勝った時には謙虚さを  社会・政治



社会・政治blogランキング



「勝った時には謙虚さを、負けた時には潔さを身につければ良い」と言ったのは、米国出身の台湾系米国人で元男子プロテニス選手のマイケル・チャン氏だが、確かに天狗になっても碌な事にはならないだろう。それはどんな世界にも言える事だ。今日は休みだが、残念ながら所用がある。今日も暑いのでバテ気味だが、3年前にした大腸ポリープ切除後の経過観察としての検査の日取りを決めに行かなければならないので仕方がない。そんな面倒な1日ではあるが、明日も休みを取っているので、その後にゆっくりと過ごそうと思ってはいる。さて巷を見渡せば、あの「もりかけ」は、媒体や特定野党も何処まで引っ張ればいいのかやった側でさえ、そろそろ決め手がなくなり、騒げば騒ぐ程、騒いだ側の襤褸が出てきて収支がつかなくなるギャグのような事態となっている。TBS「ひるおび」では番組レギュラーの八代英輝弁護士が恐らくはガス抜き要員として起用をされているが、これは「TBSは公平で中立な放送をしてますよ」とのパフォーマンスにすぎない。だから此処まで言わせている。「財務省の報告書に(改竄の)動機が書かれてないって思う方は書かれてる動機じゃ気に入らないという方々に見える。それなりの動機が書かれてる。毎日新聞の『麻生氏なぜ辞めぬ』という見出し、いくら新聞に放送法4条が無いからといって中立性を欠いた見出しをつけていいのか」と。更には「財務省はひたすら政権の足を引っ張る事を1年間やり続けた。改竄に近財は非常な抵抗を示し国交省は協力しなかった。政権を支えるという動機ではなく本省の省益の為に動いた。消費増税等で政権と緊張関係にあり弱みを見せたくなかった」と財務省文書改竄について突っ込んでいる。つまり「昼位は?」との弁明のような番組なのだろう。そこで立憲民主党の国会対策委員長の辻元清美氏が党内会合で放った語録があったので掲載するが、この人も政治家として何をしているのか実体の全く見えない人だ。こんな事を言っていた。「麻生さん、1年間国会議員をだまし、国民をだましたのと同じじゃないか。それでも自分は辞めませんと。財務省の信頼を回復するのが自分の責任を果たすことだと大勘違いをされている。財務省の信頼を失墜させている最大の要因が麻生大臣の居直りじゃないか。新しい体制にリセットしてスタートするのは当たり前の話だ」。「(安倍政権は)麻生大臣が安倍政権の守り神であると、何か勘違いされているようだ。安倍総理も麻生大臣が辞めたら不安で不安で仕方がないよ、というもたれ合いだ。あの2人の、信頼をなくした、ウソをついているかもしれないと言われている総理と副総理のよれよれのもたれ合い。これでは日本が沈没してしまう。辞めていただくまで、最後まで力を合わせていきたい」と。しかし「証拠のないもので、国会を空転させた政党の者にそれを言われても?」てな感じもある。それに自身に何か落ち度があればすぐ逃げる。然も「新しい体制にリセットしてスタートするのは当たり前」と言ってる人の政党があの長いゴールデンウイーク(審議拒否)後の反省もなく、また「もりかけ」なのだから、これでもその種の野党を信用する支持層は「どうかしてる?」としか言いようがないだろう。その手の政党に共通しているのは、あれだけ「政権交代」と唱えながらも国を導くビジョンが何もない事だ。民主党政権が国民にとっては「トラウマ」だが、その認識がなく、こんな事ばかりをしているのだから支持率が下がっても当たり前なのだ。確かに民主党時代のマニフェストは、それ系の政党にも「トラウマ」だろうが、国民にビジョンを語るのも政党の仕事なのだ。その点では存在価値がない。何かと言えば政府与党に対して大臣達の辞職を求めるが、もしや対案が出せない誤魔化しか?言い返せるものがないから目の前の存在が邪魔になるのだろう。まるで子供だ。


これはNHKニュースだが「史上初の米朝首脳会談をめぐり、河野外務大臣は、北朝鮮が非核化や弾道ミサイルの廃棄への真剣な意思を示すとともに、非核化達成まで国際社会が制裁を維持できるかが重要になるという認識を示しました」とある。それが本当に12日に行われるのかは実際にその日になってみないと解らないが、河野外相は、6日開かれた衆議院外務委員会で、「北朝鮮が、非核化やミサイルの放棄に向けてコミットすることができるかどうか、そして非核化が達成されるまで国連安保理決議の下、国際社会が経済制裁を維持することができるかどうかが鍵を握る」と述べている。記事には「日米両国が北朝鮮に対し繰り返し使ってきた「最大限の圧力」という言葉を、トランプ大統領が使いたくないと発言したことについて、河野大臣は「トランプ大統領は、制裁を緩めることはないと明確にしており、今の制裁を維持しつつこれ以上加えることはしたくないという意味だ」と述べました」。ともあるのだが、現大臣で存在感があるのは河野氏位なものだ。将来的には総理の椅子も夢ではないので尚更だろうが、媒体がそれについては話題にしない処を見ると特亜には評判が良くないのだろう。洋平氏とは大違いだが、安倍総理が任命した大臣では野田聖子氏と共に当初は不安が募ったが、不安が的中した野田氏とは対照的な結果となった。北朝鮮問題に戻るが、本日は安倍総理が正にワシントンでトランプ大統領との日米首脳会談をする日だ。共同通信の記事によると「日本人拉致問題に関し、12日に開催される米朝首脳会談で金正恩朝鮮労働党委員長が「解決済み」と主張してきても、決して受け入れないよう要請する方針を固めた」とある。つまり日本人拉致問題は真相究明の上での解決が条件なのだ。ちなみに2002年の日朝平壌宣言では「拉致被害者全員帰国」「拉致犯罪者全員引き渡し」が宣言されている以上は実行をされないとお話にならないのだ。即ちそれに伴う経済支援もお預けだ。こんな時に河野氏みたいな外相が居るのは頼もしい。岸田氏なれば逆に不安だからだ。(その岸田氏は事ある毎に失敗の言い訳ばかりしていた。親韓派は駄目だ。)つまりやる気がなかったのだろう。尚、12日の米朝首脳会談だが、韓国の文在寅大統領が米朝共に仲介役として認めていないのにも関わらず、シンガポールに行く気満々だ。だが米国国務省のナウアート報道官は「私が知るかぎりムン大統領のシンガポール訪問は議題に上っていない」「韓国政府に聞いてほしい」と5日の記者会見で明言していた。来られても邪魔なだけだろう。北の太鼓持ちは、それ以上の事をしてはいけない。韓国にも無能振りが知れ渡った記事も最近は目にする。菅直人辺りのレベルか?



外相 非核化達成まで北朝鮮への制裁維持が重要
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180606/k10011466531000.html
拉致問題「解決済み」拒否を要請 首相、米朝でトランプ氏に
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2018060401002509.html
米朝首脳会談の北朝鮮滞在費 米報道官「支払わない」
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180606/k10011466261000.html
オスプレイ飛ばすな!日比谷集会に3100人〜韓国からのキャンドルを手に
http://www.labornetjp.org/news/2018/0605hokoku
立憲・辻元氏「信頼失墜の最大要因は麻生大臣の居直り」
https://www.asahi.com/sp/articles/ASL66514BL66UTFK00K.html
小沢代表「国民が投票で安倍首相を許している」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180605-00230513-nksports-soci
記事関連Twitter
ブルー @blue_kbx:
https://twitter.com/blue_kbx/status/1004187531108204549
ブルー @blue_kbx:https://twitter.com/blue_kbx/status/1003873587218903045



クリックすると元のサイズで表示します



此処で終わった人の悪足掻きだ。然も日刊スポーツの記事だ。それによると「自由党の小沢一郎共同代表は5日の会見で、安倍政権が続く背景について「野党だけでなく自民党でも、ひきょうな権力に批判的な言動をする人がいなくなった。与野党ともに、権力におそれおののいている」と指摘した。その上で「与野党ともにだらしないが、基本的には国民がおかしい。危険な権力者の安倍さんを(選挙で投票することで)あえて許している」と、国民の投票行動に対する持論を述べた」との事。しかし「基本的には国民がおかしい」はないだろう。それを言うと民主党に政権交代をさせた国民もおかしいてな事にならないか?そこでブーメランみたいな事を言う。「選挙では、もっと真剣に考えて投票すべきだ。棄権は白紙委任になる。ツケは全部、国民にやってくることに思いを致して投票すべきだ」と。民主党政権を選んだツケは全部、国民にやってきた。後は以下同文みたいな事ばかり言っていたので割愛しよう。それとレイバーネットの記事だ。そこでは「オスプレイ飛ばすな!6・5首都圏行動@日比谷野外音楽堂。NAJAT(武器輸出反対ネットワーク)」とデモの様子を報告したものがあったのだが、「キャンドル革命を成功させた韓国の代表が熱烈なスピーチ。「東アジアに不可逆的な平和をつくろう。韓国のキャンドルの灯が日本に広がってほしい」。会場全体で韓国から届けられたキャンドルを掲げ、韓国で歌われた「真実は沈まない」の日本語バージョンを合唱」したとの事。「何故そこで韓国が?」だが、それも今更野暮な話だろう。反政府デモもそうだが、その横断幕にはハングル文字があるのも、今や当たり前なのだ。だから今更だ。

0




AutoPage最新お知らせ