見よ。まるで工作員ではないか?その河野洋平氏だが、衆議院議長を2003年(平成15年)から2009年(平成21年)まで務めており、その安定感(憲政史上最長)には感心するが、副総理、外務大臣、内閣官房長官(更に科学技術庁長官、原子力委員会委員長)まで務め、自民党総裁にもなったのに内閣総理大臣にはなれなかった。それには当然、原因はある筈だ。しかしながら、あの官房長官談話(1993年8月宮沢内閣時)では、発表後の記者会見で述べた個人的見解が面倒で、これで従軍慰安婦問題が(河野洋平氏は売国奴として) 定着してしまった。しかし証拠もない。ないものが此処まで拗れたのだから氏に責任がないとは言わせない。洋平氏は「国が違えばどうなるだろう?」と言う事をしているのだ。

0

歳を取っても伸びていくのはバランス感覚だと思う。  社会・政治



社会・政治blogランキング



将棋棋士の羽生善治氏は言った。「歳を取っても伸びていくのはバランス感覚だと思う」と。確かにそれは言えてる。経験からその加減が解るからだ。然も「増々」てな感覚になるだろう。正に年の功である。昨日旧友とホルモンを食べに行ったが、無理のないペースで食べたり呑んだりしていたので割とそれなりの量になった。久々なのでとても良かった。そんなこんなで今日も休みだが、意外にあれだけ食べ飲みしたのにスッキリしている。今日は朝からラジオを聴いているが、土曜日と言えば北海道の人ならば御馴染みの「ウイークエンドバラエティ 日高晤郎ショー」が嘗ては放送をされていたが、司会の日高晤郎氏が病死した為に司会を(この番組に縁の深い)吉川のりお氏にバトンタッチし「フォーエバー」と付け加えてリニューアルしたSTVも粋な事をしたものである。聴いていると吉川氏の話のリズムに日高晤郎氏が憑依したような瞬間がある。そこが興味深い。基本的な構成は日高氏存命時の頃を踏襲しているようだ。随所で日高氏の過去の番組音源を紹介していたのは興味深かった。そんな処か?さて北海道と言えば民営化に失敗したJR北海道があるが、相変わらず「親方日の丸」体質が抜けないようで、困れば「国に頼めばどうにかしてくれる」なんて思っているようで(此処の労組も国鉄時代から変わらない)、今回もこんな状態になった。北海道新聞の記事によると「島田社長は国、道などとの6者協議後に開いた会見で、輸送密度(1キロ当たりの1日の輸送人数)200人以上2千人未満の8区間について「一定期間での検証をしていく。5年が一つのめど」と発言。バス転換の見通しを問われ、「(収支改善などの)効果が十分に現れない場合、選択肢はいろいろなものがある」とし、可能性を認めた」とある。その背景には「JRは北海道新幹線札幌開業の30年度までの12年間の長期の支援を国に求め、JRが31年度から経営自立する方向で国土交通省や道とも一致。国が今夏にもまとめる財政支援のあり方について、国交省と財務省とが調整を始めていた」との事。だがこんな事を繰り返していてはまた同じ事になると危惧したのか「財務省は財政支援について厳しい姿勢を崩さず、8区間のバス転換を求める強硬論も出たという。財務省は4月、財政制度等審議会の分科会で17年度の北海道新幹線の営業損益が103億円の赤字になる見通しを公表し、JRの赤字体質を厳しく批判。もともとJRの経営にも強い不信感を持っていた」。との事だが、利用者から見ても「JR北海道が集客に対して何をしているか?」と言われるとヴィジョンが見えない。しかしJR北海道に同情をすべき事もない訳でもなく、この広大な鉄道網を1社でしているのだから無理もあろう。だからこその改革が必要なのだが、それについての案を国に示す訳でもない。だから財務省が万歳したと言う事だ。「こりゃ駄目だ」と。民間企業になった自覚はこの期に及んでもなかったのだ。その廃止路線の対応についてはJRバスで代行するそうだが、これも頓挫して中央バスに移行されそうだ。話は変わり、大阪北部地震で小学校の塀が倒れて、そこの児童が死亡した件についての市教委と学校側の見解だが、言った言わないの水掛け論だ。そう言うものだ。安倍総理の被災地訪問は21日だったが、早速「パフォーマンス」だの「今頃来てどうなる?」とパヨクは騒いだが、中国のネットユーザーは絶賛だ。そのコメントは「国民に近い良い指導者だ」「安倍首相にいいねを」「これこそ、一国の指導者のとるべき姿勢」「悪くない指導者だよ。日本人にとっては幸せだ」「これが形だけであったとしても、国民に寄り添う印象を与えるのは良いことだ」と。更には「すべての幼い命が尊重される。現代社会の模範だな」とか「君たちの行動の一つひとつが、ある人々を気まずくさせているんだよ」と何だか遠回しに中国政府を批判をしているのが、この国の現状を表しているようで興味深い。



それと「巷では」だが、「この人は一体、何をしたかったのか?」と思うのは貴乃花親方だが、その「貴乃花一門」が事実上消滅した。そこで阿武松理事(元関脇益荒雄)が一門を引き継ぐ事になった。なので部屋の名称を「阿武松グループ」としたのだが悲しいものだ。一門が消滅する原因も何となく解らないではないが、相次ぐ事案に飽和状態となったとしか思えない。(痛いのは一門の関取が本末転倒な暴力事件を起こしていた事等)てな訳で貴乃花親方は無所属となった訳だが、(改革派なので)このまま消えるような人には思えない。相撲協会があんな状態なれば潜伏期間でもないが、何等かのチャンスでも伺っている事も充分考えられる。さて政局だが、産経新聞とFNNが16、17両日に「9月の自民党総裁選で選出される次期総裁は誰が相応しいか?」と合同世論調査をした処、小泉進次郎筆頭副幹事長が26・9%でトップである。そして2位は連続3選を目指す安倍首相(党総裁)の25・2%だった。尚3位は石破茂氏で24・1%だった。此処で「不思議だな?」と思ったのは石破氏だ。何故か立憲民主党の支持層で38・3%、日本維新の会では34・6%の支持がある。つまり野党側の人なのだ。(倒閣にも都合の良い人物)また自民党から離党しても良いのかも知れない。その特定野党ついでに沖縄県議会の話。八重山日報によると「中国が尖閣諸島周辺で接続水域や領海への侵入を繰り返している問題について翁長雄志知事は「(日本政府の)説明がない中で、私どもが言及するのは寂しい。日本政府の動きが見えない」と明確な答弁を避けた」とある。なれば「素直に国に任せなさい」と言いたいものだ。膵臓癌手術後の経過は知らないが、もうどうでも良くなったのだろう。この人も立ち位置は翁長氏と似ている。韓国の文大統領だ。文氏の発言だが、既に赤化統一が前提のような感じがある。何せ「朝鮮半島に平和体制が構築されれば、南北の経済協力が本格化し、ロシアとの3者協力に拡大する」である。これは21日、モスクワの下院本会議場で演説だ。「そこに韓国が見えない」。と言うのも共産圏に取り入られても仕方がないと明言をしているようにしか思えないからだ。



JR北海道社長8区間「廃線検討」発言が波紋 国の長期支援、想定崩れ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180619-00010001-doshin-hok
校長「塀の危険、3年前に伝えた」 市教委が安全と判断
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL6P75V6L6PPTIL05K.html
いつもは手厳しい中国のネットユーザーが安倍首相を絶賛した理由
https://news.biglobe.ne.jp/international/0622/rec_180622_7082686105.html
産経・FNN合同世論調査 次期総裁、横一線 小泉氏、安倍首相、石破氏
http://www.iza.ne.jp/kiji/politics/news/180618/plt18061820190025-n1.html
貴乃花一門が消滅 総帥離脱し「阿武松グループ」に変更
https://www.google.co.jp/amp/www.sanspo.com/sports/amp/20180622/sum18062220080002-a.html
中国の脅威、答弁避ける 自民、辺野古撤回に懸念 県議会一般質問、初日
https://www.yaeyama-nippo.com
文大統領 ロシア下院で演説=「大転換が起きている」
http://m.yna.co.kr/mob2/jp/contents_jp.jsp?cid=AJP20180621002800882&site=0900000000&mobile



クリックすると元のサイズで表示します

0

尊敬される人とは、感情を理性でコントロール出来る人。  ニュース



人気ブログランキングへ 



「尊敬される人とは、感情を理性でコントロール出来る人。知識や教養のない人は、感情的になって、何の手立ても出来ない」。と言ったのは歌手で俳優で演出家でもある美輪明宏氏だが、この人、知識や教養は確かにあるかも知れないが、感情を理性でコントロール出来てるかと言えば、今までの発言からは怪しい処だ。さて今日は休みで、然も連休を取ったので、その時間を謳歌しようと計画をしている状態だが、こんな書き出しで始まるのは、大してネタもない場合だ。巷の話題には元々興味もないので尚更だが、何となくあの「もりかけ」にしても沈静化しているようにも思える。(特定野党は兎も角として?)視聴者からも「こればっかり」と批判もあったので取り敢えずの処置かも知れないが、北朝鮮の動きは、やはりその手の放送局には一番の感心事だろう。反面、「ワールドカップで隠したいものもあるのかな?」とも思うが、そこで隠れている事を探ってみるのも良いだろう。(ちなみにワールドカップのスポンサーは中華系企業ばかりである。)海外メディアのニュースの記事でも閲覧してみよう。DAILY NKに朝鮮中央通信(北朝鮮国営)の記事を掲載していた。題して「日本は深く考えてみるべきだ」である。そこでは「日本が相変わらず『国際的な対朝鮮圧力』を唱えている」。「年頭からわれわれの主動的かつ平和愛好的な措置によって和解と緊張緩和の局面に入った地域情勢の流れを一番快く思わず、ブレーキをかけようと振る舞った日本の醜態は口にすることさえ鼻持ちならないほどである」等と批判をしているが、これは如何に安倍政権に於いての北朝鮮の扱いが、どれ程の効果があったかを示すものであり、北朝鮮が負け惜しみでこんな記事を出したとも言えるだろう。その上で「わずか数カ月前までだけでも軍事的衝突の危険が極に達していた朝鮮半島と地域に平和と安定の雰囲気が到来し、はては数十年間持続してきた敵対的な朝米関係が時代発展の要請に即して画期的に転換される大きな出来事が起こった」として「これは、対話と協商を通じて現実的な方法で問題を解決するのが大勢になっているということを示している」と指摘をしたのだが、過去の北朝鮮政府の対外政策では、どんな約束事を交わそうとも常に反故される。だからこの記事の結びにある『「日本の行為はむしろ、自ら自分らを孤立させる結果だけをもたらした」「なぜ、日本だけが地理的に近い朝鮮と『遠い国』になっているのか」』等との主張は負け惜しみなのだ。こんな記事もある。朝鮮日報によると「マイク・ポンペオ米国務長官が4月に北朝鮮を初めて訪れ、金正恩朝鮮労働党委員長に会った時、「私はまだあなたを殺そうと思っている」と冗談を言い、2人で一緒に笑ったと米国の雑誌「ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)」が18日(現地時間)、報道した」とある。実は本音の探り合いみたいにも思えるのだが如何なものだろう?これはポンペオ長官の元側近の話を引用してのものだが「金正恩委員長はポンペオ長官に会うなり、長官が昨年、『北朝鮮の人々は金正恩委員長が追放されるのを見たがっているだろう』と暗殺を暗示した発言に言及した」との事。そこでポンペオ氏、「(私は)まだあなたを殺そうと思っている」と。此処が両名の落し処か?その件については朝日新聞も記事として取り上げているが、「私とこんなに気が合う人は初めて」と語ったとの報道。子細には触れていないのが朝日新聞らしい。ではロイター通信だが「首脳会談のため準備を徹底的にしている賢い人物」「いろいろ知っていて、複雑な議論にもたけている」と金労働党委員長は肯定的に評価したと報道しているので、その辺が朝日新聞との温度差か?



では国会だが、審議の時間が足りないと特定野党が批判をする為に会期を延長したのだが、そんな野党6党の会派は呆れたもので、学校法人「森友学園」「加計学園」問題や外交等をテーマに衆参両院予算委員会での集中審議を求めてきた。またいつものアレだが、その要求を与党が応じない限り、新たな日程協議に入らない方針だ。「次は早い夏休みですか?」と嫌味も言いたくもなるが、折角、党首討論で存在感を示した国民民主党もそれならば「やはり性根から腐っているのだな?」としか言いようもなく、これで内閣不信任案を検討しているのだから、単に「気に入らないものは潰せ!」としているだけで、もちろん潰した後のプランもヴィジョンもないのでは、増々特定野党とされる政党支持率も下がる一方だ。たぶん本気で政権交代なんかする気もないのだろう。唐突だが、TBSに「水曜日のダウンタウン」なる番組がある。そこでの企画にお笑い芸人を路上で連れ去り、ゲームをさせるなんてナンセンスなものがあるのだが、これが警察沙汰になった。それは目撃者が誘拐事件だと思い、警察に通報したからだ。現に警視庁も本当の事件として捜査していた。なのでこの記事は警視庁発表となる。その内容は、テレ朝ニュースの記事によると「先月22日、東京・渋谷区恵比寿の路上で「男の人が車で連れ去られた」と110番通報が相次ぎました。警視庁が誘拐の疑いで捜査したところ、車はTBSテレビのバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」が使っていて、番組の関係者に事情を聴いたところ、お笑い芸人の男性を連れ去る企画だったということです。警視庁は混乱を招いたとして関係者に厳重注意しました」とある。テレ朝ニュースで報じられたのも味噌だが、この手口はまるで日本海側で発生した日本人拉致事件をも連想させてしまう。この番組の企画が危険なのは、これが人気企画となった場合に本当の拉致事件との区別が曖昧になる点だ。TBSやテレビ朝日には北側の工作員が多数居るとの噂もあるが、それが噂では済まなくなってしまう。(事実そうかも知れないと暈しておこう?)それにしても「実際の北朝鮮による日本人拉致事件も、こんな感じだったのでは?」と思ってしまう。



朝鮮中央通信論説「日本は深く考えてみるべきだ」
https://dailynk.jp/archives/112214
米国務長官が金正恩委員長に冗談「私はまだあなたを殺そうと思っている」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180621-00001227-chosun-kr
2018 FIFA World Cup Russia™ - FIFA.com:https://www.fifa.com/worldcup/organisation/partners/
国会 延長初日から空転 野党、集中審議要求
http://mainichi.jp/articles/20180621/dde/001/010/055000c
通報多数で捜査していた TBS“芸人連れ去り”撮影
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000130069.html



クリックすると元のサイズで表示します

0




AutoPage最新お知らせ