『がんばれ、がんばれ』と言う人  コラム



社会・政治blogランキング

あのイチローさんの名言。「『がんばれ、がんばれ』と言う人が居るより、ぼくは、『出来ないでいてくれ』と言う人が居る方が熱くなる」。これは「アイツには出来まい」と周りから諦められたり、"期待されてない方がやりやすい"てな事だがそうかも知れない。言っている事は解る。話は変わるが、色々と工夫をした挙げ句、結局は「素の状態のままの方が良かった」てな事は佳くあるものだ。パソコンにテレビ信号を取り込む為に廉価なインターフェースを購入したのは昨年だが、それに付属している編集ソフトが与太物で全く使い物にならない。特に補正機能が駄目で、まるで「使うな!」とでも言っているようだ。しかし幸い、トリミングはフレーム単位で可能なので、そこだけが救いだ。(アスペクト比と画面倍率の補正も綺麗)近々ライティングソフトを買い換えよう。"安物買いの銭失い"となってしまった。(尚、インターフェースは自作する予定で設計中。)

さて「巷では?」だが、イマイチ定着しないものに、いつの間にやら騒ぎ出したハロウィンと恵方巻がある。共に媒体が勝手に広報を頑張るので余計に白けるが、ハロウィンはともかく、恵方巻ともなると、元々「大阪にはそんな風習があるとか、ないとか」でセブンイレブン辺りがテレビコマーシャル等で煽ったのが事の始まりのようだ。しかしそんな局地的な風習を全国区にするのは流石に無理があるだろう。そこでこんな記事。産経新聞によると「農林水産省は今月、売れ残った商品が大量に廃棄される状況が近年みられているとして、作りすぎを控えるよう業界団体に要請。スーパーやコンビニでは、予約注文を強化したり、商品を小さくしたりするといった対策が広がっている」との事。此処に答えが出ている。農林水産省が警告をする程、この商業戦略には無理があるのだ。ハロウィンもそうだが、それを流行らせる事で喜ぶ層は何処なのだろう?すっかりそこにも利権が発生しているのが解る。ハロウィンの場合は、ある箇所に人を集められる事から、それに紛れてテロを起こすには持ってこいである。やはりその裏も(穿った見方だが)深そうだ。

クリックすると元のサイズで表示します

では政界だが、「こちらも諦めなさい」としか言いようがない。それはもちろん野党だ。ついこの前に"国民民主党に自由党が合流"をしたのだが、あまり話題にはならなかった。と言うのも今更期待もないからだ。そこで読売新聞の記事。その両党首が、30日、BS日テレの「深層NEWS」に出た際、こんな事を言っていた。国民民主党党首の玉木氏は、自由党との合流について「これから具体的な政策協議を行って、さらに連携を強めていく。急いでやりたい」と述べ、自由党の小沢氏曰く、「政権交代可能な議会制民主主義を日本に定着させることが、政界に入った時からの夢だ。国民のためにも3度目の政権交代を成し遂げたい」と強調。後はそうなる為の根拠を国民に知らせるだけで良いのだが、政策(マニフェスト)を語れるのか?安倍政権打倒は解る。しかしそれは目標だ。だから「この国をどうしたいのか?国民の暮らしをどう守るのか?」。それだけだ。何故これが語れないかだ。国会では答弁の最中、大臣の回答に対し、まるで小学校の学級会議のように「ええ〜っ!」と大の大人の野党議員が声を挙げる。国会は小学校の教室ではないが、そんな野党の幼稚な面を見ると本当にガッカリする。まづは会議に挑む姿勢から直してほしい。そんな事ばかりを繰り返すので、未だに民主党の政権交代前に公示した「マニフェスト」は国民のトラウマだ。「何故支持率が上がらずに落ちるのか?」その分析からしてほしい。

熟れ残り「恵方巻き」大量廃棄、コンビニなど対策
https://www.sankei.com/life/news/190130/lif1901300031-n1.html
玉木氏と小沢氏の野党結集・政権交代への意欲 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00050136-yom-pol
レーダー照射“横暴”韓国に“弱腰”…岩屋防衛相に強まる失望感 足立康史議員「日本は『韓国に売られたケンカ』に負けつつある」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190130-00000004-ykf-soci

クリックすると元のサイズで表示します

では日韓関係だが、綺麗さっぱりと縁を切るには程好いタイミングながら、やはり親韓政治家は何かとしがらみがあるようだ。しかしそれが大臣なれば、色々とキツい。岩屋毅防衛相がそれかは知らんが安倍内閣に於ては、その対外政策との協調性が弱い。例の海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射問題では、何故か韓国との立場が逆になっている。そこで日本維新の会の足立康史衆院議員がこう突っ込む。「日本は残念ながら『韓国に売られたケンカ』に負けつつある。岩屋氏はイザというときにピリッとしない。これは国益に反する。確実なデータを示し、韓国の『非』を徹底的に訴えて、勝ちきるべきだ」と。夕刊フジの記事だ。24日に韓国国防省は証拠にするのも馬鹿馬鹿しい自衛隊機の「威嚇飛行」をしたと主張する画像5枚を公開したが、岩屋防衛相は「見たが、ちょっとよく分からない」とか「(自衛隊は)国際法規、国内法に則って常に適切に警戒監視活動を行っている」と言う程度で「韓国とは、地域に共同責任を持つ者同士として、未来志向の関係を作らせてほしい」と言う始末。これでは防衛相が居ないようなものだ。それにしても「見たが、ちょっとよく分からない」は、まるで特亜寄りの野党のようだ。2010年の尖閣漁船衝突事件での記録映像を見て「コツンと当たった」と発言をした社民党党首(当時)の福島瑞穂氏を彷彿とさせる。

0

角が立つから  社会・政治



人気ブログランキングへ 

松家仁之氏(小説家、編集者、慶應義塾大学総合政策学部特別招聘教授)は言った。「角が立つから黙っていよう、では流されてしまう」と。確かにそうだ。だが言わねばならない事はある。しかし現実はしがらみもあり、難しい面もあるだろう。そこが薄いのならば幾らでも言える。昨日は休みだったが、用事は午前中に済ませた。パーツ屋に予定通りに行って来たが、結局なんだかんだで、3500円値でジャックや端子ばかりを買った。パーツひとつの値段は大した事もないが、あれもこれもと必要なものを吟味したのだが少々買い過ぎてしまった。コードやケーブルはあるので変換Boxとか延長コードを作る予定だ。こんな話題から始める時は大したネタもないが、あるサイトで駅名の看板に対し、表記の順番が逆な事を問題視していたが、なんと中国漢字やハングル文字が先(上)で日本語が後(下)なのだ。幾らなんでも感覚が狂っている。その駅は沖縄県那覇市泉崎一丁目にある旭橋駅(沖縄都市モノレール線)だが、これが沖縄では通っている。とは言え小生の住む札幌市も偉そうな事は言えない。地下鉄には、その両方がある。しかし元来、駅名表記は精々下に英語が表記される位で充分だろう。英語は万国での認知度が高い。なのに中国漢字やハングル文字表記が当たり前なのは裏があると見た方が間違いがないだろう。北海道と言えばアイヌだが、最近は互いに法律を元に規則化していた事が(アイヌの)勝手な言い分で崩壊しつつある。つまり権利の主張だが、公共の規則までケチをつけ、権利を主張するのはやはり変だ。何故かと言えば、公共のそれは人種云々とは関係のない(言わば)ルールだからだ。そこを崩そうとするのだから「まるで特亜の思想ではなかろうか?」と思う程だ。なんだか色々入り込んでいる。(北海道と沖縄は)

既に巷の話題に触れたのでそのまま進むが、最近ガス抜きなのか、矢鱈と韓流を全面に出していたテレビ局が嫌韓状態だ。恐らく戦略的な対応だろうが不思議な状況になっている。そこでテレビ朝日だ。ゴゴ通信によると2019年1月29日に放送された「羽鳥慎一モーニングショー(テレビ朝日系)」で韓国海軍によるレーダー照射問題を取り上げた際、同社解説員の玉川徹氏が意外な反応を示した事から記事にされていた。このサイトの記事は他社の記事を引用しているような感があるが、何故か元記事のURLが記載されていない。そこが問題ではあるが、テレビ番組でのコメンテーターの発言がよく文字起こしをされているのでたまに参考にしているのだが、その利便性から引用をする事がある。そこであえて「ゴゴ通信」の記事として文章を引用しよう。此処で問題となっているのは韓国海軍が「レーダー照射」をした理由だ。

玉川氏はそれに対してこう発言した。「なぜそんなことをしたのか? 日本の哨戒機を近づけない合理的な理由があった。じゃあ近づけさせないで何があったんだ? 僕は瀬取りとまでは言わないけどなんらかのことを北朝鮮との間で軍がやっていたんじゃないか」。「これからもそのようなことをしようとしている。そのようなことをしている韓国の軍艦を低空飛行で哨戒していた。いわゆる『近づくな』ってことだと思う。そういうことが裏にあるんじゃないか?」と。

するとジャーナリスト?の青木理氏が反論。「玉川さんあえて言ったと思うんですけど、瀬取りとか言う可能性はほぼ無いと思んです。そんなことを韓国軍、韓国政府当局がやっていれば国際的な非難はもの凄いことになる。北朝鮮に対して制裁してるわけですから、そんなことはあり得ない」と。この主張は流石に無理がある。だが、それに怯む玉川氏ではない。「あり得ないってなんで言えるの。じゃあなんのために火器管制レーダー打ったの」と青木氏を責めまくる。この人の中で、何が弾けたのだろう?しかしテレビ朝日だ。フリートークではあるまい。とは言うものの、普段とは違う言動なだけに不思議ではある。らしくはない。こんな最中に長嶺安政駐韓大使が一時帰国をしたのだが、共同通信の記事によると「菅義偉官房長官は21日の記者会見で、韓国政府が2015年の従軍慰安婦を巡る日韓合意に基づいて設立した「和解・癒やし財団」の解散を決定したことを踏まえ、対抗措置としての長嶺安政駐韓大使の一時帰国に否定的な考えを示した」との事。処が朝鮮日報では、その理由を自民党外交部会・外交問題調査会合同会議等に出席をすると明かしながらも「韓国との関係がさらに悪化すれば韓国に戻るのが遅れる可能性がある。ある政府関係者は「日本の通常国会が今週始まれば、安倍晋三首相が韓日関係に関して強度の高い発言をするかもしれない」と恐れている。呆れるのは、あれだけ強気な事を(いつも)表明しながら、日本との関係が切れるのをビビっている事だ。なのに「反日」、理解が出来ない。

【話題】『おかしいだろ。 日本の駅名。 日本語表記が下に…』
https://snjpn.net/archives/93966
【動画】レーダー照射問題 玉川「瀬取りのようなことがあったのではないか?」 青木「瀬取りの可能性はほぼない」
http://gogotsu.com/archives/47631
韓国国防長官の「強力対応」にも日本防衛相「哨戒方式は変えない」
https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249692
日本哨戒機による威嚇飛行 問題提起の可能性=韓国国防部
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000040-yonh-kr
(朝鮮日報日本語版) 威嚇飛行:韓日の軍事トップが煽る感情的対立
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00080004-chosun-kr
政府、駐韓大使の一時帰国を否定
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181121-00000128-kyodonews-pol

クリックすると元のサイズで表示します

そこで散々ぐたぐた言った処で中央日報によると「こうした中、国連軍司令部が外交部当局者を日本に招いて米国が韓日葛藤の仲裁に本格的に出た。外交部はこの日、キム・テジン北米局長が30〜31日、国連軍司令部の招請で日本を尋ねて国連軍司令部および在日米軍基地を訪問すると明らかにした。国連軍司令部は米国が主軸となっている。国連軍司令部が今回招請したのは約1カ月前で、韓日間レーダー問題および哨戒機葛藤が浮上してからだと外交部は明らかにした」と。しかしこの展開、別に仲裁ではない。韓国の担当者に「事のあらましを説明せい!」と言っている。そりゃあそうなる。

0

夢を持たぬ者  コラム



社会・政治blogランキング

ながれおとや(なぞなぞ作家)さんは言った。「夢を持たぬ者ほど、他人の夢を馬鹿にする」と。そりゃあそうかも知れない。所詮は他人事だ。「何を言ってやがる」と馬鹿にするだろう。それ程に他人の夢は絵空事だ。しかし言うのも勝手だ。その夢も様々で物欲なのか、名誉欲なのかだが、結局、その結果を見て羨ましがるのも他人の勝手だ。だが「欲」と言うのも生活の目標でもある。何もないよりは良い。そんなものだ。昨夜は年を明けてから久々に旧友と会ったが、その際に以前から行きたかった蕎麦屋で食べたのだが、とてもリーズナブルなのに美味しかった。然も普通の蕎麦屋ならば裏メニューのかしわ抜きがメニューにあったが、小生としては天抜きが在れば良かった。そんな店だ。つまり一杯やれる。今度軽く呑もう。

さて今日は有休だ。早く使わないと勿体ない。そんな事で来月も何処かで使おう。三連休もたまには良いものだ。用事が足せる。そこで今日は街へ出向き、パーツ屋に行くのだが、これは映写機の音響部分に関する事。ジャックやらプラグを買うだけなのだが、パソコンに繋ぐインターフェースの材料を吟味する為でもある。回路図は、まだ思案に明け暮れているが、大体の回路の予測が出来る状態なので、基板と、それを組み込むケースでも見て来よう。このblogの更新が終わる頃はたぶん帰路だ。さて「巷では?」だが、通常国家が始まり、安倍総理は、その施政演説で厚生省による勤労統計の不正問題を詫びたが、この人が言うと何故か頭にくる。それは27日のNHK「日曜討論」だったが、立憲民主党幹事長の福山哲郎氏は現厚生労働相の根本匠氏に対し「根本氏は著しく信頼性を欠いている」と罷免を要求していたのだが、思えば現政権になってから発覚した事も多々あり、なれば民主党政権の時は政府主導と、あれだけ主張をしながら官僚の管理さえ出来なかった。だからあの「もりかけ」では下手に追及すると「民主党政権時は?」と指摘される案件ばかりで正に薮蛇。突っつくと飛び掛かれそうになり逃げるなんて事を繰り返してばかりだ。それが「森友学園」での辻本清美氏と関西生コンであり、「加計学園」での文科省の案件だった。民主党系政党は、それを忘れているのか惚けている。だから民主党政権時代に閣議決定した案件を安倍政権で継承した事(その時代に決定した事)さえも忘れて騒ぐ。それこそいい加減にしてほしい。おまけに代案も出せない。なので矢鱈と所轄大臣に対し、罷免要求ばかりするワンパターンだ。これからの通常国会もどうせ週刊誌からの拾いネタを元に騒ぐだろうから、また混乱するだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

さて今回の安倍総理の施政演説について、中央日報(韓国)が日韓関係の厳しい現状を伝えたが、正直者"自業自得"だろう。その内容だが冒頭から「安倍晋三首相が28日の国会施政方針演説で韓国関連の部分をまるごと抜いた」と。そこで「「韓国」という単語が登場したのはたった1回、北朝鮮との関係改善意志を明らかにした部分だった」と指摘した。それは言うなれば社交辞令みたいなものなので省くが、そうなった原因位は解るのか、「大法院(最高裁)徴用判決とレーダー照準、慰安婦財団解散問題で関係が悪化すると、今年は韓国関連の部分そのものを最初から削除した」と。その上で「安倍首相は代わりに日米同盟の強化、中国との関係改善、ロシアとの領土交渉、北朝鮮問題は詳しく説明した。さらに中東平和とアフリカ開発支援問題にも言及した」と報じる。ちなみに韓国側だが、「10日の文在寅大統領の新年会見の全ての発言に日本に対する言及がないため、日本メディアや政府内からは「日本に無関心だ」「韓日関係改善の意志がない」という批判が出てきた」との事。とは言えこれは文氏の立場として理解は出来る。現在の沖縄県知事の玉城デニー氏のようなものだ。説明も面倒だ。

立憲・福山哲郎幹事長、NHK番組に出演し根本厚労相の罷免要求 → 統計不正で「信頼欠ける」
https://snjpn.net/archives/93937
安倍氏、施政演説から韓国関連の部分はまるごと抜いた(1)
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190128-00000036-cnippou-kr
イルベ掲示板(韓国語) 2019年01月28日15:00
http://www.ilbe.com/10985871412
記事関連Twitter
ブルー@blue_kbx

https://twitter.com/blue_kbx/status/1089371005917773825?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1089371005917773825&ref_url=http%3A%2F%2Fhosyusokuhou.jp%2Farchives%2F48829534.html

クリックすると元のサイズで表示します

そんな日韓関係である。テレビ朝日の「テレビタックル」では、番組MCのビートたけし氏はこう発言。「韓国は大統領が調子悪くなると日本を責めるね。大抵辞めて後で捕まったりする。変な国だねえ。だけど他局に行くとやたら韓国のドラマなどがいっぱい入ってきてて、普通だったら締め出しだろ!」と。此処で穿った見方をすると、「北寄りのテレビ局だから、そんな事が言えるのだろう」。 と、ものも言いようだが自身の冠番組なだけに「好きな事がいえるのだろう」とも思う。だがその反面、「ガス抜きにこの回を使ったのだろう」とも言える。

それでは韓国の世論はどうなのだろう?イルベ掲示板(韓国)では「韓国人「韓国のダブルスタンダードはすごい…日本と北朝鮮に対する態度の差を比較してみよう」」と検証をしていたサイトが在ったので、翻訳の上紹介しよう。するとこんな感じだ。


■ 戦犯旗
・日本
旭日旗は戦犯旗
・北朝鮮
人共旗は問題なし

■ 歴史歪曲
・日本
日本の歴史教科書は歪曲だらけと数十年に渡り批判を続けている。
※日本の法律には「近隣諸国条項」というものがあり、歴史教科書記述時、韓国に配慮して書かなければならない。 実際の日本の教科書の内容は、韓国に対して友好的な内容がほとんど。

・北朝鮮
北韓の歴史教科書では、韓国戦争について南朝鮮と米国による侵略戦争と歴史歪曲捏造して教えている。その他にも、金氏一族に対する歪曲と美化で満たされているが、韓国は政府次元で批判したり、メディアが大々的に問題視したことはない。

■ 戦犯参拝
・日本
靖国神社には、A級戦犯だけでなく、朝鮮人、米国人、英国人など、戦争で犠牲になった多国籍の人たちすべてを祀っている。小泉首相は、「戦没者を追悼し、平和を誓うという意味で参拝する」とした。韓国と中国では、A級戦犯が合祀された靖国参拝に対して猛批判している。

・北朝鮮
北韓が戦争の英雄墓地に数度参拝しても、韓国メディアや政府は絶対に批判しない。

■ 謝罪発言
・日本
日本は、「政府の公式の立場」として数回、謝罪声明を発表した。1997年、小渕恵三首相は、「韓日共同宣言文」で、政府の公式文書として「謝罪」という単語を残した。しかし、韓国メディアと政府は、日本政府に絶えず謝罪と賠償を要求している。

・北朝鮮
ただ1度も謝罪発言をしたことはない。むしろ、韓国に対して謝罪しろというアホなことを抜かしている。こうされても、北韓に対して謝罪しろとする韓国メディアはない。政府も同様。

■ 軍事
・日本
韓国戦争当時、日本海軍が参戦して機雷除去作業をし、このおかげで、米軍は仁川上陸作戦を安全に実施することができた。また、日本人自身も、米軍について韓半島に上陸し戦争に参加して戦死者まで出した。

・北朝鮮
韓国に数回軍事挑発をし、ミサイルや核兵器などで威嚇する紛れもない敵。

■ 経済
・日本
1965年に当時のお金で有償2億ドル、無償3億ドルを支援。その他、京釜高速道路建設事業と浦項製鉄建設事業、昭陽湖建設事業をはじめとする大規模なインフラ事業も支援した。
その他経済協力

 ・円借款と無償資金協力、技術協力を並行して実施
 ・ソウル地下鉄建設事業、ソウル大学工学部実験機材支援
 ・1983年、中曽根総理訪韓時、新たに7年40億ドル規模の円借款供与
 ・無償資金協力で、台風や洪水時に災害緊急援助も実施
※累計額:円借款6455億円、無償資金協力47億円、技術協力244億円

・北朝鮮
ゼロというかむしろマイナスではないかな。


と。そこで「ダブルスタンダードのマスコミと政府…北傀には一言も言えずというか言わない」。「北傀に対しては限りなく寛大であるが、日本に対しては限りなく厳しい病身でも」と、つい愚痴も出る。それこそ「歴史を見直しな!」だが、そうすると、とても「反日」処ではない筈。日本には足を向けて寝られないだろう。

0




AutoPage最新お知らせ