後ろを向いている時  社会・政治



社会・政治blogランキング

「中傷ばかりする奴らとやりあって一つ学んだ事がある。奴らは攻撃する相手が 後ろを向いている時だけ強気なんだ」。これは誰の名言かと言うと、エミネム(本名:マーシャル・ブルース・マザーズ3世)、即ち米国のヒップホップMCであり、プロデューサーで俳優もしている人物だ。その名言にあるように、こんな人は居るものだ。そして国家も然りで情けない。そんな話題から取り上げよう。話は変わるが、最近いつも何かを探している。パソコンの中のデータやら、兎に角何かだ。そこで作業が中断する。無駄な時間なので、そんな事がないように整理整頓をしたいが、外付けHD(2T:buffalo社製)を使い始めてからは、その辺が雑になった。余裕があるのも"良いのか悪いのか?"だから尚更データ管理が雑になるのだろう。便利なのも考えようだ。手間はあっても、そこには必然性はあり、省く事は出来ない事がある。世の中そう言うものだ。

その手間だが、インスピレーションによるアイデアを横取りする行為は御法度だろう。だが特亜はそんな事、御構い無しである。ウリナラ起源は南朝鮮特有のものだが、共産党の方の偽中国も酷い。その中国版「ウルトラマン」が時おり話題になるが、それとて著作権は無視だ。なのにフル3DCGで制作された映画は、既に2作目が公開された。そこで東スポの記事だが、正しく偽ウルトラマンの映画に対し、「円谷プロは著作権を侵害していると再三、警告したものの映画は上映された。昨年2月に円谷プロは「当社の権利を守り抜くために闘っていく」と提訴した」との事。ちなみに関連として「SciencePortal China」と言うサイトにあった北京化工大学文法学院知的財産権研究基地副主任の范暁波氏(Fan Xiaobo)の学術論文「中国における著作権の公正利用制度に関する研究」から引用すると「中国『著作権法』の規定によれば、ある状況下では、著作権者以外の者が他者によってすでに発表されている作品を使用するときに、著作権者の許諾を得なくてもよく、著作権者に報酬を支払う必要もない。ただし作者の氏名と作品名を明示しなければならず、また著作権者の他の権利を侵害してはならない。法の規定するこの状況が、理論のうえで公正利用とされるものである。公正利用制度は、著作権者、伝播者、使用者の間の利益を調整し、平均的に保護することによって、作品の伝播と使用を促すとともに社会公衆の利益を守り、最終的に、社会全体の科学・文化事業の発展の繁栄を促進するという著作権法立法の趣旨を実現していくものである」との事。この時点で無茶苦茶だが、もちろん国際法はあり、著作権を世界的に保護する「ベルヌ条約」「万国著作権条約」に基づいて利権は保護されている。「なのに中国は?」だ。確かに中国、国土は広いがやっている事は先進国とは言い難い。どうしてこう言う事になるのだろうか? そこに覇権主義なるものがある。そんな気質から著作権まで蔑ろにされては堪らないが、中国はそうなる。更に「相手が日本ならでは余計にそうなる」と言う事か?「盗人猛々しい」とはよく言ったものだ。

では韓国だが、ベトナム戦争時に於て、米国への加勢で参戦した韓国軍は結局、やらんでいい事までして後世に傷を残した。つまり結果的には米国の足を引っ張った。それは民間人の虐殺もさる事ながら、地元女性への性的暴行が元で生まれた「ライダイハン」に関する問題がある。ちなみにその言葉の意味は、ベトナム語のライ(混血)とダイハン(大韓)を合わせたものだ。そこで16日に、この問題を追及する為に英民間団体の「ライダイハンのための正義」は英議会内で集会を開いた。産経新聞によると「イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)の性暴力を告発してノーベル平和賞を受賞したクルド民族少数派ヤジド教徒、ナディア・ムラド氏(25)は「性暴力に対して団結し、正義の実現まで行動を」と訴え、韓国の戦争性犯罪である同問題への連携した取り組みを訴えた」との事。続けると「「ライダイハン」の男性、トラン・ダイ・ナットさんは「学校で『犬の子』といじめられ続け、就職もできなかった。韓国政府は謝罪はもちろん母をレイプしたことも一切認めない」と憤り、「慰安婦問題で日本を攻撃する韓国政府は、韓国人がベトナム人女性に行った行為(性暴力)に頬被りするのは許せない。日本政府に助けていただきたい」と述べた」。此処で不思議なのは、あれだけ日頃「人権、人権」と日韓での慰安婦やら徴用工でうるさい「国連人権委員会」が何故か「ライダイハン」については何の言及もない事だ。(それ処か、議題にも挙がらない。)それで「国連人権委員会」の内部人事も知れるが、世の中はそう言うものだ。それでは「人権委員会」と名乗るのも烏滸がましい。この委員会も偽物だ。しかし「ライダイハン問題」が英国議会で取り上げられたのは有意義な事だ。支持したい。

韓国がまた嘘をつく
https://lite.blogos.com/article/351520/
「われわれは常識、韓国は非常識」また暴言…日本自民党が葛藤の震源地
https://s.japanese.joins.com/article/j_article.php?aid=249271
"北朝鮮 瀬取り続けている” 日本政府 安保理に通報
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190118/k10011782311000.html?utm_int=news_contents_news-main_002
英議会内でライダイハン問題集会 ノーベル平和賞のムラド氏も訴え 歴史戦
https://special.sankei.com/f/international/article/20190117/0001.html
中国でまたウルトラマン無断使用 罪悪感ゼロ!係争中でも続編映画
https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/1249879/
中国における著作権の公正利用制度に関する研究
http://www.spc.jst.go.jp/hottopics/0912intellectual_property/r0912fan_.html

クリックすると元のサイズで表示します

この土壇場でも、韓国は粘る。いい加減に"ぐうの音も出ない"状態にしたいものだ。それで到頭、自由民主党広報副本部長である和田政宗参議が、17日に同党の「国防部会・安全保障調査会」の合同会議で「信頼関係が壊れているのだから防衛協力も停止すべきである」と防衛省に要請している。勿論、レーダー照射事件の件を含めてだ。韓国政府には、その辺の危機感がないようだ。こんな状態なので日本政府が国連安全保障理事会に北朝鮮が「瀬取り(洋上で物資を積み替える事)」を続けている疑いがあると通報をする始末。NHK News webによると「日本政府は去年11月、北朝鮮が関与した疑いがある2件の「瀬取り」の事例を安保理の北朝鮮制裁委員会に書簡で通報しました」との事。内容は「去年9月12日の深夜から13日の朝にかけて東シナ海の公海上で、北朝鮮船籍のタンカーにシンガポール船籍のタンカーが横付けされ、2隻の間にはホースがのびていたことから、石油精製品が移し替えられた疑い」と「同じ海域では、去年10月28日の午前と午後にも、制裁対象に指定されているタンカーにシンガポール船籍のタンカーが横付けされているのを確認」している。勿論、それは韓国からのものだろう。記事の結びには「安保理関係者によりますと、これらの事例は、ことし3月にも公表される制裁委員会の報告書に盛り込まれる見通しで、安保理では、今後、制裁決議違反にあたる可能性があるとして協議が行われることになりそうです」とある。レーダー照射事件との関連性が明らかになった時の韓国の反応が見物だ。

0




AutoPage最新お知らせ