諦めない奴に誰も勝てっこない。  コラム



人気ブログランキングへ 

あのベーブ・ルースは言った。「諦めない奴に誰も勝てっこない」と。まあ思い続ける事は、何かと意識に影響するものだ。それこそチャンスを逃さない為にも良い事なのかも知れない。昨日地震以来、久々にビデオプロジェクターを引っ張り出して試写をしたが、結構あちらこちらが狂っていたので再調整をした。確かに強い衝撃を与えられたのでこんな事はある。レコードも聴いた。曲は歌劇を2組。モーツァルトの「魔笛」とベートーベンの「フィデリオ」だ。双方、ステレオ盤なので次はモノラル盤でも聴いてみよう。ちなみに観た映画は「銀河鉄道999」だった。この作品はエンディングの「さらば青春の日よ」。でもないが、とても思い入れがある。さて到頭、来年10月に消費税が10%に上がる。それについては時事通信の記事によると日銀総裁の黒田東彦氏は「現時点で景気に大きなマイナスの影響があるとは考えていない」と、14日に訪問先のインドネシアのバリ島で開かれた討論会で発言している。そりゃあ層によっては、影響も小さいのだろうが、庶民にはバラツキがないとも言えない。そこが難しい。社会全体で見るとバランスがイマイチなのだ。労基法も以来の方が良かった。経済には労働者の動きが不可欠である。この辺は日本のフェミニズム思想自体が未熟で、女性が社会進出に対し、単なる甘えにしかならないのだ。男女平等論は、女性が男性の仕事をこなしてこそ成立する。男性を差別する為にある訳ではない。これで少子化対策が何故出来ようか?さて日本の南の経済はどうだろう?現沖縄県知事の玉城デニー氏は、選挙期間中、「沖縄は国の補助金を頼りにすべきでない!」としたのだが、副知事から引き継ぎの際、現状が見えたのか、安倍総理との会談では基地問題はそっちのけ。「沖縄振興予算に増額をお願いしたい」と言う始末。だから辺野古への基地移設については「(移設を)認められないと言う民意が改めて示された」と原則的な立場を示すだけに過ぎなかった。「地獄の沙汰も」は、いつの世も変わらない。それなくては何も始まらないだろう。更に飛躍して欧州経済だ。ロシア系の通信社「スプートニク日本」の記事を引用すると「フェデリカ・モゲリーニ欧州連合(EU)外務・安全保障政策上級代表兼欧州委員会副委員長)は10日、フィンランドでの講演で「EUが存在しないならば世界は崩壊している」との考えを示した。モゲリーニEU上級代表は、「瞳を閉じて、EUがまさにこの瞬間、国際舞台から消滅してしまったことを想像していただきたい。1か月後、1週間後、いや数日後にも我々は世界が崩壊してしまったと考えることだろう」と述べた」との事。しかしこれ、負け惜しみ2しか聞こえない。なれば「どうして英国が抜けたのか?」単にメリットの問題だろう。だから「EUが存在しないならば世界は崩壊している」。とまで言うのは言い過ぎで、寧ろEU諸国が世界を崩壊してきた過去がある。第2次世界大戦の原因は何処にあるのか?そこを振り返ると欧州諸国は偉そうな事を言えない筈なのだが?そのEUと言えば難民問題もある。

クリックすると元のサイズで表示します

さて、EU諸国はそんな感じだが、極東アジアは米国が介入する事でバランスが取れている感がある。それは特亜が面倒を起こしているからだ。最近、中国は日本に対し大人しいが、米国の様子を伺っている位は察しがつく。では朝鮮だが、何をやらかすか不安なのは南北共に変わりない。そこで朝鮮日報によると「韓国の康京和外相の「5・24措置解除検討」発言と関連して、米国のドナルド・トランプ大統領が10日(現地時間)、「韓国は米国の承認(approval)なしにはそれ(制裁解除)をやらないだろう」と語った。取材陣があらためて尋ねると、トランプ大統領は「韓国は米国の承認なしには何も(nothing)しないだろう」と語った」との事。つまり信用なんぞないのだ。敢えて釘を刺したと言う事だ。しかし朝鮮日報では「トランプ大統領のこの言葉は主権侵害の恐れがあり、深刻な外交的非礼だという指摘が出ている。米国が「承認」しなければ韓国は「何も」できない国だと解釈し得るのだ。同盟関係や正常な外交関係からは想像し難い発言だ」。と報じている。とは言え外相が解除を示唆している時点でアウトであり、これでは同盟国である意味もない。既に米国から韓国は見限られているのだ。

「景気に大きな影響ない」=10%への消費税増税で−黒田日銀総裁
https://www.jiji.com/sp/article?k=2018101400194&g=eco
玉城デニー氏「沖縄は国の補助金を頼りにすべきでない!」→当選後→玉城デニー沖縄県知事、辺野古移設の問題を後回しにして、安倍首相に「沖縄振興予算に増額をお願いしたい」〜ネット「補助金に頼らない腹案はなかったのねw」
http://anonymous-post.net/post-2721.html
「EUが存在していなければ、世界は崩壊している」 EU上級代表
https://sptnkne.ws/jJyX
ドイツ首相の難民政策に審判 地方選、与党大敗の可能性
https://www.saga-s.co.jp/articles/-/287053
<米国>「米国の承認なしには」 トランプ発言は韓国の主権を侵害
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2018/10/12/2018101201205.html
旭日旗問題の中で観艦式 韓国大統領、海自不参加触れず
https://www.asahi.com/sp/articles/ASLBC3HR5LBCUHBI01F.html
「フローティング軍事基地」... 美核空母済州沖浮かび上がっ
https://mnews.joins.com/article/23039171#home
複数国艦船が「軍艦旗」掲揚 国際観艦式、韓国要請に応じず
https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/329142
韓国軍艦が秀吉と戦った将軍の旗 外務省が抗議
http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15436426/

クリックすると元のサイズで表示します

現在の韓国を垣間見ると、まるで「反日やって国滅ぶ」を実践しているかのようだ。例の11日の韓国海軍による南部済州島で開いた国際観艦式の海上パレードだが、日本に対し「旭日旗」にケチをつけ、示しがつかなくなり、艦船に自国と韓国の国旗だけを掲げるよう参加国に要請をする愚にもつかない事をしていたら、馬鹿馬鹿しくなったのか、複数国が結局、軍艦旗を掲げていた。これは翌日の中央日報が関係者への取材をした事で判明した。そこで不参加の国だが、日本の他には、中国も"自国の事情"なんて見えすいた理由で艦艇派遣を取り消し、イベント当日、マレーシアがドタキャン。フィリピン艦艇は入港が遅れ12日の観艦式のみ参加したのだが、嫌々行った感しかない。実はこれ、当初14ヶ国で19隻の外国艦艇が査閲する筈だった。それが韓国の要らん意地で10ヶ国15隻しか集まらなかった。では韓国海軍はどうだったか?なんと太極旗と共に掲げた旗は、豊臣秀吉と戦った李氏朝鮮の将軍、李舜臣の旗だった。「困った時の秀吉」でもないが時空が歪む。そこで日本の外務省では、12日付で「主催国が通知を無視して旗を掲げたのはおかしい」。「言っている事と、やっている事が違う」と抗議した。韓国の病は重症だ。これでは国家が潰れても目は覚めないだろう。朝鮮が朝鮮を取り戻す前に何処かの自治区にでもなりそうだ。また新たな難民問題が出来そうだ。

0




AutoPage最新お知らせ