古い考えを忘れる事。  社会・政治



社会・政治blogランキング

英国の経済学者、ジョン・メイナード・ケインズ氏は、「この世で一番難しいのは、新しい考えを受け入れる事ではなく、古い考えを忘れる事だ」と言ったが、確かに固辞しているものが邪魔をしていると先が進まないものだ。概念もそうだが、そこが取り払えないと更新は出来ない。パソコンでさえそうだ。稀勢の里が引退した。角界も昨年から色々とあるが、人も時代によって入れ替わる。今日も別にネタがない訳でもないのだが、そこそこ拾うと、やはり日韓問題だ。何かと腹いせで韓国政府はケチを付けてくるが、水掛け論と化している。日経新聞によると「韓国国防省の報道官は15日、海上自衛隊の哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から火器管制レーダーを照射された問題をめぐり日韓防衛当局がシンガポールで14日開いた実務者協議で、日本側からレーダー照射を裏付ける証拠は示されなかったと語った」。「報道官は「日本がデータの一部を公開するから我々の軍艦レーダー情報全体を公開するよう要求した」と説明。「非常に無礼な要求で、問題解決の意志がみえない無理な主張だ」と不満をあらわにした」。との事だが、だから日本側で、そのデーターを照合しようと求めていた。現に報道官は「日本がデータの一部を公開するから我々の軍艦レーダー情報全体を公開するよう要求した」と言ってるではないいか?これについては韓国側の意見をわざわざ何を言っているのかを説明する事自体が面倒だ。それは同じ事を言って、意見は合っているのに韓国側で否定しているからだ。これでは言葉の意味が単に通じないけだが、単に都合の悪い事は聞こえないだけだ。これは「金さえ取れれば何でも?」と浅ましいだけだろうが、共同通信の記事に「韓国の公正取引委員会は16日、広告に虚偽記載があったとして、日産自動車と現地法人の韓国日産に計9億ウォン(約8700万円)の課徴金を課し、表示広告法違反の疑いで検察に告発すると発表した」と言う記事があった。此処まで来ると見境がない。中央日報(韓国)の記事に「16日、日本のBS日テレに出演した菅長官は大法院(最高裁)の徴用判決に対して「条約で合意した内容は当事国のすべての国家機関、すなわち行政・司法・立法全体が遵守しなければならないというのが国際法の大原則」としてこのように話した」。「 「韓国が譲歩する可能性があるか」という司会者の質問に菅長官は「譲歩ではなく、どの国でも守らなければならない約束であり、国際法の大原則」。「合意したのはどの国でも守るのが当然で、その中には司法府も含まれている」として「国際法の大原則を否定するような行動をしてはならない」と。そりゃそうだ。これも一々解説は要らない。そのままだ。



さて「巷では?」だが、NGT48の事案に対し、新潟県知事の花角英世氏が、16日の定例会見で「早く事実関係が明らかになり、正常な状態に戻ってほしい」。「事態の推移を見守りたい」と静観の構え。県内で今秋開催される国民文化祭と全国障害者芸術・文化祭のスペシャルサポーターも務めるが、降板の可能性には「直ちにどうこうとは考えていない」「(NGT48は)県の大切な魅力の一つ。騒動が県のイメージに影響しないよう祈りたい」(サンスポ)と話ったのだが、悪い意味で有名になったものだ。現にメンバーにも新潟県警が事情聴取をしているので、法的に処分が可能なものは方を付けてほしい。その先は検察の仕事なのだ。事案当時は刑罰化する程の証拠がなかったかどうかは知らぬが、後から浮き上がった事もある筈だ。あらぬ噂もあり、真相も今ひとつだが、然るべき処理をしないとストーカー殺人みたいな事が起きないとも限らない。これは事件なのだ。さて沖縄と言えば、名護市の名護漁港に停泊していた海上保安庁所有のゴムボートが燃える火災が16日未明にあり、県警が建造物等以外放火の疑いで男を現行犯逮捕だ。その基地反対派の犯行だろうが、やっている事は何等、テロリストと変わりない。普天間基地が住民の安全性から辺野古へ移設となったのに、何故それが不服か理由を聞きたいものだ。中国漢字やハングル文字の横断幕を掲げる団体に。

NGT山口暴行被害騒動 新潟県知事がコメント「早く正常な状態に」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000035-sanspo-ent
なぜ紛争地の取材をするのか〜安田純平さん講演会より
https://news.yahoo.co.jp/byline/egawashoko/20190114-00111132/
海保艇放火疑いで男逮捕 沖縄・名護
https://www.sankei.com/smp/affairs/news/190116/afr1901160004-s1.html
菅官房長官「国際法を破った」…文大統領に向かって直撃弾
http://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249219
韓国、虚偽広告で日産に課徴金8700万円
https://this.kiji.is/458205746035737697?c=39550187727945729
韓国国防省「日本から証拠示されず」 レーダー照射問題で
https://r.nikkei.com/article/DGXMZO40002970V10C19A1000000
レーダー照射「日本の政治家なら韓国に抗議すべきだ」 国民・玉木代表、立民・枝野代表を猛批判
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000009-ykf-soci

クリックすると元のサイズで表示します

言ってる事は間違いではないが急にどうしたのだろうか?それは国民民主党の玉木雄一郎代表の事だ。例の昨年12月の韓国海軍の駆逐艦による、海上自衛隊のP1哨戒機に危険な火器管制用レーダーを照射した問題についてだが、立憲民主党は、何故か沈黙を貫いている。しかし玉木代表はこんな反応を示した。夕刊フジによると、玉木代表は「日本の政治家なら(与野党関係なく)当然、韓国政府に強く抗議すべきことだ。黙っているなんて、絶対に許されない」と語ったそうだ。実はその事案発生の翌々日(先月22日)にも「レーダー照射は『敵』に対して行う行為であり今回の韓国艦の行為は許されざる行為。韓国がなすべきは変な言い訳ではなく明確な謝罪と関係者の処分だ」とtweetしていた。これは立憲民主党との差別化を狙ったものなのか、元々はそんな人なのかは解らないが、記事を引用すると「玉木氏は、韓国の態度について「東アジアの平和と安全のためには、日米韓の3カ国がしっかりと連携し、北朝鮮の『核・ミサイル』問題に対峙(たいじ)しなければならない。韓国がこの連携から外れることは、危機を増大させかねない大問題だ。たとえ不測の事態が発生しても、現場で早期に解決するのが友好国。その義務を怠って大きな政治問題にした韓国に、今回の問題についての責任がある」と断言した」との事。思わず「ふ〜ん?」だが、今までそんな印象がないので意外だった。本心なのか?

0




AutoPage最新お知らせ