人が一番惑わされやすいのは、自分自身の考えによってだ。  ニュース



人気ブログランキングへ 


イタリアのルネサンス期を代表する芸術家、レオナルド・ダ・ヴィンチ氏は言った。「人が一番惑わされやすいのは、自分自身の考えによってだ」と。結局は自分だ。これは「自分で決めた事はごちゃごちゃ言わずにやらんかい!」てな事だがそう思う。と言うのも躊躇をするしないも自身の問題。周りに止められた訳でもないのに何で迷う必要があるのかだ。さて台風25号は温帯低気圧に変わったが、こんなに台風が続くのも温暖化が原因だろう。そう思わないと辻褄も合うまい。此処から巷の話題だ。それは言論統制、沖縄の媒体の話だ。沖縄タイムスの記事で読むと、より実感する。要約すると5日朝放送のニッポン放送のラジオ番組「飯田浩司のOK! Cozy up!」で沖縄県知事選で玉城デニー氏が当選した件に絡め、コメンテーターとして出ていた国際問題アナリストの藤井厳喜氏が「冗談」とした上で「小笠原諸島だって東京都。東京都石垣市、宮古島にして、南西諸島も守り固める。自衛隊ももとよりですね。沖縄のことは沖縄の人に任せればいいのではないですか」と発言。別にその放送への苦情は1件もなかったが、後から藤井氏は「(住民を)傷つけてしまったことがあるとすれば、生放送で表現の部分もあるが、気を付けていきたい」と釈明。圧力があったのだろうか?そこで沖縄タイムスは宮古島市の下地敏彦市長を取材すると「これは暴論だ。社会体制そのものをひっくり返すようなものの言い方だ」。「公共の電波であればきちんとした発言をしてほしい」との指摘。更に「なぜこのようなものを電波に乗せるのか。メディアとしての責任も大きい」と述べたのだが、その反面、反政府発言は容認する。一方の意見しか通さない。これ即ち言論統制だ。まるで中国目線だ。

その安保だが、日米韓に於てもそれはある。しかし自らそれを崩壊させようとする韓国は傍から見ていると、まるで自殺行為である。既に「あんなもん」状態だが、そこで今回、ネタにしたのが「旭日旗」だ。韓国からの言い分としては「軍国主義と侵略戦争の象徴」「東洋のハーケンクロイツ」だの、つまりは「戦犯旗」だと言う事だ。その韓国は時折「歴史を学べ」と宣う。だがハーケンクロイツはドイツの国旗ではない。あれは国家社会主義ドイツ労働党(ナチス)の党旗である。慰安婦がネタ切れならば「旭日旗」と言う事か?その暴走は止まらない。韓国の康長官は到頭、国連に海軍観艦式での日本の旭日旗掲揚を元に問題化して提起するそうだ。これは外交部庁舎で、記者からの質問に答えたものだが、「いかなる方案が可能か、また適正か検討したい」との事。抜け目もないが、旭日旗如きに此処まで騒ぐのも韓国位だろう。その上で「国際社会でイシュー化しなければならないことかどうかについての問題は、もう少し多くの考慮事項があると思う」とか「外交部で、旭日旗が持つ我々国民の感情次元の問題、これに対する我々の歴史的な経験、こういうものを日本側が十分に勘案し、考慮すべきだという立場を伝達をした」と言うのだから康長官、これを何の疑いなく「正当な意見だと思っているのか?」と聞きたくなる。逆質問をしたいものだ。


「宮古・八重山は東京に編入を」 沖縄知事選を受け、ニッポン放送番組でコメンテーター
http://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/326295
旭日旗バッシング再び!韓国“間違いだらけ”の歴史認識
https://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/1143166/
韓国外交部長官「国連に旭日旗問題提起の有無は…」
http://japanese.joins.com/article/777/245777.html?servcode=A00§code=A10


クリックすると元のサイズで表示します


最近、このblogで利用をしているサイトが最近、誤動作を起こす。何が原因だろう?

0




AutoPage最新お知らせ